スマートウォッチ スマホ

【レビュー】スマートウォッチ「HUAWEI Band 7」実際に使ってみた感想など [PR]

スマートウォッチを買おう買おうと思いつつ5年以上たってしまった私の元に、『HUAWEI Band 7』というめっちゃ売れてるスマートウォッチがやってきました。

「ついにスマートウォッチデビューかー」なんて思いながらいろいろと調べてみたところ、大きな特徴としては

  • アンドロイド、iPhone両方とも連携可能
  • スマホ連携でLINEや着信などの通知機能あり
  • 薄型ボディ
  • HUAWEI独自の「HarmonyOS」搭載
  • 入門機ゆえに安価

このあたりかな、と感じました。

といっても、実際に触ってみて色々思うこともありましたので、そのあたりを踏まえてレビューしていこうと思います。



HUAWEI Band 7 実機レビュー

HUAWEI Band 7 実機レビュー

「HUAWEI Band 7」とは、中国のHUAWEI社から出ている数々のスマートウォッチの中で入門機に位置するラインの最新機種になります。

発売されたのは2022年の初夏ぐらいですので、少し時間はたっていますが、まだまだ売れ続けているという人気商品です。

機能的な特徴としましては、

  • スマートアシスタント搭載(スマートフォンを探す、着信やメッセージの確認、天気情報、音楽再生コントロール、リモートシャッター機能、クイック返信など)
  • 96種類のワークアウトモード搭載
  • 通常使用で14日間もつロングバッテリー(5分の急速充電で2日間使用可能!)
  • 睡眠状態を記録可能
  • 血中酸素常時測定
  • 心拍数をモニタリング
  • ストレスモニタリング
  • 常時点灯ディスプレイモードあり
  • 好きな画像を文字盤に設定可能

となっており、通話こそ出来ないものの、基本的なスマートウォッチの機能は搭載しているといって問題ないと思います。

 

スペック

スペック

ディスプレイ1.47 インチ AMOLED(194 x 368ピクセル)
センサー加速度センサー / ジャイロセンサー / 光学式心拍センサー
防水5 ATM 防水(ISO規格22810 : 2010に基づく水深50メートルでの耐水性)
充電端子磁気充電ポート
対応OSAndroid 6.0以上、iOS 9.0以上
バッテリー持続時間通常使用で14日間
サイズ縦44.35 x 横26 x 厚さ9.99 mm(最薄部)
質量(ベルトを除く)約16 g
カラーダークグレー、ゴールド、グリーン、レッド

 

外観レビュー

外観レビュー

初めて手の取った感想は「AMOLED高精細ディスプレイめっちゃ綺麗でいいじゃん。全然安っぽさがない!」でした。

価格も一万円しないので「それなりの造りなのかな?」なんて思っていましたが、全然そんなことありませんでしたね。素晴らしい。

ただ私の腕につけるには少し小さいので奥さんにあげることにしました。

 

裏側には血中酸素濃度や心拍数を図るセンサーと、磁気性の充電ポートがあります。

裏側には血中酸素濃度や心拍数を図るセンサーと、磁気性の充電ポートがあります。

 

サイドにはメインボタンが一つ

サイドにはメインボタンが一つ。ちなみに逆側には何もありません。

 

バンドには「HUAWEI」の刻印あり。

バンドには「HUAWEI」の刻印あり。

 

付属品

付属品

付属品
  • 充電クレードル付きUSBケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 保証とアフターサービスのご案内

 

【購入特典】保護レンズ付き

【購入特典】保護レンズ付き

こちらの保護レンズは、こちらのリンクから購入するともらえる特典です。

 

 

AMOLED高精細ディスプレイの綺麗さ

装着してみました。AMOLED高精細ディスプレイの綺麗さを損なうこともなく、球面なのにエアーの混入もなく、バッチリです!

 

充電時間や充電方法について

充電時間や充電方法について

充電は、付属の充電ケーブルを使ってこのように行います。

充電時間に対する、使用可能時間は以下の通り。

充電時間使用可能時間
満充電通常使用で14日間、ヘビーユースで10日間
5分間の急速充電最大2日間

はい、全く問題ありませんね。急速充電素晴らしい。

 

起動&ペアリングの仕方

起動&ペアリングの仕方

ペアリングは実に簡単に行うことが出来ました。起動すると「HUAWEI」のロゴが表示され、

 

HUAWEIのオリジナルOS「HarmonyOS」が表示され、

HUAWEIのオリジナルOS「HarmonyOS」が表示され、

 

言語選択が現れます。

言語選択が現れます。

 

言語選択後にペアリングを促すメッセージ

言語選択後にペアリングを促すメッセージが出てきますので、上にスワイプすると、

 

スマホで読み取って専用アプリをインストール

QRコードが出てくるので、スマホで読み取って専用アプリをインストール。

 

ボタンをして完了

ボタンをして完了です。

アプリを探す手間などもなく、実に簡単でしたね。

 

タッチ操作について

各種機能について

もちろんタッチパネルですので、画面タッチやスワイプで操作可能です。

ちなみに待ち受けですが、何種類かは最初からインストールされておりいつでも変更可能。それとは別にオリジナル待ち受け作成も可能ですし、アプリからアクセスできるショップで好みの待ち受けを購入することも可能です。(4000種類以上あり)

 

サイドボタンを押すとメニュー

サイドボタンを押すとメニューが出てきます。

 

上から下にスワイプするとクイックメニュ

上から下にスワイプするとクイックメニュー的な画面になり、

 

下から上にスワイプすると通知履歴

下から上にスワイプすると通知履歴が出てきますので、着信やLINEなどのメッセージを見ることが可能です。

 

装着感

装着感

女性の腕につけるとこんな感じ。個人的には、男性より女性の腕の方がサイズ感的にも似合う気がしますね。

 

総評

総評

というわけで最後に、実際に数日間使ってみた奥さんに聞いた「リアルな感想」を書いていきます。

 

いいところ

  • デザインがかわいい
  • スマホを出す回数が減って楽
  • 毎日充電しなくてもいいのが良い
  • 防水

 

イマイチなところ

  • 通話やちゃんとした返信ができない(※クイック返信機能搭載されてます)

 

とのことでした。

通話や、ちゃんとした返信ができない」に関しては、この価格帯でそこまで求めるのはちょっと可哀想です。笑

ちなみに個人的な感想は、「デザイン的にもスマートで、しっかりした造り。機能も色々搭載されているのにこの価格で買えるのはすごい」というもので、普通にオススメ。

一言で言うなら、

 

「そりゃ売れるわな」

 

という感じです。

 

▼ 特典の保護レンズはこちらのリンクから購入すると貰えます!

 

 

おすすめ記事

-スマートウォッチ, スマホ
-,

© 2023 LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに -