タブレット

【徹底比較】「新 iPad Air 4・iPad Pro・新 iPad 8」と手持ちの「iPad Air 3」を比較してみた

iPad 8 iPad Air 3 iPad Air 4 iPad Pro 比較

 

前回「iPad Air(第3世代)」が発売された時に即購入しまして、このような記事を書いていました。

 

【レビュー】iPad Air 3(2019)買ったけど、いいとこも悪いとこもあるな
【レビュー】iPad Air 3(2019)買ったけど、いいとこも悪いとこもあるな

続きを見る

「新 iPad(7世代)」と「iPad Air 3」とを比較してみたら、意外なことが見えてきた
【現行機種比較】「新 iPad(7世代)」と「iPad Air 3」を比較してみたら、意外なことが見えてきた

続きを見る

 

その後、現在に至るまで絶賛愛用中。

そしてこの度「新iPad Air(第4世代)」が発売されると発表がありました。

現状iPad Air 3 にあまり不満はないので「ちょっとしたアップデートならスルーだな」なんて考えていたんですが、めちゃくちゃアップデートされてきましたね!

どのくらいアップデートされたかと言うと「これ、廉価版 iPad Proじゃん」というくらい。

ここでは、

  • 新旧 iPad Air のスペック比較
  • 「新iPad」「新iPad Air」「iPad Pro」比較
  • 新 ipad Air のいいところ、ダメなところ

を書いていこうと思います。

結論から言いますと、私は「新 iPad Air(第4世代・2020年モデル)」買いますね!

 

※ 最後にアップル公式サイトで「楽天ポイント」をもらう方法も書いてあります!



「新 iPad Air 4」と「iPad Air 3」の比較表

ipad air3 vs ipad air 4 比較

「新 iPad Air 4」と「iPad Air 3」の大まかな変更点は以下のとおりです。

 新 iPad Air 4iPad Air 3
ディスプレイ10.9インチ
Liquid Retinaディスプレイ
10.5インチ
Retinaディスプレイ
セキュア認証Touch ID(電源ボタン)Touch ID(画面下のボタン)
チップA14 BionicチップA12 Bionicチップ
ストレージ64GB、256GB
キーボードMagic Keyboardと
Smart Keyboard Folioに対応
Smart Keyboardに対応
スピーカーステレオモノラル
アップルペンシルApple Pencil(第2世代)に対応Apple Pencil(第1世代)に対応
充電と拡張性USB-CLightning
カラーシルバー
スペースグレイ
ローズゴールド
グリーン
スカイブルー
スペースグレイ
シルバー
ゴールド

※ 赤字がスペックアップした箇所

大幅にスペックアップしております!スペックアップと言うより完全に別物ですね。

どちらかというと「iPad Pro」に近いスペックといっていいでしょう。

各パーツをもう少し詳しく見ていきます!

 

ディスプレイについて

新 iPad Air 4iPad Air 3
Liquid RetinaディスプレイRetinaディスプレイ
10.9インチ(対角)
IPSテクノロジー搭載
LEDバックライトMulti-Touch
10.5インチ(対角)
IPSテクノロジー搭載
LEDバックライトMulti-Touch
2,360 x 1,640ピクセル解像度
264ppi
2,224 x 1,668ピクセル解像度
264ppi
フルラミネーションディスプレイフルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング反射防止コーティング
広色域ディスプレイ(P3)広色域ディスプレイ(P3)
True ToneディスプレイTrue Toneディスプレイ
500ニトの輝度500ニトの輝度
耐指紋性撥油コーティング耐指紋性撥油コーティング
1.8%の反射率1.8%の反射率
Apple Pencil(第2世代)に対応Apple Pencil(第1世代)に対応

基本的なスペックはそのままに、画面サイズや解像度がアップしています。

そして「Apple Pencil(第2世代)に対応」はうれしいバージョンアップ!第1世代のLightningポートに挿す充電方法は明らかにおかしかったですから。笑

 

チップについて

新 iPad Air 4iPad Air 3
64ビットアーキテクチャ搭載
A14 Bionicチップ
64ビットアーキテクチャ搭載
A12 Bionicチップ
Neural EngineNeural Engine

チップとは言わばiPadの脳みそですが、こちらもiPad Air 4の圧勝です。なんといっても「A14 Bionicチップ」というのはiPad Proにも載っていない最新チップですからね。

といっても普通の使い方でしたら「iPad Air 3」でもまったく不満はなかったので、この恩恵を受けるのはイラストレーターや動画ソフトを使うハードユーザーの方たちでしょうね。

 

容量(ストレージ)について

新 iPad Air 4iPad Air 3
Wi-Fiモデル
64GB
256GB
Wi-Fiモデル
64GB
256GB
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB
256GB
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB
256GB

ストレージのラインナップは、どちらのモデルも同じです。

 

カメラついて(変更点のみ)

新 iPad Air 4iPad Air 3
12MP広角カメラ8MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値ƒ/2.4絞り値
手ぶれ補正機能を使ったLive PhotosLive Photos
Focus Pixelsを使ったオートフォーカスオートフォーカス
パノラマ(最大63MP)パノラマ(最大43MP)
写真のスマートHDR写真のHDR
ノイズリダクション
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG

レンズも変更されています。12メガピクセルに変更され、パノラマ写真の画質もアップ。また、F値が1.8に変更されていますので、暗所に強くなったということでしょう。

それとフォーマットに「JPEG」が選べるようになっているようです。これは嬉しい!

