クレジットカード

クレジットカードの審査に不安がある方は「ライフカード」のデポジット型クレカがおすすめです

過去に支払いの滞納などが原因で、クレジットカードの審査に不安がある方は多数おられると思います。

一般的なクレジットカードに関しては、基本的にはブラックリストの方は作れないと思って間違いありません。

ですが、自身がブラックリストなのかイマイチ把握していない方や、他社の審査で落ちてしまった方の中には、そんなに悲観する必要もない人が混ざっているのもたしか。

ここでは、一般的なクレジットカードの審査を申し込む前に是非オススメしたい「デポジット型のクレジットカード」を紹介してみようと思います。

デポジット型クレジットカードというのは、

  • 予め決まった金額の保証金をカード会社に預ける
  • 預けた金額分だけ自由にクレジットカードの使用が可能
  • 退会時に保証金を返却される

といった感じで、カード会社側の踏み倒しのリスクや、使用者の使いすぎのリスクに配慮された限度額付きのクレジットカードです。

といっても使用用途に制限はありません。通常のクレジットカードと同じように使えます。

また、一般的なクレジットカードとは仕組みから違うので、審査は独自審査を採用しており、審査に不安を抱えている方の味方になるような配慮がされているのも大きな特徴です。

  • 現金はあるけど事情があってクレジットカードが持てない
  • 使いすぎてしまう心配が無いよう、上限を決めて使いたい

こんな方たちにはもってこいのクレジットカードですので、興味があればこの記事を読み進めてみてください。

[toc]

デポジット型 ライフカードの紹介

今回紹介するのは「デポジット型のライフカード」です。

デポジット型というのは先ほど紹介した通り、

  • 保証金を預ける
  • 限度額内で自由に使用可能
  • 毎月使った分だけ請求が来る
  • 退会時に保証金は返却

という流れを持った、少し変わったクレジットカードです。

ちなみにライフカードは、同じ名前で一般的なクレジットカードも発行しています。

絶対通る審査が緩いクレジットカード
【独自審査基準】「ライフカード」は、審査に不安がある方におすすめなクレジットカードです!

続きを見る

コチラに関してですが、ブラックリストは絶対に審査を通過できませんので、無謀なチャレンジはやめておきましょう。※ 当サイトにて検証済み

 

デポジット型ライフカードの種類

デポジット型ライフカードの種類は2種類あり、それぞれ限度額が違う形で差別化されています。

 

ライフカードデポジット詳細 比較表

カードの種類ライフカードデポジットライフカードデポジット ゴールド
券面
年会費5,500円(税込)11,000円(税込)22,000円(税込)
申込資格日本国内にお住いの20歳以上で、電話連絡が可能な方日本国内にお住いの20歳以上で、電話連絡が可能な方
国際ブランドMastercardMastercard
限度額10万円20万円〜90万円100万円〜190万円
保証金必要額10万円20万円〜90万円100万円〜190万円
電子マネーIDID
スマホ決済Apple Pay、Google PayApple Pay、Google Pay
ポイントLIFE サンクスプレゼント付帯 1,000円=1.0 ポイントLIFE サンクスプレゼント付帯 1,000円=1.0 ポイント
付帯保険海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
シートベルト傷害保険
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
ショッピングガード保険
シートベルト傷害保険
ETCカード年会費無料年会費無料
その他サービス弁護士無料相談サービス
カード会員保障制度 (不正利用に対する保障)
LIFE DESK (日本語サービス)
ライフカード優待サービス
弁護士無料相談サービス
カード会員保障制度
(不正利用に対する保障)
LIFE DESK(日本語サービス)
ライフカード優待サービス
ロードサービス
弁護士無料相談サービス
カード会員保障制度
(不正利用に対する保障)
LIFE DESK(日本語サービス)
ライフカード優待サービス

ノーマルカードとゴールドカード(2種類)主な違いは、

  • 年会費
  • 限度額
  • 保証金額
  • 付帯保険(ショッピングガード保険有り無し)
  • その他サービス(ロードサービス有り無し)

といった感じ。

迷ったら「限度額をいくらにしたいのか?」「年会費はどちらがいいのか?」という部分で決めてしまって大丈夫でしょう。

 

申し込み資格は?

一般的なクレジットカードは、申し込み資格に「安定した収入がある方」というのが一般的ですが、「ライフカードデポジット」に関しては、「日本国内にお住いの20歳以上で、電話連絡が可能な方」という条件のみ!

担保も保証人も必要ないどころか、現在の収入も必要ないので、申し込みのハードルはかなり低いです。

 

【審査に通ったら?】カードの受け取り方

審査に通ったら、インターネットにて特定の金融機関を支払口座に設定すると、申込みから最短3営業日でクレジットカーが発行されます。

その際に、

  • 年会費
  • デポジット(保証金)

は、代金引換での支払いになりますので、必ず手元に用意しておきましょう。(※ 支払えない場合、カードが受け取れません!

2年目以降の年会費の支払いは、口座引落になります。

 

審査の難易度について

肝心な審査の難易度ですが、先程紹介した「一般型ライフカード」に比べると通過率はかなり高いです。

ただ、「カード審査が不安な方でも安心して申し込み」とは書いてありますが、「審査が緩い」や「誰でも通る」と書いているわけではありませんので、そのあたりは勘違いしないようにしなければなりません。

といっても個人的な見解で言えば、「保証金を預けて、それを限度額に設定している時点でカード会社側のリスクは無いに等しい」わけですから、そのあたりを考慮すれば自ずと答えが出てくるのでは?と思います。

超ブラックな方は無理だと思いますが、

  • 滞納経験がある
  • 他社で落ちた
  • 審査が不安

程度なら、申し込んでみる価値は十分にあります。

 

今手元に現金がない方は...

手持ちの現金がないけど、どうしてもクレジットカードを持つ必要がある方という方は「プロミス」で一時的に現金を調達するのも一つの手です。

30日間利息0円で借りれますので、返せるあてのある方は「クレジットカードを持つため」に一時的に借りるのもありかな、と思います。

ただ、この方法は返せるあてのある方だけにしましょうね。そしてできるだけ早く返済しましょう。

解説 【プロミス】使い勝手が現代風に進化!24時間スマホのみでコンビニ出金可能に【1時間で融資可能】

 

【結論】デポジット型 ライフカードのいいところ

「デポジット型 ライフカード」の最大のいいところは、

 

  • 現金はあるけどクレジットカードが持てない方の味方である
  • 申し込み資格がかなりハードルが低い
  • クレヒスが記録される

 

この3点に尽きるのではないでしょうか?

デポジット型といえども立派なクレジットカードなわけですから、支払いを続けていればクレヒスは記録されますし、「しっかり支払いできてますよ」という証明にもなります。そうなれば今後他の一般的なクレジットカードの審査にも通りやすくなるわけで、こんなありがたいことは有りません。

というわけで、お金はあるけど事情があってクレカを持ってない方のおすすめな「デポジット型 ライフカード」の紹介でした。

公式サイトはこちらからどうぞ。

 

▼ ブラックリストでもクレジットカードを持てた経験談はコチラ(券種紹介有り)

ブラックリストでも審査が通るクレジットカード
【体験談】ブラックリストの私が審査に通ったクレジットカード教えます!

続きを見る

おすすめ記事

-クレジットカード

© 2020 LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに -