パソコン周辺機器

「HHKB Professional JP Type-S 」の打感・音が最高すぎて病みつきになるから全力でオススメしたい

更新日:

買いました。

ハッピーハッキングキーボードを。

別名『高級変態キーボード』

値段?高いです。正直高い。「キーボードで3万とか冗談でしょ?」って思いましたよ。最初はね。

だってこれに変える前のキーボードはエレコムのキーボードで2000円だったんですから。

ちなみに2000円のキーボードも問題なく使えます。

使えますが、使えるだけですね。

HHKBに比べたらウンコです。

3万円には3万円の理由があるって触ってみてよくわかりました。

気持ち良くタイピングしたならそれなりの金を出せってことです。

3万出したかいがありましたよ。まじで。

今日はそんなお話。

 

 

HHKB Type-S 第一印象

一週間も悩んでないでもっと早く買っておけばよかった。

このキーボードマジで最高です。

PC触りだして15年位。数々のしょぼいキーボードを渡り歩いてきた私にとってちょっと衝撃的過ぎましたね

なんですかこの「スコッ」っていう気持ちのいい打感は!

「スコスコスコスコ…」

最高すぎるんですけど!

打ってて癖になるし、打っててすっげー気持ちいい!

今こうやって良さを伝えながら、打ち心地に酔いしれてる。

それに音がいい!

「シュコシュコシュコシュコ」

あ~癖になる!マジで癖になる!慣れたくない!まだ慣れたくない!ずーっとこの感動を味わっていたい!

今こうやって打ってるだけでめっちゃ楽しいです。

 

 

HHKB(Happy Hacking Keyboard)とは?

HHKBとは、PFUが販売するキーボードのブランドである。 ヘビーユーザー向けの高級ブランドとして知られ、プログラマーを中心に人気を博している。 HHKBは「プロが必要とするキーのみをタイピングしやすい位置に配置」するという理念に基づき開発された。

-HHKBとは - Google 検索より引用

簡単に言っちゃえば、マニアを虜にしている特殊な高級キーボードって感じですよ。

それにどうやら去年20周年だったみたいで、歴史を紐解いた特設ページがあったので詳しくはそちらを見てください。

関連 HHKB 20周年特別サイト

私も時間が空いたらじっくり読みます。それぐらいハマってる。

 

Type-Sとは?

Professionalシリーズをベースに高速タイピング性(Speedy)と静粛性(Silent)を向上し、長時間の使用にも疲れにくい最高水準のキータッチはそのままに、より快適なタイピング感を実現した、タイピングへのこだわりが生み出したスペシャルモデル。

-Happy Hacking Keyboard | HHKB Professional2 Type-S | PFUより引用

要はこの「Type-S」は、他のHKKBより静かってことです。カチャカチャ音が30%減ってるそうな。

30%って言うけど、自分みたいな深く押し込まないタイプの人間はほぼカチャカチャ音しませんからね?

シュコシュコ、スコスコの「S」だと思ってますよ。ええ。

 

動画で音をチェック!!

これを読んでる人にもこの気持ち良い音を聴いてもらいたくてYouTube漁ったんですがダメですね。

反響音を拾っちゃてて実際の音と微妙に違います。

動画みると結構カチャカチャいってるんですが、実物は「シュコシュコ、スコスコ + 底をついた時の湿った低音」て感じなんですよね。

どうにかして伝えたいんですがねえ。難しいなあ、。。

まあ強いて言うならこの動画の音が結構近いですかね。(前半です。)

 

タイプミスが激減した

タイピング正直いってあまり得意ではないです。

今まで使ってきたキーボードがスリムタイプっていうか、ボタンのストロークが浅いものばかりだったのもあって、特にこういったストロークが深いタイプのキーボードは苦手でした。

でもですねえ、このキーボードは高いだけあって特別ですわ。

「静電容量無接点」とかう方式みたいで、底まで押し込む必要が無い!軽く触るだけで反応してくれる!

ですので浅いキーボードに慣れていた私にも難なく使えるというか、すごく快適に使えてます!信じられない。。。

なんでしょうね、このキーボードはww

 

 

 

HHKB Professional JP Type-S を買った理由

私が買った「HHKB Professional JP Type-S」は、日本語配列です。

なぜ日本語配列にしたかというと、矢印キーが独立しているのがこれしかなかったから。

US配列はFnキーと同時にキーを押す必要があって、それをやる自信がなかった。レビュー読んでると「すぐ慣れる」とは皆さん言ってるんですけどね。

あと、ほんとはブルートゥースモデルが良かったんですが、BluetoothモデルにType-Sがないんですよね。なんででしょ?

欲しい機能の優先順を追っていったら、このJPモデルになったというのが正解ですね。

  1. Type-Sの打音がいい
  2. 矢印キーが独立してほしい

もうこの時点で「HHKB Professional JP Type-S」に決まってしまうんです。

 

HHKB Professional JP Type-S の不満点

めちゃくちゃ気に入ってますが不満点もあります。

ブルートゥースモデルとこのモデルだけ、USBポートがないんです。

他のモデルは背面にUSBポートが有るんですよね。そこからデータの転送なんかが出来たりしてめっちゃ便利そう。ほんとに欲しかったー

それだけかな。不満点は。

 

他にリストに上がったキーボード

月並みですが、「東プレREALFORCE」や「FILCO」もリストには上がりました。

毎日毎日動画を見まくって、レビューサイトを見まくってましたが、やっぱり勝てませんでしたね。この音には。

この音はHHKB Type-S 独特の音で他のキーボードには出せない音だったのが決め手でした。

この音に惚れちゃったんです。

 

 

でもなんかに似ているな~と思ったら…

この決して一般向けではないこだわりの詰まった感じ、何かに似ているな~ってずーっと思ってたんですが分かりました。

高級デジタルカメラの『RICOH GRシリーズ』です。

似てますよね〜 同じ匂いがします。

使う人を選ぶとまではいいませんが、どちらも少し変わった人が好むアイテムみたいですからね。非常に近いものがあると思います。

そんな私もGR2の使い手です(このページの写真も全てGR2で撮影)

 

試打をしないで3万出す恐怖

このType-Sは、どこに行っても実機を触れないようなんです。他のHHKBは置いてある所あるみたいですがね。Type-Sはないみたいなんですよ。

ですからもう一か八かですよ。ほんとに。笑

レビュー読んで、動画見まくって、欲しい気持ちが抑えきれなくなったら一か八かで買うしかないという恐ろしいキーボード。それが「HHKB Type-S」です。

 

機能面について

これはタイピング下手くそな私が語ることじゃないと思うんで語りません。

気になる方はご自身でググってください。

またそれが欲求を加速させるんですがね。

 

それにしても見た目がいい!

う~ん、このビジュアルたまりません!

HHKBには『』という黒系のモデルもありますが、わたしはこのオリジナルカラーに凄く惹かれました。

AKAI MPC4000で言うところの青より白って感じですね 1000で言えば黒より青って感じです。あ、1000は黒のほうがカッコイイか。

それにキートップも印字なしモデルとかもあるんですよね。私は印字なかったらまともに打てませんので選択肢には入りませんでしたが、プロは惹かれるかもしれません。

そしてこの小じんまりしたサイズにガッツリ詰まってる感じ、最高ですね!

 

まとめ

買えば分かるこの感じ。

是非!

「HHKB Type-S」の打感・音が最高すぎて病みつきになるから全力でオススメしたい

-パソコン周辺機器

Copyright© BACKFLOW , 2017 All Rights Reserved.