ライフスタイル 雑感

【レビュー】ヴェポライザー初心者が「WEECKE C VAPOR 4.0」を使ってみた感想【PR】

喫煙者としていつかは試してみたいと思っていた「ヴェポライザー」

ヴェポライザーとは、葉を燃やすのではなく200度近辺で熱し、葉の成分を蒸気に変える機械です。同じ熱するでも火で燃やすわけではないので、タールや一酸化炭素などの有害物質を含む煙が出ないのが特徴ですね。(「タバコは煙が旨いんだよ」という意見もわかりますが、まずそれは置いておいてください。笑)

準備としては、シャグという手巻きタバコの葉を用意するだけ。なので「タバコ代が10分の1になる」なんてことも言われていますね。

そして今回レビューするWEECKE社の「C VAPOR 4.0」なんですが、累計10万セールスの大ヒットシリーズ「C VAPOR」の最新モデルになります。

初めて使ってみた感想含め、しっかりレビューしていきますよー!

 

▼ 今回提供していただいた「bluelion」様の販売ページです。

【スペーサー網付き10個セット】WEECKE C-VAPOR4.0(ウィーキー シーベイパー4.0) 葉タバコ専用 革新的加熱式電子タバコ!Vaporizer ベポライザースターターキット 喫煙具 エアーフロー調整機能付き!

 

WEECKE「C VAPOR 4.0」レビュー

見た感じVAPEのようにも見えますが、これはれっきとしたヴェポライザーです。

前モデルの「3.0」から11点もの改良が行われ、使い勝手が劇的に向上したとネットでも話題になっています。

 

付属品

  • 本体
  • ヒーティングチューブスペーサー
  • クリーニングセット(パッキングツール/チャンバー用クリーニングブラシ/エアーパス用クリーニングブラシ)
  • ヒートシンクのスペア(セラミックフィルター/メッシュスクリーン/シリコンリング)
  • マウスピース(フィルター取り付け用)
  • USBケーブル
  • 取扱説明書

 

本体の解説

シンプルな見た目にメーカー名があしらわれた、アルミ削り出しのブッラクボディの個体です。握った感じ、非常に手に馴染むサイズ感ですね。いい感じ。

 

サイドには電源ボタンと、温度調整のボタンが2つ付いています。

使い方は、上のボタンを素早く5回押すと電源が入り、自動的にヴェポライザー内の温度が上がっていきます。電源ONのあとは240秒後に自動的に電源が切れますが、早くキリたい方はまた5回クリックすればOKです。

 

エアホールの調整は底面から可能になっています。また、充電ポートも底面ですね。

 

マウスピースを分解してみました。セラミックフィルター、メッシュスクリーン、シリコンリングは交換が可能になっており、スベアパーツも販売されています。(1セットは同梱されています。)

ここで注目なのが「セラミックフィルター」で、タバコは本来の旨味を楽しめるようになるんだとか。

 

シャグのセットの仕方

では実際にセットして吸ってみようと思います。シャグはCOLTSのバニラフレイバー。買いに行ったタバコ屋さんおおすすめシャグです。

 

マウスピースを外して、そこにシャグを詰め込みます。

 

このようにしっかり収まったらまたマウスピースをつけて電源を入れます。

 

するとこのようにヴェポライザー内の温度が表示され、設定した温度までグングン上がっていきます。気持ちいいぐらいいいペースで上がっていきますので、見ていて楽しいと思います。(私だけ?)

設定温度まで上昇すると「ブルッ」とバイブレーションが起こりますので、そうなったらあとは吸うだけ。喉へのアタックはありますが、たしかに煙でないですね〜。これがヴェポライザーか。なるほど〜。

 

設定温度に達すると240秒のカウントが始まりますので、その間楽しめますし、もし足らなければ延長も可能です。

吸い終わったら逆さにするだけで中身が落ちてきました。シャグポンというヴェポライザーを叩いてシャグを出す儀式をやるまでもありませんでした。これは快適。

ちなみに「COLTS バニラ」は激まずでした。タバコ屋めw

 

掃除の仕方

毎回やる必要はありませんが、ヴェポライザーの手入れもしやすい仕様になっています。

 

底面のこのエアフォールの調整パーツは、穴の位置を丸に合わせると内部にアクセスできますので、

 

付属の「エアーパス用クリーニングブラシ」でボジボジするだけです。

またチャンバーの掃除も「チャンバー用クリーニングブラシ」で簡単にできます。分解等しなくていいので非常に楽ですね。

 

持ち運びがすごく楽になる「ヒーティングチューブスペーサー」もあります

この別売りの「ヒーティングチューブスペーサー」にシャグを予め詰めておけば、サッととりだしてチャンバーにセットするだけでシャグが吸えるようになります。しかも底面にはメッシュが貼ってありますので、中身がすり抜けるなんてことも起きません。

 

出先でシャグを詰める工程を省きたい方にはもってこいのパーツですね。あと、使い勝手がかなりいい専用のケースもありますので気になる方はチェックしたほうがいいですよ。

 

 

 

フィルター取り付け専用マウスピース

直接吸うのではなく、タバコのようにフィルターをセットして吸いたい方はこの付属にマウスピースを使うといいでしょう。フィルターがジャストフィットするサイズになっていますので、手間もかかりません。

 

「WEECKE C VAPOR 4.0」を実際に使ってみた感想

「なるほどな〜、これがヴェポライザーか」という感想でした。

喉へのアタックはあるけど煙は出ない。なんか新鮮でしたね。あとは美味しいシャグを探すのみ。笑

機能的には他のベポライザーを使ったことがないので比較のしようがありませんが、初心者の私でも手間取った感は皆無でしたので「非常にいい構造になっているんだろうな」ということは手にとるようにわかります。温度の上昇具合もストレスになりませんでしたし、手入れという部分ではかなりユーザーに寄り添った手間のかからない仕様になっていると思います。

まとめると「シリーズ累計10万本セールスというのは伊達じゃないんだな」という印象です。みんなベタ褒めですしね。

というわけで「WEECKE C VAPOR 4.0」の実機レビューでした。興味のある方は是非!

 

 

⇒ 予備パーツはコチラ

 

-ライフスタイル, 雑感
-,

© 2020 LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに -