パソコン周辺機器

【 レビュー】コンパクトでクールなメカニカルキーボード「Keychron K2」Mac・Windows・ワイヤレス・有線すべてが切替可能!

久しぶりにキーボードを購入しました。

普段使っている「HHKB」には特に不満もないというか、非常に最高なんですが、物欲を刺激されてしまってどうにもなかったんですよね。笑

というのもこの「Keychron K2」はかなり使い勝手が良さそうだったんです。

大まかな特徴はこのあと書きますが、結論から言うと、Windows、Mac、iOSなどの複数のデバイスを使っていて、コンパクトなイケてるブルートゥースキーボードをお探しの方には朗報になると思います!



「Keychron K2」は、かなり使い勝手がいいキーボード

この「Keychron K2」ですが、Kickstarterで6,000人以上の支援者と1,000%越えの資金を調達した知る人ぞ知るのキーボードです。もちろん私もKickstarterで購入しました。

大まかな特徴は、

  • かっこいいビジュアル
  • 機能キーありの84KEYコンパクトキーボード
  • Macレイアウト、Windowsレイアウトにスイッチひとつで切替可能
  • 3つのデバイスに割り振り接続可能
  • ワイヤレス、有線、どちらの接続方法にも対応
  • 4,000mAhの大容量バッテリーを内蔵(最大5週間持続)
  • キースイッチが、青軸、茶軸、赤軸から選択可能

と、こんな感じ。

特にどこに惹かれたかというと、

  • Mac、Windowsの操作が、キー配置変更なしで一つのキーボードで済む
  • 3つのデバイスで切り替え使用が可能(私の場合、Mac mini、Macbook Pro、iPad air)
  • しかも切り替えが簡単
  • ブルートゥース対応

この4点です。

複数のデバイスを使っている方には、機能的にほぼパーフェクトじゃないですかね?

 

仕様

キーの数84キー
スイッチGateron 青軸 / 赤軸 / 茶軸
マルチメディアキーの数15キー
本体の材質ABS /航空機用アルミニウム
キーキャップの材質ABS
電源バックライトの種類18種類
バックライト調節可能な4レベルRGBバックライト
対応OSWindows / Android / Mac / iOS
バッテリー4000mAh充電式リチウムポリマーバッテリー
BT動作時間(シングルLED)最大15時間
BT動作時間(RGB)最大10時間
接続BluetoothおよびType-Cケーブル
Bluetoothバージョンバージョン 3.0
84キーの寸法 / 重量313 x 123 x 38.5 mm / 約875 g
84キーのアルミニウム寸法/ 重量317 x 129 x 38.5 mm/ 約985 g
動作環境10〜50℃

では実機を見ていきましょう!

 

「Keychron K2」実機レビュー

届いた時外箱はボッコボコでした。笑

ちなみに「Keychron」とは、キーボード愛好家のグループによって2017年に結成されたキーボードメーカーです。このK2の他には「K1」という薄型キーボードも販売中。

ナイスなビジュアルです。ビジュアルだけで言えば所有しているHHKBよりも好み。

キーボード自体はUSキーボードです。JISキーボードに慣れている方は最初戸惑うかもしれませんね。

 

機能キーが搭載されている

メディアコントロールキーも搭載

後ほど比較しますが、全体的にHHKBと比べると一回り大きいです。というのもテンキーこそ搭載されていませんが、各種機能キー(マルチメディアキー等)が搭載されているからです。

「PAGE UP/PAGE DOWN/HOME/ENDキー」なんかも一番右列に配置されています。

 

様々なライティングが可能(RGB)

特徴の一つであるライティングですが、モデルにより異なり

  • ホワイトバックライト(LED)のみのモデル
  • 15種類以上のRGBバックライトが搭載されたモデル

の2種類あります。

モデルによってキートップの色が反転しています

個人的にはホワイトバックライトのみで良かったんですが、残念ながら売り切れだったのでRGBの方を購入しました。

RGBライティングは右上のキーで切替可能。

 

高さも2段階調整が可能

裏側に収納式の足がついていますので、2段階の高さ変更可能です。

足を起こすとこんな感じですね。

 

付属品(Mac,Windows切り替えキートップ付き)

付属品は、

  • Type-Cケーブル
  • Windows用キートップ
  • キートップ引き抜きツール

の3つ。

キートップを交換して、Windows,Mac切り替えボタンを使えば、両方の仕様に対応可能です。

 

 各種切替方法

細かな設定方法はクイックマニュアルに書いてありますが、英語なのでちょっとだけ解説します。

左から、

  • 有線ケーブルポート(USB Type-C)
  • Windows / Mac、切り替えスイッチ
  • 優先 / ワイヤレス / 電源オフの切り替えスイッチ

の順番です。キーボードに付いているスイッチ系はこれだけ。

 

MacとWindowsの切替方法

WindowsとMacの切り替え方法は、真ん中のスイッチを切り替えるだけです。

altなどのWindoows用キートップが付属していますので、使う比率が多い方に合わせればいいと思います。

 

ブルトゥースの初期設定や切り替え方法

ブルートゥースは「fnキー」と「1 or 2 or 3」を使います

ブルートゥースは3つのデバイスに同時接続設定が可能。

初期接続は「fnキー」と「1 or 2 or 3」を3秒押し込んで待機状態にして、PC側で設定すればOK。

デバイス切り替えは、「fnキー」と使用したいデバイスに割り振った数字のキーを同時の押すだけ。複数のデバイスが一つのキーボードで済むっていうのは本当に助かります。

あと個人的に気なってたMacbook Proの使いにくいペッタンコキーともおさらばです。

 

文字入力の切替方法

英語や日本語、絵文字等への切り替え方法は、

Windows ⇒ control + スペース

Mac ⇒ fnキー

です。

USキーボードなので少しわかりにくいですが、これで変更できました。

 

HHKBとの比較

こちらが絶賛愛用中の大人気キーボード「HHKB Professional JP Type-S 」との比較です。先ほどの書いたとおりメディアキーなどが搭載されている分、縦横一列ずつ多い感じですね。

あと私のHHKBはJIS配列なのでENTERキーなどの形状も違います。

高さはK2の方が高いです。HHKBはリストレストなしでも問題ありませんが、K2はあったほうが打ちやすいような気がします。

あと打ち心地に関してですが、K2の方は「ザ・メカニカルキーボード」という感じなので、HHKBとは全くの別物。

比較総括するなら、

機能、デザインは、断然K2

打ち心地は、断然HHKB

といった感じです。両極端ですね。笑

 

▼ HHKBのレビューはこちら

HHKB Professional JP Type-S レビュー
「HHKB Professional JP Type-S 」の打感・音が最高すぎて病みつきになるから全力でオススメしたい

続きを見る

 

Keychron K2」をおすすめできる人は?

実際に使ってみて感じるのは、「これでHHKBの打ち心地なら超パーフェクトなのに...」って感じです。

それぐらい機能は完璧だし、デザインも最高。

といってもメカニカルスイッチなので、メンブレンスイッチよりかは全然打ち心地いいですよ?HHKBが異常なんです。笑

なので、オススメな人とと言われれば、「複数のデバイスを使っていて、切り替え機能やデザインに惹かれた人」ということになると思います。

値段もこのクラスにしてはかなり安いと思うんんで、気になった方は是非!

▼ 東プレ REALFORCE R2 「PFU Limited Edition」のレビューもどうぞ!

【レビュー】東プレ REALFORCE R2 「PFU Limited Edition」ブラックモデル購入!でも逆に悩みが増えた!?

続きを見る

おすすめ記事

-パソコン周辺機器
-,

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2019 All Rights Reserved.