イヤホン

名機との呼び声高いイヤホン『final E2000』を実際に聞いてみた

更新日:

final E2000 レビュー

今回は提供品ではありません。Liabです。

サイト運営を通して様々な価格帯のイヤホン、ヘッドホンを聞く機会に恵まれてきたわけですが、ここらで世間で評判が高いイヤホン、ヘッドホンを聞いてみようじゃないか、と。そんな企画です。

まず手始めにエントリー価格帯のイヤホンでも攻めてみようかと、5000円以下のイヤホンで評判がいいものを探してみました。

で、リストに残ったのがこの「final E2000」です。

いろいろなレビューを読んでみましたが、軒並み高評価。ディスってる人が見つかりません。

そんな商品目の当りにしたら当然興味がわくわけで、即購入。

どんなものンなのか、実力はいかに?



 

『final E2000』レビュー

「final E2000」を購入するにあたって、いくつか迷った商品があります。

  • 兄弟機とも言える、少し価格が上の「E3000
  • マイク&リモコンがついている「E2000C

私自身手元で操作することがほとんどないので、迷わずリモコンなしタイプである「E2000」をえらびました。

「E3000」は色々なレビューを見てみましたが、「E2000」とタイプが違う同等クラスのイヤホンという評価が多かった気がします。

それに「どちらかといえばE2000」という声もちらほら見かけたので、とりあえずこっちを買ってみました。

非常にシンプルなビジュアルです。素材はアルミ削り出し、アルマイト仕上げということで、安っぽさとは無縁です。

RLの区別は下に印字されているので、そこで見分けるしかありませんね。

イヤホン背面はステンレスメッシュになっており、低音域の再生帯域を延ばす役割を持っているそう。

開口部からの音漏れを防ぐため、 内側にはフィルターがあり、さらにステンレス製メッシュを外側に設けた二重構造となっています。

E2000 | final

 

同梱品

  • 本体
  • イヤーピース  5セット
  • イヤーフック
  • ポーチ
  • 説明書

イヤーピースが5セットもついています。

他のイヤホンと違うこだわりがこんなところにも。イヤホン本体部分と耳に触れる部分とで硬度が異なる2種類のシリコン素材を採用。耳に当たる側は非常にソフトです。

取り外しに関しては、普通のイヤーピースはちょっと引っ張ればスポッと抜けるんですが、E2000はまあまあ力を入れないと抜けません。ガッツリイヤホン本体に食いついてる感じですね。

イヤーフックも付属しています。ワイヤーなどは入っていないシリコン製なので、すごく付け心地がいいです。もちろんタッチノイズ軽減という目的でもあります。

これでシュア掛けも可能ですね。

スライダーで分岐の調節もできます。

 

final Eシリーズ 比較

製品名E2000E3000
筐体アルミニウム ブラックアルマイト仕上(MATT BLACK)
アルミニウム シルバーアルマイト仕上(MATT SILVER)
ステンレス 鏡面仕上
ドライバー6.4mmΦダイナミック型6.4mmΦダイナミック型
コネクター
ケーブルOFCケーブルOFCケーブル
感度102 dB/mW100 dB/mW
インピーダンス16Ω16Ω
質量12g14g
コード長1.2m1.2m
音質切れの良い中高音と躍動感のあるボーカル。
目の前で演奏しているかのような臨場感。
コンサート会場にいるかのような響き。
広く奥行きのある空間表現と高い解像度を両立。

 

実際に聞いてみた感想

「こんなバランスよく音が鳴ってるイヤホン初めてかも」というのが第一印象。聞いてて全く耳疲れしません。

派手さはないんだけど、ほかのイヤホンと一線と画すサウンドというんですかね。世間の評判通り「これは違うわ」というのは聞く度に感じます。

まず高域に関してですが、突き抜け感こそないものの、非常にクリアで映える仕上がり。突き刺さる感じもなく非常にソフトというか、女性ボーカルものなんて心地いいの一言です。

