旅行

【ラスベガス】MGMグランド・ベラージオのホテル内&カジノをレポート!

アメリカ旅行記もだいぶ溜まってきましたが、まだまだありますよ!

ロサンゼルスで滞在した後ラスベガスへ向かったことは先日記事にしました。

 

▼ ラスベガスの街の雰囲気レポートです

【世界一ギャンブルシティ・ラスベガス!】ストリップの有名ホテルからダウンタウンまでエピソード付きで紹介!

続きを見る

 

感想としましては、「さすが世界一のエンターテイメントの街!」という感じだったんですが、これはなにも街中だけに限ったことではありません。ホテルの中も凄いんです。

というのも、ラスベガスと言えばカジノ。カジノはすべてホテルの中にあるんですよね。

この記事では私達が泊まった「MGMグランド」と「ベラージオ」の2つのホテルを中心にレポートしてみようと思います。

まだ行ったことない方はこの記事で体感しちゃってください!



MGMグランド

MGMグランドといえば私の中で世界で一番有名なホテルで、死ぬまでに絶対泊まってみたかったホテル。願えば叶うもんです。

MGMグランドはラスベガスにあるただのホテルではありません。ラスベガスで幅を利かせるMGMグループの総本山とも言えるホテルなんです。過去にはボクシングの世界戦の会場や、映画の舞台として世間に認知されていましたね。(オーシャンズ11等)

 

ちなみに私の中で一番有名なホテルになったのは、この事件があってから。

【R.I.P】世界一愛されているラッパー『2PAC』が最期に撃たれた場所へ行ってきました

続きを見る

お暇な時に読んでみてください

 

さて実際に今回泊まることになる前までは、「ラスベガスの中でもトップクラスのホテルなので相当お高いのでは?」なんて思っていたのですが案外そんなこともなく、「agoda」」等の予約サイトを通せば1泊数万円、部屋や日にちによっては一万円以下で泊まれてしまいます。

⇒ MGMグランドの宿泊料金を見てみる

しかもアメリカの料金設定は、日本のように1名あたりではなく部屋単位の料金ですので、割り勘を使えばもっとリーズナブルになりますよ。

 

ホテル内の雰囲気はまさにカジノ

というわけで早速中を見ていきましょう。駐車場からロビーに向かう途中に「Las Vegas」というコテコテの看板がお出迎え。これが案外嬉しいんです。笑

 

ロビーでチェックインを済ませた後は、この看板を目印にカジノ内を通りながら部屋へ向かいます。

ちなみにこの看板ほんとうにホテル内での命綱で、ホテルが広すぎてこれがないとお目当ての場所に全然たどり着けません。笑 客室が数千室ある超マンモスホテルですからね。

 

やってますね〜。

 

客室へのアクセスにはこのオブジェが目印で、ここで建物ごとのエレベーターに乗り込みます。

あとおそらく、2PACが殺される前に乱闘騒ぎを起こしたのはここですね...

 

セキュリティ付きのエレベーターを上がるとこの空間に出るんですが、これずーっと部屋が並んでるんですよ?すごくないですか?笑

 

しかもこの部屋までの通路、こんな感じで360度放射状に何本も伸びてるんです。その上、これが各階にあるという...  数千室の意味がわかりました。笑

 

この日泊まったのは「グランド キングルーム」という比較的スタンダードな部屋。お風呂が大理石だったりしましたが、案外そこまで感動しませんでした。

ただ!ベッドはめちゃくちゃ気持ちよかったです。過去最高に気持ちいいベッドだった。笑

 

荷物も置いて、街に出る前にホテル内を探索してきました。このようにライブをやっていたり、

 

あの有名な「ウルフギャング」があったり、

 

シルクドソレイユがやっていたり、当然エンタメ色強めです。

 

各ホテルにはこのように「TICKET OFFICE」なるものがありますので、見たいショーなどがあればここでチケットを買えばOKです。

 

オシャレなご飯屋さんも当然ありますし、

 

比較的カジュアルなお店や、

 

スポーツバーや

 

普通のバーなんかも所狭しと並んでいます。いや、全然狭くないです。広いところに詰め込んでる感じです。笑

 

もちろんバフェもあります。

 

ヨーロッパ的なものも少しだけありました・

 

と言ってもやはりメインはカジノ

ブックメーカーもあるのには驚きました。

全部見て回っていたらどんどん時間が奪われていくのでここらで外に出ることにしました。ちなみにタクシーやUberは専用の乗り場がありますので、そこに行くようにしましょう。

 

ベラージオ

二日目に泊まったのは、噴水で有名なこのベーラジオです。知らなかったんですが、ベラージオもMGMグループだったんですね〜。

作りは完全にヨーロッパ仕様で、どこをみてもとにかく上品でハイソサエティ。私は完全に場違いでした。

 

クソでっかい駐車場に止めたらここから中に入っていきます。「意外としょぼい?」と思いましたが、それは後にとんでもない勘違いだったとわかるように..

 

システムはMGMと同じです。チェックイン終わるといくつもあるエレベーターゾーンに入っていき、自分の棟のエレベーターの乗り込みます。するとまーた先が見えない廊下の登場。もういいってw

言うまでもなくこ360度放射状に伸びてますからね。

 

「あれ〜?なんか普通じゃね?」なんて話してたんですが、

 

お風呂がメインみたいな部屋でしたね。大理石。足ものびのび伸ばせましたし、この後ろにでっかいシャワールームがあります。

そしてこのあたりで「テルマエ・ロマエ」を思い出しました。「なるほど。ヨーロッパはお風呂文化を本当に大切にしているんだな」と。

 

ホテル内を散策

ベラージオもクソでっかい数千室規模のホテルなので、あの看板が命綱です。笑

 

でっかいシャンデリア。

 

カジノのゲーム機も007があったりして、どこまでもヨーロッパ。

 

カードゲームの台はホテルによって色だったり雰囲気が違うんですが、私達が見た中ではベラージオが一番オシャレでしたね。

 

ポーカールームももちろんありますよ。この辺のラインナップはどこのカジノも同じですね。

 

デビッド・カッパーフィールドってなんだっけ?

 

と、この辺りで異変に気付く

ハリーウィンストン...

 

謎のお店...

 

なんか飯屋もすごくおしゃれ...

 

豪華に使われまくっている大理石...

 

ヴィトン、シャネル、グッチ...  なんかここ、高級店しかないんです。

そうです。多分ここ、お金持ちが来るホテルですwww

 

とりあえず外に出て夜風に吹かれてみました。

 

ベラージオは外から見るのが一番いい。

 

▼ 2PACが銃撃された場所(ラスベガス)にも行ってきました

【R.I.P】世界一愛されているラッパー『2PAC』が最期に撃たれた場所へ行ってきました

続きを見る

 

▼ 次の日はユニバーサルスタジオハリウッド!

【ユニバーサルスタジオハリウッド】ウォーキングデッドやワイスピ、パーク内を写真付きでレポート!
【ユニバーサルスタジオハリウッド】ウォーキングデッドやワイスピ、パーク内を写真付きでレポート!

続きを見る

 

アメリカ旅行の記事一覧はコチラ

 

▼ 入会や使用特典でもらえるマイルでアメリカに行けます!

『ANA AMEX ゴールドカード』
【マイル大量獲得!】アメリカやヨーロッパに "無料" で行きたいなら『ANA AMEX ゴールドカード』がおすすめ!

続きを見る

レビュー INCASE「Passport Wallet」
【レビュー】INCASEのパスポートケース「Passport Wallet」スキミング盗難防止機能搭載で容量も必要十分!

続きを見る

旅行やホテルの予約なら「Rebates」を通すと「楽天スーパーポイント」がもらえる!

続きを見る

おすすめ記事

-旅行
-,

© 2020 LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに -