スマホ タブレット パソコン・周辺機器

【レビュー】噂の小さすぎる61W急速充電器『RAVPower 61W USB-C ACアダプター』これは人気出るはずです【PR】

【レビュー】噂の小さすぎる61W急速充電器『RAVPower 61W USB-C ACアダプター』

提供:RAVPower

先日発売と同時に、あっという間に売り切れになってしまった噂の小さすぎる急速充電器「RAVPower 61W USB-C(RP-PC112)」

これまでも携帯性に優れた小型な充電器(ACアダプター)はいくつかありましたが、この製品は一味違います。

というのも、最小・最軽量クラスにして驚異の61W出力という、これまでになかったレベルの小さな急速充電器なんですね。

後ほど詳しく解説しますが、61WというとMacbook Proなどの純正充電器と同じ出力です。しかも同じ出力なのにサイズはかなり小さい。

同じ出力でこのサイズの差です

同じ出力でこのサイズ差です

ここでは詳しい外観や仕様、他のアップル純正ACアダプターとの比較、実際に充電してみた計測値をレビューしていこうと思います。

小さくて急速充電可能なPD対応充電器をお探しの方のは間違いなく朗報になると思いますよ。



RAVPower 61W USB-C ACアダプター レビュー

GaN テクノロジーについて _ 窒化ガリウム

まず最初に、「なぜアップルでもなし得なかったこのサイズの高出力急速充電器が作れたのか?」という部分ですが、「Gan (窒化ガリウム)」というテクノロジーの恩恵のようです。

Gan (窒化ガリウム) とは

GaNは、その優れた耐圧性と電力効率により「次世代のパワー半導体素材」としていま注目されている新しい技術でです。RAVPowerはそのテクノロジーを世界に先駆けてUSB充電器に採用し、製品化いたしました。

技術的なことはよくわかりませんが、世界に先駆けてというワードに痺れます。笑

 

技術仕様

技術仕様

メーカー型番RP-PC112JPD
入力AC 100V-240V 50/60Hz 1.5A
出力(最大)DC 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A, 20.3V/3A, 61W(最大)
カラーバリエーションブラック、ホワイト
サイズ49 x 49 x 32 mm
重量105g±5g

 

外観レビュー

デザインも癖がなく、Apple製品と相性よさげ

噂通り確かに小さいです。デザインも癖がなく、Apple製品と相性よさげ。

少し写真じゃわかりにくいですが、ロゴ書かれている面は軽く光沢がかっています。嫌味のない程度の品の良い光沢です。

 

急速充電対応規格「USB PD(Power Delivery)」に対応

急速充電対応規格「USB PD(Power Delivery)」に対応。バージョンは最新の3.0。(2019年8月現在)

ポートはUSB PD規格に必須のUSB-C(Type-C)です。iPhoneの充電に使う場合は「USB-C - Lightningケーブル」を購入する必要があります。

 

プラグ格納時プラグ格納時

プラグ引き出し時プラグ引き出し時

プラグももちろん格納式。格納できなかったらここまでサイズを落とした意味がなくなってしまいますからね。笑

 

同梱品

同梱品

  • 充電器本体
  • ユーザーガイド(日本語あり)
  • カスタマーサポートガイド

 

保証期間について

保証期間は、18ヶ月+製品登録後に12か月プラス

保証期間は、18ヶ月+製品登録後に12か月プラスされるそうです。

保証書はついていないので、注文番号が保証書の代わりとなります

 

Apple充電器(3種類)との比較

Apple充電器(3種類)との比較

では手持ちのApple純正充電器、

  • Apple 5W USB電源アダプタ(iPhone XS 付属)
  • Apple 10W USB電源アダプタ(iPad Air 付属)
  • Apple 61W USB電源アダプタ(Macbook Pro 15インチ付属)

の3つと比較していこうと思います。

 

出力は61Wと一番右のMacbook Pro用と同じスペック。

大きさで言えば、10WのiPad Air 純正充電器より一回り大きいですが、出力は61Wと一番右のMacbook Pro用と同じスペック。

公式の発表では「Macbook付属の純正充電器と比べてもおよそ50%も小型なサイズを実現」とされています。

 

純正61Wよりかなり小さいことが分かると思います

こう見ると、純正61Wよりかなり小さいことが分かると思います。いやー凄いですね。

 

【驚異の61W】充電スピードについて

【驚異の61W】充電スピードについて

次は充電スピードを実際に測っていきます。

 

サードパーティ製ですが問題なく充電できた

ちなみに、サードパーティ製ですが問題なく充電できたことを先にお伝えしときますね。

 

実際に計測してみた

Macbook Pro 15インチの場合

RAVPower 61W 実計測値:約60W

RAVPower 61W 実計測値:約60W

Macbook Proに充電してみましたが、ほぼマックスの充電スピードが出ました。といっても充電中、数Wの波はあります。

 

Apple 純正アダプタ 61W 実計測値:約57W

Apple 純正アダプタ 61W 実計測値:約57W

こちらは純正なので、当然マックススピード周辺出ています。

正確な数字で言えば「RAVPower 61W」より劣っていますが、波があるのでほぼ同等と考えておくのが正解でしょう。

 

iPhone XS の場合

iPhone XS 実計測値:約15W

iPhone XS 実計測値:約15W

おまけで手持ちのiPhoneも計測してみましたが、驚異の15W出ていました。スマホの急速充電のマックスは18Wですので、ほぼマックススピードと言っていいでしょう。(最大30分で50%ほど充電可能

ついでに言うと、iPhone純正の充電セットが5Wですので約3倍!さすがPD対応61Wアダプターというところでしょう。(充電には先程書いたとおり「USB-C Lightning ケーブル」が必要です)

 

【番外編】USB PD 未対応製品の場合

アンドロイド実計測値:約7.3W(RAVPower 使用)

アンドロイド(OnePlus 6)実計測値:約7.3W(RAVPower 使用)

ちょっと番外編です。「USB PDに対応してない端末を充電するとどうなるのか?」という部分ですが、このようにUSB PDに対応してない端末を充電しても通常値しか出ず、急速充電はできません。

 

アンドロイド(OnePlus 6)実計測値:約14.2W

アンドロイド(OnePlus 6)実計測値:約14.2W(OnePlus専用の急速充電器)

USB PDに対応してい端末でも、専用の急速充電器を使用すればこのようにほぼマックススピード出ます。ご参考までに。

 

注意

急速充電は必ず端末に合った規格のものを使用しましょう!

 

【結論】携帯性が良い急速充電器の決定版!

携帯性が良い急速充電器の決定版!

これは誰もが待ち望んでいた製品で間違いないでしょう!

61Wで小型。

もー、文句のつけようがありません。

購入にあたって個人的におすすめしたい方は、USB PD対応製品を使っている方全員です。もうそう言うしかないと思います。

  • 持ち運んでも小型で邪魔にならない。
  • どの端末においても、充電スピードがマックス出る
  • iPhoneの短時間充電も可能

今の所類似品も出ていないので、コレを買っておけば間違いなしです!

 

クーポン情報

RAVpower様より、期間限定クーポンを頂けましたので購入の際はご活用ください!

実施期間:8/26 22:00 〜 8/27(アマゾンにて)

割引率:10%

コード「PC112KAE」

 

【レビュー】HomePod買った。噂通り音はいいけど、イマイチなとこもいくつかあるな〜
【レビュー】HomePod買った。噂通り音はいいけど、イマイチなとこもいくつかあるな〜

続きを見る

最近の雑誌の付録はエゲツない

続きを見る

【レビュー】純正デザインを邪魔しないiPhoneケースを見つけた。激薄仕様でAppleマークも透けて見える

続きを見る

おすすめ記事

-スマホ, タブレット, パソコン・周辺機器
-,

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2019 All Rights Reserved.