低域のバランスも非常に絶妙です。決して強調しすぎてないのに、物足りない感じがしないといいますか。しっかりアタックはあるけど強すぎない感じ。

なんでしょうね。。。とにかくクリアでバランスが絶妙なんです。モニターサウンドに少しだけ味付けした感じといいますか。

ちなみにこのイヤホンを使用した後に、同価格帯より少し上の「SONY EX MDR-EX650」を聞いたみたんですが、ガチャガチャ感じます。決して悪いイヤホンではないし、いい部類のイヤホンだと思うんですがね。それでもそう感じてしまうんです。「バランスの良さ、音質の良さが際立っているだけで、ここまで違うものか。。。」と。本当に驚きですよ。

音の関する感想を置いておいて「どんなイヤホン?」と聞かれたら、「音楽をずーっと聞いていたくなるイヤホン」と答えます。

何度も言いますが、聞いていてとにかく心地がいいんです。最終的にはこれに尽きるかもしれませんね。

よって音楽をド派手に楽しみたい人には向いてないかも。

 

お気に入りポイント

  • とにかく音がクリアで、バランスが絶妙
  • つけた時のフィット感がソフト
  • ケーブルが絡まらない

 

まとめ

というわけで、この価格帯でトップクラスという評判の「final E2000」ですが、それほど耳が肥えていない私が聴いても同じ感想でした。

それぐらい明らかに、同価格帯の他のイヤホンとは一線を画します。

えーっと、戸惑うレベルです。欠点がなさ過ぎて。(←これ!やっと納得のいく感想が出ましたw)

5000円以下のイヤホンでトップクラスの音がどんなものか試したい方は、購入しても決して後悔しないと思います。

間違いなくおすすめですね。

ではでは。

 

その他のイヤホン関連記事

完全ワイヤレスイヤホン比較まとめ

イヤホン

2018/10/28

完全ワイヤレスイヤホン比較まとめ『大手メーカー8機種』を徹底比較! - BOSE・SONY・Apple・JBL・ERATO・ONKYO -

先日、BOSEとSONYが完全ワイヤレスイヤホンを発売すると発表しました。 今まではONKYOだったり、中華製完全ワイヤレスイヤホンだったらあったんですが、大手は全然なかったんですよね。 それがとうとう発売されるということで、これは比較せざるを得ません。 今回、各イヤホンの特徴、メリット、デメリットをメインに比較まとめしてみようと思います。   完全ワイヤレスイヤホンとは? 検索してこのページに来て頂けてると思うので説明する必要はないと思いますが。一応解説しておきます。 完全ワイヤレスイヤホンと ...

ReadMore

【2018年モデル】SONYの世界初「完全ワイヤレス・ノイキャン・防滴・スポーツイヤホン」

イヤホン

2018/5/9

【2018年モデル】SONYの世界初「完全ワイヤレス・ノイキャン・防滴・スポーツイヤホン」が予約開始!【WF-SP700N】

SONYはこの分野に本気ですねぇ。 昨年の秋に完全ワイヤレスイヤホン『WF-1000X』を発売したばかりなのに、もう新作の登場です。 今回は、スポーツ特化モデル! しかも仕様が「世界初だらけ」というから驚きです。 SONYのお家芸ノイズキャンセリングはもちろん、防滴機能も装備。その他にも色々。 まだ予約段階にもかかわらずアマゾン売れ筋1位です。 というわけで、実機はありませんが一足早く紹介してみようと思います。   2018年モデル SONY 完全ワイヤレスイヤホン 詳細   まず特徴 ...

ReadMore

「The Beats Decade Collection」が発売中

イヤホン ヘッドホン

2018/6/17

【Beats10周年モデルがカッコよすぎる】「The Beats Decade Collection」が発売中!黒×赤のデザインが最高です!

ストリートの定番イヤホン・ヘッドフォンである「Beats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)」 この度、「Beats Studioオーバーイヤーヘッドフォン」の発売10周年を記念して「The Beats Decade Collection」が発売されました! いや~ほしい! Beatsのブランドカラーである赤をアクセントにデザインされていますが、やっぱりビシッとしてますね~!かっこいいです。 新製品である「The Beats Decade Collection」のラインアップは以下の通り ...

ReadMore

PICK UP!

楽天プレミアムカードレビュー 1

【速報】2018年9月25日より、楽天プレミアムカードにおいて「American Express(アメックス)」の選択可 ...

-イヤホン
-

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2018 All Rights Reserved.