家族 旅行

俺にとってのアメリカ

ついに行ける。

憧れの地アメリカについに行ける!

俺が初めて外国を意識したのは小学生の頃だったと思う。なんかの宿題で冊子を作るというものがあって、その表紙に父さんが適当にスラスラ英語を書いてくれて「英語って言うんだぞ」って教えてくれたのが最初。

その時に英語のビジュアルにやられた俺は事あるごとにアメリカっぽいものを選んでいった。

小学生時代一番良く見た映画は「星の王子 ニューヨークへ行く」っていうコメディ映画。VHSに録画したものを本気で擦り切れるくらい見た。

 

あとはグーニーズやゴーストバスターズ、ゴースト ニューヨークの幻、インディ・ジョーンズなんかもよく見てた。

それとよく覚えているのはNBAのプレイヤーの顔が沢山プリントされたトレーナーを買ってもらったこと。一目惚れしてめちゃくちゃ気に入ってていつも着ていたような気がする。

中学にあがってからはアメリカには少し興味が薄れ、ヤンキーに憧れ始めた。スラムダンク、今日から俺は、ビー・バップ・ハイスクール、カメレオン、特攻の拓のせいだ。

親に反抗しながら茶髪にしたり、夜遊びしたりしたけど、一番つるんでる連れがオシャレ野郎で「ヤンキーはださい」ってことあるごとに言ってて、その影響もありヤンキーにはならなかった。

で、なんとか高校にも進学できて衝撃の出会いが来る。

 

HIPHOPとの出会いだ。

 

ある日隣町の超垢抜けた連れが聞かせてくれて、「なんだこれは...」って脳みそをブチ抜かれるような衝撃だったのを覚えてる。

それ以来HIPHOPにどっぷりハマっていって、クラブに行ったり(当時は未成年でも入れた)、ラップをしていたツレの家で溜まったり、徐々に生活がHIPHOPに染まっていった。

当時日本語ラップは黎明期そのものでめちゃくちゃ盛り上がりはじめていたが、USも当然クソ盛り上がっていた。WU-TANGにNAS、ビギー、2PACとスーパースターがぞろぞろ出てきた時期で、そりゃもう凄かった。

そうなってくると当然再びアメリカというものに興味が出てくるが、海を渡って見に行くという発想まではいかなかった。雑誌や音源越しにあっちの空気を感じたり、想像したり、そんなことが限界だった。高校生だったし。

その後成人してもHIPHOPは聴き続け、俺自身もラップしたりDJしたり、仲間とイベントを企画するようになって、当時の仲間がちょいちょいアメリカに行っていたこともあり、何度か行くチャンスはあった。

あったけど、なんせ金がなかった。ほんとうにビックリするぐらい金がなかった。

もっと言えば、金がなかったことに加え、勤める会社すべて超ブラックばっかりでそんな長期の休みを取ることも不可能だった。

まあ今思えば本気で行く気がなかっただけなんだけどね。

でもねー、憧れたよね。

その頃になるとスカパーなんかでもUS HIPHOPのPVが流れる様になってきてて、あっちの映像を目にする機会がどんどん増えていってた。ダボダボの服装で、タトゥーだらけで、ドープで、イカれたラッパー達の映像が最高にかっこよかった。

ただただ指を加えて見てたよね。

そんなこんなしているうちにUSのスーパースター達が日本に頻繁にライブしに来るようになってきて、情報が入ればどこにでも見に行った。Jay-Z、50CENT、EMINEM、カポーン&ノリエガ、THE GAME、ICE CUBE、WC、XZIBITに関しては3回位見てる。笑

そして日本のスーパースターとも話すようになったりして、もー毎日が意味がわからんくらい楽しかった。

そうなってくるとアメリカに行きたいとかそんなことはどうでも良くなってきて、「日本にいても生活がHIPHOPだから」みたいな。

だけどそんな生活もずっとは続かなかったね。

紆余曲折あり、徐々にHIPHOPからも離れていった。

人生は何をやってもうまくいかない時期ってのがあって、その時はどうにも出来なかった。

そして数年後、今の奥さんと出会って結婚。子供もできて生活からデンジャーな刺激が無くなって、安定という方向に舵が切られていった。

その後は温かい幸せを感じながらブラック企業で働く日々。若い頃からしたらはっきり言って平凡でつまんない生活。

だけど年をとった分、「足るを知る」ってことが理解でき始めていたから不満はなかったさ。

そんなこんなしているうちに、運良く個人事業主になるチャンスに恵まれた。

逃すわけない。何年ブラックで虐げられてきたと思ってんだ。笑

無事、最後の会社の社長とも喧嘩して辞めて独立。ここらへんからだね。視野が広くなってきたのは。

一昨年初めて海外っていうものに行って、去年も2回だけ行った。

1ヶ月とか行ってた時もあったから、外国ってものに免疫も付いた。

で、ついにこの時が来たってわけですよ。

 

 

アメリカさんよー!ついに会えるぞ!

 

はじめはニューヨークに行こうと考えてたけど、なんせ今は真冬。星の王子を体感するにはバッチリだけど、寒いのは苦手なんだよね。

というわけで、カリフォルニアのロサンゼルスに行くことにしたんです。近くにはハリウッドもあるし、少し走ればベガスもある。ついでに言えばXXXも合法。アメリカの洗礼を受けるにはバッチリなんじゃね?ってね。

俺には珍しく7割型予定も組んであって、そのリストも長年の夢を叶えるものばっかり。もー楽しみでしょうがない。

 

父さんの英語から始まった俺のアメリカ。もうすぐそこまで来てる。

 

あとは飛行機が墜落しないことを祈るのみ。

 

▼ ついに!

ロサンゼルスの街並みを写真を撮りながら散策したぜ

続きを見る

 

▼ このキャンペーンのマイルで、余裕で往復できちゃうぜ!

7万マイルゲット
『ANA AMEX ゴールドカード』
【マイル大量獲得!】アメリカやヨーロッパに "無料" で行きたいなら『ANA AMEX ゴールドカード』がおすすめ!

続きを見る

 

▼ 個人事業主、法人の方はこっち!

10万マイルゲット
【10万マイルゲット!】ネットに出てないクレジットカード特別入会キャンペーン
【ここを通せば10万マイルゲット!】アメックスビジネスゴールドカード特別入会キャンペーンを仲介します!

続きを見る

 

おすすめ記事

-家族, 旅行

© 2020 LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに -