クレジットカード

【独自審査】クレジットカードの審査に不安がある方におすすめなクレジットカードはこれ!

更新日:

ここでは、独自審査で人気のある「ライフカード」というクレジットカードを紹介しようと思います。

ライフカードの特徴としましては、独自審査を採用しており、審査に不安がある方でも比較的通りやすい点にあると思います。

通常クレジットカードの審査というのは、「銀行系>>信販系>>交通系、流通系>>ショッピング系、スーパー系、コンビニ系>>消費者金融系」の順で厳しいと言われておりますが、このライフカードは消費者金融系に属しており、難易度ランクは一番下。

しかも公式サイトにて大々的に「審査に不安なあなたもスマート審査でらくらくスルー」とまで謳われています。

よって、

  • 過去に延滞がある方
  • 審査に不安がある方
  • 他のクレジットカード審査を落ちてしまった方
  • 初めてクレジットカードを作る方

こんな方々に優しい審査というのは一目瞭然です。

ここでは「ライフカード」の特徴等を解説していこうと思います。

 

 

ライフカードの特徴

ライフカードには、「ライフカード」と「ライフカード ゴールド」という2種類が存在します。普通のクレジットカードとゴールドカードですね。

違いを比較表にまとめました。

ライフカード詳細 比較表

カードの種類 ライフカード ライフカード ゴールド
券面
年会費 5,000円 ※初年度は代金引換となります
2年目以降口座引き落とし
10,000円 ※初年度は代金引換となります
2年目以降口座引き落とし
国際ブランド Mastercard Mastercard
保険 海外旅行傷害保険:最高2千万円
国内旅行傷害保険:最高1千万円
シートベルト傷害保険:最高2百万円
カード会員保証制度
海外旅行傷害保険:最高1億円
国内旅行傷害保険:最高1億円
シートベルト傷害保険:最高2百万円
ショッピングガード保険:最高2百万円
弁護士無料サービス
その他サービス × 全国主要空港ラウンジを無料で利用可能
会員専用のダイヤルデスク
(LIFE CARD GOLDデスク)をご用意
ポイント 100円毎にポイント加算
お誕生日月3倍
初年度1.5倍
100円毎にポイント加算
お誕生日月3倍
初年度1.5倍
ポイント有効期間 最長5年 最長5年
ETCカード 無料 無料

主な違いは、

  • 年会費の額
  • 保険の補償額
  • ショッピングガード保険の有無
  • 旅行系サービス(ラウンジ利用)

の4つのみです。

 

年会費がかかる

上の表にある通り、ここで紹介するライフカードは年会費がかかります。

今のご時世、ノーマルのクレジットカードにおいては「年会費無料」は当たり前ですが、このライフカードに限っては、

  • ライフカード:5,000円
  • ライフカード ゴールド:10,000円

と、年会費がかかるんですね。

個人的には「年会費と引き換えに「優しい審査」をスルーできるなら、5,000円ぐらい目をつぶってもいいかな。」と思います。

 

独自審査基準を採用

ライフカードは「独自審査」を採用しています。

「独自審査」というのは、その会社独自の審査方法であり、他のクレジット会社の審査とは一線を画するものがあります。

もちろん審査内容の詳細は非公開ですが、他よりも厳しい基準と言うことはまずないでしょう。

 

弁護士無料サービスがついてくる

珍しいのがこの「弁護士無料サービス」です。

弁護士無料サービスとは、「法律相談を1時間無料で出来る」というサービスです。

生活していて急なトラブルに見舞われたときなど、これほど心強いサービスはありませんね。

 

国際ブランドは「Mastercard」のみ

利用できる国際ブランドは「Mastercard」のみになります。

私自身、「楽天プレミアムカード」で Mastercard を使っていますが、不便を感じたことは一度もありません。

アメックスやJCBはたまに使えないところがありますが、VISAとMastercardは使えないところを探す方が難しいですね。

「Mastercard」で何の問題もないと思います。

 

ライフカードの締切日・支払日

【締切日】
・ショッピング:毎月 5日締め、当月支払い開始
・キャッシング:毎月月末締め、翌月支払い開始

【支払日】
口座振替日:ご請求月27日またはご請求月翌月03日
※金融機関休業日は翌営業日
※口座振替日は、登録の金融機関により異なります

申込資格について

ライフカードの申し込み資格は、非常にハードルが低いものになっています。

日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。 未成年の方は、親権者の同意が必要となります。

引用:ライフカード

条件としては、

  • 18歳以上(高校生を除く)
  • 電話連絡が可能な方

この2つのみです。

学生さんでも、パートでも、主婦でも、もっといえばニートでも大丈夫です。

もちろん収入証明書もいりません。審査が厳しい会社なら「定職に就いている方」という項目がありますが、それらも見当たりませんからね。

非常に間口が広い良心的な審査基準だと思います。

 

キャッシングなら、親会社の「アイフル」がおすすめ

冒頭で少し書きましたが、ライフカードは消費者金融系に属するクレジットカードで、親会社が「アイフル」になります。

すぐ返せ目処があるのでしたら、「アイフル」のキャッシングの方が都合がいい場合もあるかも知れません。(30日無利息や金利等)

ご自身の状況によって選ぶといいと思います。

ライフカードまとめ

というわけで、ライフカードについて色々書いてきましたが、本当に間口の広いクレジットカードだと思います。

もう一度いいますが、

  • 過去に延滞がある方
  • 審査に不安がある方
  • 他のクレジットカード審査を落ちてしまった方
  • 初めてクレジットカードを作る方

このような方達を対象にしているというのは、非常に珍しいです。

審査基準なんて、厳しくしようと思えばいくらでも厳しく出来ますからね。それをしないというのは、あくまでもそういった方達を対象に募集しているということでしょう。

クレジットカードの審査に不安がある方は、一度審査を受けてみてはいかがでしょうか?

無事通るといいですね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

PICK UP!

楽天プレミアムカードレビュー 1

【速報】2018年9月25日より、楽天プレミアムカードにおいて「American Express(アメックス)」の選択可 ...

-クレジットカード

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2018 All Rights Reserved.