 

ビデオについて(変更点のみ)

新 iPad Air 4iPad Air 3
4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)1080p HDビデオ撮影(30fps)
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応720pスローモーションビデオ(120fps)に対応
映画レベルのビデオ手ぶれ補正手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
連続オートフォーカスビデオ撮影中にタップしてフォーカス

なんと4K撮影対応です!スローモーションの性能も上がって、映画撮影並みの手ブレ補正が付いたと。

iPadで動画を撮る方には嬉しいアップデート。

 

電源とバッテリーについて

新 iPad Air 4iPad Air 3
28.6Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵30.2Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵
Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
充電はUSB−Cケーブルを使用充電はLightningケーブルを使用

最大利用時間はどちらもおなじですので、バッテリーの小型化に成功しています。

そしてそして!ついにUSB−C対応です!徐々に脱Lightningされていってますね!

 

サイズと重量について

新 iPad Air 4iPad Air 3
高さ:247.6 mm
幅:178.5 mm
厚さ:6.1 mm
重量:458 g
高さ:250.6 mm
幅:174.1 mm
厚さ:6.1 mm
重量:456 g

サイズと重量はほぼ同じと思ってOK。

 

価格について

新 iPad Air 4iPad Air 3
Wi-Fiモデル
64GB 62,800円(税別)
256GB 79,800円(税別)
Wi-Fiモデル
64GB 54,800円(税別)
256GB 71,800円(税別)
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 77,800円(税別)
256GB 94,800円(税別)
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 69,800円(税別)
256GB 86,800円(税別)

スペックアップに合わせて価格もアップしていますね。どのモデルもおおよそ8千円アップといったところ。(何故か公式のIpadAir3の価格が、発売時と変わってますがw)

ちなみにiPad Pro(256GB Wifiモデル)の価格は、95,800円(税別)となっておりますので、約15000円の価格差。これをどう見るか。

とはいっても、これだけ色々スペックアップしているんですから妥当ではないでしょうかね。価格だけ見れば高いですけど。笑

 

「新iPad(第8世代)」や「iPad Pro(第一世代)」との比較

「新iPad(第8世代)」や「iPad Pro(第一世代)」との比較

iPad Air 3 と比較してきましたが、完全に別物となっていることが分かっていただけたかと思います。

ですが、今からいざ買うとなると対抗機種としては、

  • 新iPad(第8世代)
  • もう少しスペックが上なiPad Pro(第1世代)

この2つになると思います。

気になる方は「Apple公式(iPadスペック比較ページ)」に開いておきましたので、じっくり比べてみてください。

私の感想は「iPad Air 4 が、価格、スペックともにベストなバランスでは?」という感じです。

 

新 iPad Air(第4世代・2020年モデル)のいいところ・ダメなところ

「現行 iPad Air ユーザー」として、今回のアップデートで嬉しかったことをまとめますと、

  • ステレオスピーカーになった
  • 端子が、LightningからUSB-Cに変更された
  • Apple Pencil(第2世代)に対応
  • 最新チップ搭載
  • スペックの割に価格は抑えめ

この5点になるのかな、と思います。

逆にダメなところは、今の所思い浮かびません。完璧になってしまったんではないでしょうか。

 

これからiPadはどうなる?

今回のアップデートで私が感じたのは、

  • iPad Pro をこれからもっとスペックアップして「スペシャルiPad」にする予定
  • そのためにiPad Air 4のスペックを、現行 iPad Pro に寄せてきた
  • iPad(第8世代)は、このまま「安いiPad」という路線でいく

というアップルの意図。

これが正解なら私の使いみちとしては「新 iPad Air」が正解なのかな〜という感じです。

というわけで私は買います。発売の10月が待ち遠しい!

ナイスアップデートでした!

 

▼【発売日速攻レビュー】新 iPad Air 4(2020年モデル)の実機レビューです!

【実機レビュー】iPad Air 4 (2020) を 購入!スピーカーや新デザインが特にいい!これは自信を持っておすすめできます!

続きを見る

 

▼ アップルローンが通らなくて困っている方はこちら

Appleローン審査落ちた
【朗報】Appleローン審査落ちた人向け!大丈夫!奥の手がある!

続きを見る

 

アップル製品を購入する時「Rabtes」を通せば、楽天ポイントが貰える

あんまり知られてないと思うんですが、「Rebates」という楽天系列のサイトを通してアップル公式ストアで購入すると、楽天ポイントがもらえます。

しかも当サイト経由でもらえる限定ポイントもありますので、登録するならこのサイトのリンクからがお得です。

Rebatesについてはこの記事で解説しておりますので、興味があったらご覧になってみてください!

【レア情報】Apple公式サイトやNIKE公式ストアで買い物する時に、楽天ポイントが貯まる方法

続きを見る

 

▼ パーフェクトなiPadスタンドを探している方はこちら

【レビュー】無名だけどシンプルかつ、機能性を極めたiPadスタンド「Lomicall」がおすすめ!

続きを見る

 

おすすめ記事

-タブレット
-,

© 2021 LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに -