カメラ

Leica M9に「視度補正レンズ」を付けたらファインダーから見える景色が変わった

  1. HOME >
  2. ガジェット >
  3. カメラ >

Leica M9に「視度補正レンズ」を付けたらファインダーから見える景色が変わった

相棒であるLeica M9。どうにも不都合な部分が一つだけありました。

それは私の視力が悪いゆえ起こる不都合、「ピントの山が捉えられない」ということです。

ライカは「二重像合致式」といって、写真を撮る時にファインダー内から見える2つの画像をピントリング(フォーカスリング)を回して合致させる必要があります。2つの画像がピッタリ重なった時に初めてピントが合う仕組みなんです。オートフォカスとかありません。笑

なので、私にみたいに目が悪い人間は眼鏡、もしくはコンタクトレンズが必須。裸眼では、合わせようにも合わせられない。「よし、今日は撮るぞ」って日はコンタクトをしていくので問題ないんですが、普段コンタクトをしていないのでふとした時にサッと撮ることは不可能。眼鏡を付けて撮るのもあまり好きじゃないので結構致命的なんですよね。

というわけで、裸眼でもピントの山がつかめるようになるというM型ライカ専用の「視度補正レンズ」を付けることにしました。

裸眼ならいくら撮ってもコンタクトのように目は乾かないし、眼鏡のような違和感もない。「度数さえ合えば完璧じゃないかな?」と思ったんです。



ライカの視度補正レンズについて

視度補正レンズM

視力に合わせてファインダーの視度を調整するためのレンズです。これにより眼鏡なしでも快適に撮影できるようになります。+0.5、+1、+1.5、+2、+3、-0.5、-1、-1.5、-2、-3の10種類があります。M型カメラのファインダーの視度は平均的な -0.5 dpt.に設定されていますので、例えば視度が +1 dpt.の眼鏡をお使いの場合には、+1.5dpt.の視度補正レンズをお使いください。

- Leica 公式サイト -

M型ライカの視度補正レンズは、0.5 dpt.刻みで販売されており、-3.0 〜 +3.0 まであります。

で、注意事項としましては上に書いてある通り、M型カメラのファインダーは視度が -0.5に設定されているので、そこを踏まえてご自身に合う視度を計算する必要があります。

 

視力データから自分に合う視度を計算する

兎にも角にも正確な視力データが分からないとはじまらないので、眼鏡屋さんにて計測してもらいました。(眼科でもOK)

見方として重要なのは「利き目の球面度数」で、ここの数値が視度補正レンズの数値を選ぶ基準になります。

私の場合で言えば、

-1.25 -(-05) = -0.75

となり、-0.5 か -1 の視度補正レンズを選べばいいというわけです。

 

▼ その他の数値の見方はこちら

<お手元の処方箋・視力データについて>

~眼科発行の処方箋・眼鏡店発行の作成データの見方~ ※遠視・近視・乱視など全ての度は±0.25ステップで記載されています

・『Sphere』または『SPH』または『S』・・・球面度数(近視または遠視の度数)を表し、“-(マイナス)”または“凹”であれば近視、“+(プラス)”または凸”であれば遠視の度数を示しています。

・『Cylinder』または『CYL』または『C』・・・円柱度数(乱視の度数)を表します。乱視矯正を要しない場合は記載が空欄になります。

・『AXIS』または『AX』または『軸』・・・乱視の角度を表し、0°~180°で記載されます。乱視矯正を要しない場合は記載が空欄になります。 ※いずれも度数は“D”・“Diopter”という単位で表されます。

マップカメラ|日本最大級のカメラ総合サイト(中古販売・買取)

乱視が凄い方は..

M型ライカの純正視度補正レンズは、乱視には対応しておりません。

私のように少しの乱視なら問題ないですが、結構ひどい乱視の方は「Adjustigma」という、乱視補正にも対応している視度補正レンズをおすすめします。

価格自体は正直高いですが、裸眼で撮れるようになる喜びと比べれ決して高い買い物ではないでしょう。

カメラのメガネ『Adjustigma(アジャスティグマ)』

 

Leica純正の視度補正レンズを手に入れた

というわけで早速手に入れました。ライカ純正「視度補正レンズ」です。

でもなんか箱が古いですよね?実はこれ古いタイプの新品を購入したんです。安かったんで。中身は一緒でしょう。笑

私に合う視度が-0.75だったので、-1.0にするか-0.5にするか迷ったんですが、これからもっと目が悪くなる可能性を含め-1.0にしました。

これが視度補正レンズです。数値の刻印あり。

こちらが表側で、入り口が少しテーパー状になっています。

裏側の取り付け側はネジ山状になっており、簡単に取り付けれるようになっています。

もちろん使わないときは外せます。

 

実際に取り付けてみる

こちらが何もついてない状態のアイピースですね。

ネジ山を合わせくるくるねじ込んでいきます。

特にきついとか緩いとかもなく、ちょうどいい感じ。さすが純正。外れることはまずないでしょう。

厚さは1mmくらいなので見た目は変わりません。

レンズの直径は少しだけ小さくなりますが、撮っていても特に違和感ないですね。

 

視度補正レンズを付けてみてどう変わったか

当たり前かもしれませんが、裸眼でもピントの山がはっきり掴めるようになりました。本当にありがたい。

コンタクト使用時は目の乾きが気になり、コンタクトが乾くと霞むときもあります。メガネに関してはメガネ通しでファインダーを覗く事自体違和感がありました。ピントの山もいまいち掴めてる気がしませんでしたし。

それらの悩みが一気に解決したのは嬉しいとしか言いようがありません。同じように悩んでる方には一刻も早く使ってみることをおすすめしますね。

視度補正レンズ最高。

 

▼ 必ずご自身の目に合ったものを選びましょう

 

Leicaに関する記事一覧

 

カメラ

2019/7/24

Leica M9の赤バッジを黒バッジに変えるシュミレーション

赤バッジ。M6から登場し、各所で議論されている曰く付きのロゴマーク。 クラシカルなデザインが好きな方は、後発の「赤バッジなし、エングレーブあり」のPを選ぶ。 でも発売時のデザインがオリジナルだと思う自分は赤バッジを選んだ。ちなみにM.8.2は黒バッジがオリジナル。 背面のこの物静かな佇まいもお気に入り。 ストラップの刺繍と合ってるな〜と思いつつ、(やっぱり目立つよな...)と。 というわけで、シュミレーション用の黒バッジ(シール)を購入。 貼ってみる。 お。 お? 決定。違う意味でオリジナル。 &nbsp ...

ReadMore

カメラ ファッション

2019/7/31

【Peak Design】Everyday Sling 10L の「目的別収納パターン」を実際の写真で紹介

こんなバッグを探してました。 ショルダーバッグ カメラ(一眼レフサイズ)が入る カメラ関係の小物が収納可能 カメラの取り出しが容易 iPad、もしくはノートパソコンが入る モバイルバッテリーなどが収納可能 これらに加え、財布やスマホも入る それでいてあまり大きくない お洒落 旅行や普段遣いでガンガン使いたかったので、まあまあワガママな条件だと思いますが、見事答えてくれたバッグがありました。   Peak Designの「Everyday Sling 10L」です。   新製品じゃないん ...

ReadMore

カメラ

2019/7/15

【厳選64本掲載】『ライカMLレンズ ベストセレクション』という本で次のレンズを物色中...

本屋にプラット立ち寄ったところ『ライカMLレンズ ベストセレクション』なる本を発見。 ただ、表紙は「SONY α7Ⅲ」という謎仕様。 「何だこの本は?」なんて思って立ち読みを始めたところ、「デジタルカメラでライカレンズを使いたい」という方向けの本だと発覚。SONYやNIKON、CANONユーザーも楽しめる内容。 本の冒頭には、「ライカMLマウントレンズの入門知識」から「レンズと各種アダプタの相関図」「ベストのボディは何か?」なんてことが書かれている。 掲載されているレンズの種類は、 オールドライカ(Mマウ ...

ReadMore

【2019年版 カメラ買取サービス5社比較】有名買取業社の価格・サービスをまとめ

カメラ

2019/9/4

【2019年版 カメラ買取サービス5社比較】有名買取業社の価格・サービスをまとめてみました - SONY・CANON・FUJIFILM・OLYMPUS -

    どうせ売るなら高く買ってくれる所に売りたい!   というわけで、カメラ買取の専門業社を比較してみようと思います。 今回は、実際にカメラを査定に出して、各社提示してきた買取上限額を記載してあります。   Liab実際に、すべての業者に査定に出しました!   よって。私の主観で適当に書いているわけではありませんので、そこは信用してくださいね。 少しでも高く売れるように参考にしてみて下さい。 買取上限額・各社サービス比較 今回査定に出したのは、私のRIC ...

ReadMore

 

おすすめ記事

-カメラ
-,

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2019 All Rights Reserved.