カメラ 旅行

【香港3日目】友と夜の香港を満喫した日 - 100万ドルの夜景 〜 蘭桂坊(ランカイフォン)-

満を持して行った「モンスターマンション」でまさかのSDカード容量満タンという悲劇の結末を迎えた翌日、この日はホテルを移動することにしました。

尖沙咀(チムサーチョイ)も刺激のあるいいところでしたが、2日もいるとさすがに飽きてくる。

チェックアウトを済ませそそくさと移動。

こちらが次に泊まった「コミューン (Commune)」というホテル。

「BAYBRIDGE」という名前でもあるのかや?

テラスからの眺め。

対岸にある「青衣島(チンイ島)」が一望できる最高の眺めです。

私もこんな感じでリラックスしてしまいました。

というのは嘘で、早く着きすぎて部屋に入れてもらえず時間つぶしてました。

そして夜。なぜがルームメイト達と出かけることに。彼はタイでEDMのDJやってるそうな。(めっちゃいいやつ)

どこに行こうか相談中。

そして香港にやたら詳しいアメリカ人のおっちゃんに連れてこられたのは、初日に来た「シンフォニー・オブ・ライツ」

ただ前回と違ってピークの時間帯に来たのでライティングも全然違いました。人の数も。

たそがれるルームメイト達。

この人が香港にやたら詳しい(バッドな)アメリカ人のおっちゃん。というのも香港にも家を持ってるそうな。金持ちだったんだろうか?

周辺の観光スポットをぐるりと散策。これはイギリスの統治時代からある時計台だそうな。

せっかくなんでフェリーに乗って対岸まで行くことに。

目的はそう、蘭桂坊(ランカイフォン)です。蘭桂坊(ランカイフォン)とは、欧米人が中心に集まるバー街というか、少しやんちゃな通り。

蘭桂坊(ランカイフォン)は2日目に来た中環(セントラル)にあります。「Leica M9と歩く香港【2日目】 - 旺角(モンコック)「女人街」〜 中環(セントラル)-」を読んでくれた方はこの風景見覚えあるんでは?

北欧美女に、

おちょけるアメリカ人。※ いいおじさんです。

たしかに欧米系が沢山いましたね。

下のほうが人は多かったんですが、あまりにノイジー過ぎたんで、まずは静かなところで乾杯。

どこにでもあるハードロックカフェ。

香港も貧困ビジネスが多いという話を聞いて、そういう目で見るくらいには心が汚れてきた。前回のタイのせいでもある。

ノイジーエリアに移動してきたらブラックの客引きが凄い。

一番通り沿いの席を確保してくれた店で再び乾杯。 この写真すっげー好き。

これもすっげー好きなんだけど、もっとバッチリピントが来て欲しかった。本気で悔やまれる...

そんなこんなしていたらテレビクルーに遭遇。どこの国かまではわからず。

背中はびんぼっちゃまスタイル。笑

香港に来たら蘭桂坊(ランカイフォン)に来ることを全力でおすすめします。

楽しすぎたので無事MTRの終電を逃し「さて次はどこいこうか」の図。

上の写真と同じ場所で撮影。人種が変わるとこうも変わる。次は欧米人に生まれたい。

なんとなくホテルの方へ向かって街中散策。

出会ったばかりなのに国の壁も歳の壁もない。出会えてよかった。

結局タクシーでホテルに向かうことに。

この日は部屋に戻ってからもずっと話してた。(といっても私は英語が話せないのでタイ人の彼に通訳してもらいながら。)

噂では聞いていた旅先での出会い、あるとないとでは全くの別物というのが体験できてよかった。

 

いよいよ次回...

香港最後の夜。

 

続きはコチラから

【香港最終日】さよなら香港、いいとこだったぜ! - ローカルエリア〜男人街(テンプルストリート)-

続きを見る

 

▼ 無料でアメリカやヨーロッパに行けるかも!

『ANA AMEX ゴールドカード』
【マイル大量獲得!】アメリカやヨーロッパに "無料" で行きたいなら『ANA AMEX ゴールドカード』がおすすめ!

続きを見る

 

▼ 旅行の予約で「楽天スーパーポイント」をもらう方法はコチラ

旅行やホテルの予約なら「Rebates」を通すと「楽天スーパーポイント」がもらえる!

続きを見る

 

▼ モバイル通信AI通訳機「ポケトークW」レビュー (2年間使いたい放題)

【レビュー】モバイル通信AI通訳機「ポケトークW」を海外旅行で試してきた
【ポケトークW レビュー】噂のモバイル通信AI通訳機を海外旅行で試してきた / 2年間使いたい放題【PR】

続きを見る

おすすめ記事

-カメラ, 旅行
-, ,

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2019 All Rights Reserved.