カメラ ファッション

【レビュー】peak design エブリデイ バックパックの新モデル「V2」を購入!旧モデルとの比較を交え、外観や機能、ポケット類を紹介!

カメラバッグもいくつか買ってきましたが、リュックタイプには手を出していませんでした。

理由としては、ガッツリ背負って歩き回るスタイルがあんまり好きじゃなかったんでしょう。笑

でも今週からアメリカに1週間くらい行く予定がありまして、アメリカが憧れの土地だったこともありできるだけ多くの瞬間を写真入収めたいと。そうなると普段使っているショルダー系では疲れてきちゃうだろーなーと。

▼ 普段使っているのはこちら

【Peak Design】Everyday Sling 10L の「目的別収納パターン」を実際の写真で紹介

続きを見る

なので体にも負担の少ないリュックタイプを探すことにしたわけです。

で、リストに上がったのが

の3種類でした。

CHROMはカメラを取り出す手順がダメすぎて無しに。INCASEもいい線いってたんですが、それよりpeak designのEVERYDAY BACKPACKの新モデルV2が発売されたばっかりだったんですよね。

デザインを見た感じ、旧モデルより洗練されて良くなっているし、旧モデルの不具合も改善されていると。

「じゃあこれにするか!かっこいいし!」てな感じで、高かったですが購入しました。高かったですが。笑

まだ来たばかりで持ち出したりしてないんですが、まずは外見や機能について紹介してみようと思います。



peak design「EVERYDAY BACKPACK」に、新モデル「V2」が登場!

peak design「EVERYDAY BACKPACK」に、新モデル「V2」が登場!

マイナーアップデートということでしたが、見た目結構変わってると思うのは私だけでしょうか?笑

両サイドが反り上がってるようなデザインから、ストレートに丸みを帯びたデザインに変わった感じですかね。V1の存在はもともと知っていましたが「ちょっとシンプルさにかけるな〜」と思っていましたので、この変更があったから買ったと言っても過言ではありません。個人的には断然V2です。(V1のカッコよさもわかりますけどね)

その他には、

  • 新カラーとしてミッドナイトが登場
  • ジッパーやMagLatch™クロージャーなどを改良

くらいらしいので、デザインが好きな方を買えばいいんではないかな〜という感じです。

 

▼ 友達がV1のレビューをしていますので参考にしてください

 

peak design「エブリデイ バックパック V2」開封レビュー

peak design「エブリデイ バックパック V2」開封レビュー

新モデルのV2はすでに国内で流通していますので、お店によってはすぐに手に入る状況です。今回は楽天で買ったんですが、翌日に届きましたね。

ちなみに新モデル発表のタイミングで「EVERYDAY MESSENGER」というメッセンジャータイプの新モデルを購入したんですが、未だに届いてません。どういうことでしょうか。笑

 

私が選んだのはV2のブラックの30Lタイプ

私が選んだのはV2のブラックの30Lタイプ。写真で伝わるかわかりませんが、いいブラックです。ほんとにいいブラック。

 

ショルダー側は、新たなギミックが搭載されています

こちらはショルダー側。一見普通に見えますが、新たなギミックが搭載されています。後ほど解説しますね。

 

見た目の一番の変更点はこの蓋の部分

見た目の一番の変更点はこの蓋の部分。初めてみたときは「エイの裏側やんw」と思いましたが、今ではなぜか愛しさと可愛らしさと少しのキモさを感じております。笑

マグラッチのフックの形もV1と比べると丸みを帯びて小さくなってますね。外し方は、一旦軽く手前に引いたあとに下に引いて外します。

 

4段構えで容量によって締める位置も調節可能。

4段構えで容量によって締める位置も調節可能。

 

両サイドのオープンポケットについて

両サイドのオープンポケットについて

仕切りはV1と同じ3段。当然仕切りの取り外しも可能。

 

いつのも自由自在変形可能仕切りです。

いつのも自由自在変形可能仕切りです。

 

カバーが一枚減って上側のポケットが丸出し&仕切りが無くなりました

内側のサイドポケットですが、カバーが一枚減って上側のポケットが丸出し&仕切りが無くなりましたね。

これならすぐに取り出せますし、大きいものも収納できます。上側のポケットに関しては、サイドを開けなくても上蓋側からもアクセスできます。

ちなみに上部はマグネットになっていますので、パカパカ開くことはありませんよ。

 

下側は仕切ありで、3つの収納部に別れています。

下側は仕切ありで、3つの収納部に別れています。

そしてこれらの収納ポケットは反対側にも同じものがあります。

 

ジッパーが開かないようにするセキュリティ紐もついてます

いつものジッパーが開かないようにするセキュリティ紐もついてますよ。

治安の悪い地域に行って人混みなんかに紛れると、リュックのスリにはすごく気を使いますからね。対策としてはリュックを前側にもってくるというものがありますが、かっこ悪いのでできればやりたくない。笑

そういう意味でこの機能は本当に助かります。

 

フックが付いた紐が外側のポケット内に入ってますので、上のように固定も可能

フックが付いた紐が外側のポケット内に入ってますので、上のように固定も可能。この辺はV1と同じですね。

 

V1と違って紐の部分がゴムになってます

アンカーリンクスのストラップも付いてますので、盗まれては困るものはここにつけておけばOK。V1と違って紐の部分がゴムになってますので、ある程度伸ばすことも可能になりました。

 

背面収納部について

背面の収納部内は、大小合わせて5つの収納部に別れています

少し見にくいですが、背面の収納部内は、大小合わせて5つの収納部に別れています。

それぞれしっかりと保護されるようになっていますので、互いにモノが当たって傷がつくというようなことはありません。

 

PC収納部は、13インチと15インチのサイズ切り替えが可能

そして一番大きいPC収納部は、13インチと15インチのサイズ切り替えが可能なうえに、上蓋が付いている仕様。なので13インチのPCを入れた場合でも、奥の方に入っていってしまわないので何気に便利な機能だと思います。

 

ショルダーストラップについて

ショルダーストラップについて

さてさてショルダーストラップですが、なかなかいい仕様にアップデートされていますよ。

何かというと、ストラップ部分にマグネットが入っていて、バッグ側に固定できてブラブラしないんです。

 

バチッとバッグ側にくっつきます

こんな感じにクロスして貼り付けることも可能です。バチッとバッグ側にくっつきます。

 

横にしてもストラップが落ちてきません。

横にしてもストラップが落ちてきません。

サイドの取っ手を持って手持ちバッグみたいに持った時もブラブラしないし、ストラップの裏側にあるループをスーツケースの取っ手に付けるときもプラプラしないというわけです。いやーこれはいいですね!

 

ストラップ上部の向きが自由に回転できるようになっております

またストラップ上部の向きが自由に回転できるようになっており、人それぞれの肩の形に合わせた位置で固定されるようになっています。(V1もですね)

背負ってみましたが、結構負担を軽減しているような気がしますね。肩の内側にひっかかる感じといいますか、普通のリュックの背負い心地とは少し違う気がしますね。気のせいかもしれませんが。笑

 

チェストストラップについて

胸の部分をサポートするチェストストラップもV1同様の仕様です。

胸の部分をサポートするチェストストラップもV1同様の仕様です。

 

こんな感じで引っ掛けて使います。

ちなみに私はサポートバンドを使わない派なので、この胸部分のサポート紐いらないんですよね。ですのでV2みたいに「使わないなら完全に取り外せる」という選択肢があるとショルダーストラップがシンプルになってありがたい。

 

簡単に長さ調節できるループの取っ手がついておりかなりいい感じ。

ショルダーストラップの下部には、簡単に長さ調節できるループの取っ手がついておりかなりいい感じ。

 

長さを伸ばしたい時はループを引くだけ

同じピークデザインのカメラストラップ「SLIDE」の超簡易版(長さを伸ばしたい時はループを引くだけ)と思っていただければ大丈夫です。

縮める時は両手を使う必要がありますが、それでもスーッと調節できるので普通のベルトよりは10倍楽です。

 

 

アウトサイドに荷物をくくれる

アウトサイドに荷物をくくれる

V1同様外側に荷物をくくる時のストラップも付いています。

V1同様外側に荷物をくくる時のストラップも付いています。

 

「V1」と「V2」の変更点 まとめ

「V1」と「V2」の変更点 まとめ

V2の全カラー、全サイズ(20/30L)

こう見ると結構変更点があったと思うのでまとめてみました。

  • 上蓋のデザイン
  • 新カラーとしてミッドナイトが登場
  • ジッパーやMagLatch™クロージャーなどを改良
  • ショルダーストラップの収納化(マグネット搭載)
  • サイド内側のポケットの仕様
  • アンカーリンクスの紐部分がゴムに
  • PC収納部が、13インチと15インチのサイズ切り替えが可能に
  • 腰のサポートベルトが無くなった

すべて改善された感じで、改悪された部分は見つからないような。これって地味に凄いと思います。

 

peak design「EVERYDAY BACKPACK V2」は買いだね!

peak design「EVERYDAY BACKPACK V2」は買いだね!

というわけで外観と機能面をフューチャーしてレビューしてきましたが、これかなりいいバッグですね。

まあ正直値段については高いと思います。かなり高いと思います。

ですが、値段相応のバッグだと思いますし、ピークデザインは細かい制限なしの生涯保証ですからね。そう思えば安いとも思えなくはない。

それに普段カメラを持って行かない時は仕切りを外せは普通のリュックにもなりますし、造りもかなりしっかりしているとくれば使い道も増えてくるんではないでしょうか。

デザインが好みで、お金の都合が合えば買いだと思いますよ!

では!

 

▼ 新モデルの「V2」はこちら

 

▼ 旧モデルの「V1」はこちら

 

おすすめ記事

-カメラ, ファッション
-,

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2020 All Rights Reserved.