旅行

【レビュー】INCASEのパスポートケース「Passport Wallet」スキミング盗難防止機能搭載で容量も必要十分!

【レビュー】INCASEのパスポートケース「Passport Wallet」

「イケてるパスポートケースないかな?」といろいろなサイトを見て回っていたんですが、ドンピシャな商品を見つけました。

「INCASE」というアップル公認ブランドのパスポートケースなんですが、容量、セキュリティ性、止水性、すべてパーフェクト!

実際にパスポートやカード類を収納した様子も含め、写真を交えながら詳しく紹介しようと思います!



INCASE 「Passport Wallet」レビュー

INCASE 「Passport Wallet」レビュー

一見財布のようなビジュアルですが、バッチリパスポートケースです。後ほどお見せしますが、ジップポケットもあり財布の機能も有します。

厚めのナイロンで出来ており、ちょっとした水濡れ程度なら耐えれそう

全体は厚めのナイロンで出来ており、ちょっとした水濡れ程度なら耐えれそうな感じ。右上に「INCASE」のロゴ。目立たないのもいい感じ。

開封部は止水ジッパーを採用

開封部は止水ジッパーになっており、こちらも水の侵入の心配はいりません。

型崩れ防止用の型紙が挟んであります。

「Travel well.」は、「いい旅になりますように」という意味らしい。

オープンすると「Travel well.」と書いてある型崩れ防止用の型紙が挟んであります。

 

収納部を徹底解説

収納部を徹底解説

収納はこんな感じになっています。見開きの観音扉式で、両サイドのポケットへのアクセスもいい感じ。

 

どのくらい物が入るの?

何がどのくらい入るの?

はい、実際に入れてみました。無理なく入れるとこのような感じになります。

かなり沢山のカード類が入ります

収納物

  • パスポート
  • 旅券
  • ボールペン
  • お金
  • カード類 11枚
  • SIMカード(microSIM、nanoSIM) 2枚
  • SDカード 1枚

カード類を複数枚持っていくことは海外旅行において常識ですが、財布1ヵ所にまとめてしまうのは紛失した時に致命的。

ですからこのように、パスポートケースに入れておけるというのは当然あってほしい機能です。まあ11枚もいらないとは思いますが。笑

あれだけ入れても厚さは変わらず。

あれだけ入れても厚さは変わらず。全然余裕があり、パンパンではありません。

 

追記 国際免許(国外免許)も入りました!

旅行に行く予定ができたので、どうせなら運転したいなと国際免許を取ってきました。

現物を見た時に「結構大きいな。入るかな?」なんて思いましたが、ギリギリ入りましたね。

国際免許は厚手の紙で出来ているんですが、折り曲がることもなく綺麗に入りますので安心してくださいね。

 

INCASE「Passport Wallet」のおすすめポイント!

パスポート収納部はデジタル盗難防止機能付き

パスポート収納部はデジタル盗難防止機能付き

まずパスポート収納部にはデジタル盗難防止機能が搭載されており、スキミングの驚異から守ってくれます。

「RFID SAFE」のロゴあり

「RFID SAFE」とは、電磁界や電波などを用いた近距離無線通信によって情報をやりとりするものから守ってくれるという意味です。絶対要りますね。

 

かなり沢山のお金が入る

かなり沢山のお金が入る

海外に到着した時に不要になる日本円もここに収納しておくことが出来ます。見にくいですが、もちろんジッパーが付いていますのでケース内に出てくることはありません。

 

右サイドには仕切りが4ヶ所もある

右サイドには仕切りが4ヶ所もある

右側には仕切りが四ヶ所もあり、飛行機のチケットや出入国カードを入れておくことが可能。飛行機に乗ってる最中は盗難の可能性も低いので、すべてここにまとめておけば紛失の心配はありません。

 

SIMカードやSDカードも収納可能

SIMカードやSDカードも収納可能

海外に行くと現地のSIMカードを使用しますので、日本で使用しているSIMカードは保管しておく必要があります。

「Passport Wallet」はSIMカード専用の収納があるので非常にナイス!サイズも「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」のすべてありますが、標準サイズのところにはSDカードが収納可能です。最近は「microSIM」か「nanoSIM」が標準サイズなので空きスペースは有効活用できるというわけです。

 

旅券は折り曲げて収納

旅券は折り曲げて収納

なんで飛行機の搭乗券てあんなに長いんですかね?絶対改善したほうがいいと思うんですが。笑

旅券は、飛行機に搭乗する際に何回も出し入れする必要があるので、破線で折り曲げて挟んでおくのが現実的かな?と。座席に座ったら先程の収納口にしまっておけば無くす心配もありません。

 

個人的には絶対にあってほしい「ペン入れ」がある

絶対にあってほしい「ペン入れ」がある

ペンを収納する部分があることは、購入する時に絶対条件でした。

出入国カードは、入国をスムーズに済ませるためにも大抵飛行機の中で書いてしまうので、個人的にペンは必須。英語ペラペラならCAさんに借りればいいかもしれませんが。笑

 

持った感じはまあまあかな

持った感じはまあまあかな

持ちごたえは長財布よりゴツい感じ。「もう少し薄くても良かったかな〜」とは思いますが、造りがしっかりしている分、安心感はかなりありますね。

軽量性を取るか、安心感を取るか。

 

首さげ式とどっちがいいのか問題

首さげ式とどっちがいいのか問題

私も以前は首さげ式を使っていましたが、確かに使い勝手いいんですよね。両手が開放されるし、パスポートや旅券の取り出しも楽。ついでにスリに遭う危険もないし、首に下げて服の裏側に入れておけば落とす心配もない。理屈で言えば完璧だし、こちらが人気あるのもうなずけます。

でも、海外旅行初心者臭満載過ぎてちょーっと抵抗出てきてしまいました。笑

実際海外行ってもそーんな危険な目にもそうそう合いませんし、危険な目にあったら首から下げてようが無意味ですし。笑

そういうことを踏まえて私はオシャレで、使い勝手も良いINCASEに変えました。

その気になればループが付いてますので首下げタイプにも出来ます

といっても、その気になればループが付いてますので首下げタイプにも出来ます。笑

 

INCASEのパスポートケース、かなりいいよ!

INCASEのパスポートケース、かなりいいよ!

9月にタイ、10月にNY(予定)に行くので、これはかなり買ってよかったアイテムになりました。

収納部は多いし、スキミング防止機能付いてるし、止水仕様だし、造りはしっかりしてるし、かなり長く使えそうな予感がしております。

おしゃれでしっかりしたパスポートケースをお探しの方、候補の一つにいかがですか?後悔はしないと思いますよ!

 

旅行系サイトで楽天スーパーポイントをもらう方法

旅行やホテルの予約なら「Rebates」を通すと「楽天スーパーポイント」がもらえますよ〜

続きを見る

 

アメリカやヨーロッパに "無料" で行く方法

『ANA AMEX ゴールドカード』
【マイル大量獲得!】アメリカやヨーロッパに "無料" で行きたいなら『ANA AMEX ゴールドカード』がおすすめ!

続きを見る

 

INCASEのPCバッグを980円でゲット!

最近の雑誌の付録はエゲツない

続きを見る

 

▼ 国内シェアNO.1の通訳機を使ってみた

【レビュー】モバイル通信AI通訳機「ポケトークW」を海外旅行で試してきた
【レビュー】モバイル通信AI通訳機「ポケトークW」を海外旅行で試してきた / 2年間使いたい放題【PR】

続きを見る

 

おすすめ記事

-旅行
-, ,

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2019 All Rights Reserved.