タブレット

【現行機種比較】「新 iPad(7世代)」と「iPad Air 3」を比較してみたら、意外なことが見えてきた

新iPadといってもスペック的には全然進化していないんですよね。

先日、新iPad(第7世代)が発表されました。(2019/9/11 深夜)

私自身iPad自体ほぼ完成されているように感じてたので、「チップやカメラなどがスペックアップするのかな?」なんて思っていたんですが違いましたね。

前代の第6世代iPadから進化した部分は、

ココがポイント

  • ディスプレイが、9.7インチから10.2インチになった
  • Smart Keyboardに対応した

たったこれだけです。笑 

新iPadといってもスペック的には全然進化していないんですよね。

ですので今回スペック的な進化を期待していた方には、少し前に発売された「iPad Air3」を迷いなくおすすめしたい。

と言っても、どのくらい違うのかというのを調べるのは大変だと思いますし、私自身「iPad Air 3」を使用しておりますので、使用感を含めた比較をしていこうと思います。

 

▼ iPad Air 3レビューはこちら

【レビュー】iPad Air 3(2019)買ったけど、いいとこも悪いとこもあるな

続きを見る

 

できるだけシンプルに要点をまとめていきますので、参考にして下さいね。



「iPad Air 3」と「iPad 2019」の比較表

「iPad Air 3」と「新 iPad 7」の比較表

大まかな違いは以下のとおりです。

 新 iPad(第7世代)iPad Air 3
ディスプレイ10.2インチ
Retinaディスプレイ
10.5インチ
Retinaディスプレイ
True Tone
セキュア認証Touch ID
チップA10 FusionチップNeural Engineを搭載した
A12 Bionicチップ
ストレージ最大128GB最大256GB
アップルペンシルApple Pencil(第1世代)に対応
キーボードSmart Keyboardと
Bluetoothキーボードに対応
Smart Keyboard(10.5インチ)と
Bluetoothキーボードに対応
コネクタ

Lightningコネクタ

ほとんど全てにおいて「iPad Air 3」が上回っております。まあ、値段から考えたら当然なんですけどね。笑

中でも気になるであろう部分だけピックアップして、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

ディスプレイについて

新 iPad(第7世代)iPad Air 3
Retinaディスプレイ
10.2インチ(対角) LEDバックライトMulti-Touch(IPSテクノロジー搭載)10.5インチ(対角) LEDバックライトMulti-Touch(IPSテクノロジー搭載)
2,160 x 1,620ピクセル解像度、264ppi2,224 x 1,668ピクセル解像度、264ppi
最大輝度500cd/m2(標準)
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ

一番大きな違いはディスプレイですね。大きさこそほぼ同じですが、その他のオプション的な仕様がだいぶ違います。

綺麗なディスプレイにこだわりたいのであれば「iPad Air 3」を選んだほうが幸せになれるでしょう。

 

チップについて

新 iPad(第7世代)iPad Air 3
デスクトップクラスの64ビットアーキテクチャを持つ第4世代A10 Fusionチップデスクトップクラスの64ビットアーキテクチャを持つA12 Bionicチップ
Neural Engine
組み込み型M10コプロセッサ組み込み型M12コプロセッサ

チップとは言わばiPadの脳みそですが、こちらもiPad Air 3の圧勝です。

「A12 Bionicチップ」は2018年9月12日に発表されたもので、かたや「第4世代A10 Fusionチップ 」は2016年9月7日に発表されたもの。

分かりやすく言うと、新iPadのチップは第6世代iPadから、コアプロセッサを含め全く進化しておりません。

処理速度を求めるならiPad Air3でしょう。

 

容量(ストレージ)について

新 iPad(第7世代)iPad Air 3
Wi-Fiモデル
32GB
128GB
Wi-Fiモデル
64GB
256GB
Wi-Fi + Cellularモデル
32GB
128GB
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB
256GB

ストレージはどのモデルも、新iPadはiPad Airの半分の設定しかないです。と言っても、個人的にストレージ問題はiCloudと連携すればいいだけなので、大した問題ではないと思っています。

ただ困るとしたら、データをiCloudに簡易保存してあるのに、電波のないところでそれらのデータを使いたいときですね。電波が確保できないとお手上げなので、電波がない場所でもデータの引き出したい方はストレージが多いモデルにした方がいいでしょう。

 

電源とバッテリーについて

こちらは使用時間換算した数字は全く同じです。(最大9時間〜10時間利用、再生OK)

iPad Air3の方が電気は食うと思いますので、少し大きめのバッテリーが搭載されているんだと思います。

 

サイズと重量について

サイズと重量はほぼ同じと思っても大丈夫だと思います。

新iPadの方が約1mm厚くて、約30g重いだけです。

 

カメラやビデオについて

画素数、F値、レンズ構成等、カメラの主要な仕様はまったく同じです。

唯一違うのは「写真とLive Photosの広色域キャプチャ」という項目で、iPad Air 3にはあって、新 iPadにはありません。

 

価格について

新 iPad(第7世代)iPad Air 3
Wi-Fiモデル
32GB 34,800円(税別)
128GB 44,800円(税別)
Wi-Fiモデル
64GB 54,800円(税別)
256GB 71,800円(税別)
Wi-Fi + Cellularモデル
32GB 49,800円(税別)
128GB 59,800円(税別)
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 69,800円(税別)
256GB 86,800円(税別)

価格は妥当な差だと思います。iPad Air3が新iPadに対して、

  • 「Wi-Fiモデル」が約1.5〜1.6割増
  • 「Wi-Fi + Cellularモデル」が約1.4割増

と言った感じですね。

 

その他の項目

その他の仕様は細かな違いはあるものの、特筆するような違いはありません。

気になる方は「Apple公式(iPadスペック比較ページ)」にてご確認下さい。

 

それぞれの優れているポイント

「iPad Air 3」の優れているところ

新iPadと比較した場合で言えば、すべてを上回っているそのスペックでしょう。

正確には同等なポイントもあるんですが、客観的にみて圧勝だと思います。(iPad Proと比較すると結構ダメなポイントが出てくるんですがね)

なかでも、ディスプレイとチップに関しては比較対象ですらないと思います。

 

「新 iPad」の優れているところ

こちらは圧倒的なコストパフォーマンスの良さに尽きると思います。

第6世代では使えなかった「Smart Keyboard」も使えるようになりましたし、画面も大きくなった。

これで34,800円〜というのは非常にお得だと思います。

 

「iPad Air 3」を使っていて不満なところ

絶賛愛用中のiPad Air3。概ね満足してるんですが、不満点もいくつかあります。

それはやはりサイズ。私の使いみちでは少し大きすぎるので、「iPad miniでも良かったかな」というのは正直あります。

といっても、動画や電子書籍を見る時は大きくていいし、10月から使えるようになるデュアルディスプレイシステム「sidecar」とは相性良さそうですけどね。

挙動に関してですが、画面は素晴らしく綺麗なんですが、スクロールする時に少々ぶれて見にくいと感じることもあります。これは120Hzのリフレッシュレートが得られる「ProMotionテクノロジー」に対応してないのが原因です。(iPad Proのみ対応しています。)

完璧な滑らかさを求めるならiPad Proを買ったほうがいいですね。高いですが。笑

 

これらを踏まえてどっちにするか?

ここは私の主観になってしまいますが、「iPad mini でも良かったかも」という選択肢的な迷いはあるものの、スペック的には非常に満足していますので「ちょっといいiPadが欲しいな」という方にはiPad Air3が非常におすすめ。

逆に「そんなにハードに使わないし、とりあえず持っておきたい」という方は新iPadで十分だと思います。  

あと念の為一つだけ。

Androidタブレットと迷っている方がいましたら、メインでアップル製品を使っているならiPad一択というのは伝えておきたい。

Androidタブレットも安くて優秀ですが、アップル製品がメインなら連携という部分を重視してiPadにするべきだと思います。これはほんとに。

というわけで、9月30日発売の新 iPad(第7世代)と現行iPad Air 3の比較でした。

最後に「Apple製品をお得に購入する方法」を書いておきますね。

 

アップル製品を購入する時「Rabtes」を通せば、楽天スーパーポイントが貰える

あんまり知られてないと思うんですが、「Rebates」という楽天系列のサイトを通してアップル公式ストアで購入すると、楽天スーパーポイントがもらえます。

詳しくはこちらの記事に書いてあるので、是非活用してくださいね。

【楽天リーベイツ(Rebates)】有名ブランド公式サイトで買い物して楽天ポイントゲット!!【Appleストア・GAP・トイザラスなど、約460サイト】

続きを見る

 

アップルローンが通らなくて困っている方はこちら

Appleローン審査落ちた
【朗報】Appleローン審査落ちた人向け!大丈夫!奥の手がある!

続きを見る

おすすめ記事

-タブレット
-

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2019 All Rights Reserved.