カメラ

Lightroomを直感操作できるMIDIコントローラー「Arturia BEATSTEP」を導入 / 設定方法を徹底解説

Lightroomを直感操作できるMIDIコントローラー「Arturia BEATSTEP」を導入 / 設定方法を徹底解説

 

「Lightroomの操作方法なんとかならないんだろうか。もっと直感的に操作したいんだよね...」

 

こんな風に常々思ってたんですが、ちょっとググったら「MIDIコントローラーを使えば直感操作できる」という情報をゲット。MIDIコンといえばDTMをやっていた頃に使っていましたが、まさかLightroomでも使えるとは。

 

MIDIコントローラーとは?

MIDIコントローラーとは、ソフト内でマウス操作していた項目が、ノブやスライダー、パッドで直接動かせるようになる機材です。一般的には音楽ソフトに使う場合が多いですが、「MIDI2LR」というプラグインを使えば「Lightroom」にも使えるようになります。

 

しかし注意事項もありまして、

  • 「Lightroom Classic CC」でしか使えない
  • MIDIコントローラーの種類によっては、逆に使い勝手が悪くなってしまう恐れも

まず普通の「Lightroom CC」では使えません。「Lightroom Classic CC」のみです。

MIDIコンの種類についてですが、ノブの回転に両端がなく、永遠にぐるぐる回るもの(無限回転ノブ)をチョイスしないと、「一回一回センターに戻してあーだこーだ...」やらないといけなくなるらしいんですよね。

上記を踏まえた上で色々調べて見たところ、どうやらこの3機種が人気のようです。

 

Lightroom にオススメなMIDIコントローラーはこの3機種

「これを買えば間違いない」という3機種を紹介します。

Loupedeck Plus

Lightroom専用コントローラー「loupedeck」、ビジュアルも一番カッコいいです。

下で出す2機種は購入後色々設定しないといけませんが、「loupedeck」は専用コントローラーなのでその必要はありません。

だけどちょっと高い!

 

ベリンガー X-TOUCH MINI USBコントローラー

こちら「ベリンガー X-TOUCH MINI USBコントローラー」はLightroom専用コントローラーではないので、自力で初期設定が必要。

オススメポイントとしては、ノブも無限回転ですし、ビジュアルもカッコよくて、且つ安いです。

ただ、ノブの数が少ないのと、現在入手困難ということなんで、そのあたりよく考えて購入したほうがいいかも。

 

ARTURIA BEATSTEP BLACK EDITION MIDIコントローラー

そして今回私が購入したのがこの「ARTURIA BEATSTEP」です。

自力で初期設定は必要ですが、パッドとノブの数が多いことが決め手になりました。もちろん無限回転ノブです。いちいちテーブルを切り替えるのは面倒ですからね。

ただ、デザインがいまいちなんですよね... 「MPCstuff」という機材をペイントしてくれる業者がいるんですが、やってくれそうならそこに出そうか悩み中です。

 

「ARTURIA BEATSTEP」を購入!徹底レビュー

「ARTURIA BEATSTEP」を購入!徹底レビュー

というわけで購入しました「ARTURIA BEATSTEP BLACK EDITION MIDIコントローラー」です。これはブラックエディションですが、白バージョンもあります。

ノブとパッドがそれぞれ16個づつあります

ノブとパッドがそれぞれ16個づつあります。ここに各項目(露出やコントラストなど)をアサインしていくというわけです。

それにしてもなんで差し色を水色にしちゃったかな〜 

他の色ならもっとカッコ良くなったでしょーに...

背面にはロゴがあります

背面にはロゴがあります

ポート類は左側ですね。

ポート類は左側ですね。個人的にはBluetoothか右側の方がよかったな〜って思うんですけどね。

裏面にはゴム足ありです。

裏面にはゴム足ありです。

 

「ARTURIA BEATSTEP」付属品

「ARTURIA BEATSTEP」付属品

  • 本体
  • クイックスタートガイド
  • CD-ROM(日本語マニュアル)
  • シリアルナンバー&アンロックコード
  • 日本の販売店の保証書(アマゾンで買った場合
  • TRS to MIDIケーブル
  • ミニUSB to USBケーブル
  • CV/GATEケーブル ×2(おまけ?)

色々入ってますが、使うのは「ミニUSB to USBケーブル」のみです。

 

「ARTURIA BEATSTEP」を「Lightroom」で使えるようにする設定方法を解説

「ARTURIA BEATSTEP」を「Lightroom」で使えるようにする設定方法を解説

サードパーティ製の使い方なんでややこしい設定を覚悟していたんですが、終わってみたら意外と簡単でした。

大まか流れを紹介しますと、

  1. ARTURIA 公式ページ」にて、シリアルナンバーとアンロックコードを登録
  2. 「BEATSTEP」のドライバーをインストール
  3. ノブを相対値に設定する
  4. 「BEATSTEP」をPCに接続
  5. MIDI2LR」というプラグインをインストール
  6. 「Lightroom Classic CC」を起動
  7. 同時に立ち上がる「MIDI2LR」で、項目をノブやパッドにアサインしていく
  8. 設定を保存

こんな感じです。

私の場合、この順序を無視してどんどんやっていったのでエラーが出たりしましたが、この順序で進めていけば問題なく使えるようになると思います。

 

step
1
公式サイトで、シリアルナンバーとアンロックコードを登録

公式サイトで、シリアルナンバーとアンロックコードを登録

まず「ARTURIA 公式ページ」にて、同梱されているシリアルナンバーとアンロックコードを登録します。アカウントがない方は作る必要があります。(私の場合、これをやってなかったせいか機材がドライバーとシンクロしませんでした。)

 

step
2
「BEATSTEP」のドライバーをインストール

「BEATSTEP」のドライバーをインストール

BEATSTEP」のダウンロードページにてドライバーをダウンロードしてインストールします。

 

step
3
ノブを相対値に設定する

ノブを相対値に設定する

インストールしたらソフトを起動して、ノブの設定を全て「Relative #1」に変更します。これでノブが相対値で回るようになります。

設定の仕方は、ノブをマウスでクリックして、下のオプションという項目で設定するだけです。

 

step
4
「BEATSTEP」をPCに接続

「BEATSTEP」をPCに接続

付属の「ミニUSB to USBケーブル」を使ってPCに接続します。他のケーブルは使いません。(画像は私物のケーブルですので黒ですが、付属品は白です)

 

step
5
「MIDI2LR」というプラグインをインストール

「MIDI2LR」というプラグインをインストール

MIDI2LR 公式サイト」からプラグインをダウンロードしてインストールします。普通のソフトのようにナビに従ってインストールすればOKです。(この際に「Lightroom」は起動してなく大丈夫です。)

ちなみに今回最新のベータ版をインストールしましたが、一部おかしなところがあるので正式版の方がいいかもしれません。

 

step
6
「Lightroom Classic CC」を起動

「Lightroom Classic CC」を起動

「Lightroom Classic CC」を起動した時に、先ほどインストールした「MIDI2LR」が自動的に立ち上がればここまでの設定はうまくいっています。

※ 普通の「Lightroom CC」では起動しません。

 

step
7
項目をノブやパッドにアサインしていく

項目をノブやパッドにアサインしていく

無事立ち上がったら、ここで「Lightroom」の編集項目をノブやパッドの振り分けていきます。

 

好きなものを割り振っていきます。

最初はこんなに沢山こんなに出てきません。

実機のノブやパッドを触ると赤枠の「MIDIコマンド」が出てきます。出てきたら緑枠の「LRコマンド」をクリックするとの編集項目がズラーっと出てきますので好きなものを割り振っていきます。パッドも同様です。

 

「バイナリオフセット」を選択し、すべてに適応をクリック。

どこでもいいのでノブに割り振ったLRコマンド上で右クリックすると、上のようなウインドウが出てきます。出てきたら「バイナリオフセット」を選択し、すべてに適応をクリック。

赤枠の「解像度」はノブの感度になりますので、「Lightroom」上でゆっくり動かしたい場合は数字を上げればOKです。(ちなみに私は露光量だけ900で、他の項目はそのままにしてあります)

 

step
8
設定を保存

すべて終わったら設定を保存して完了です。

 

ちなみに私のプロファイルはこちら

ちなみに私のアサインはこちら

まだ全てのノブやパッドに割り振っていませんが、現時点ではこんな感じ。

ノブを使った調整ももちろん便利ですが、ひょっとしたらパッドに振った項目の方が有難いかもしれません。私自身ショートカットキーを使えないので、初期化やUNDOをパッド一つで出来るっていうのはかなり捗りますね。

基本的には全ての項目を振ることができますので、よく使う項目を振れば捗ること間違いなしです。

 

「Lightroom Classic CC」に「ARTURIA BEATSTEP」を導入した まとめ

「Lightroom Classic CC」に「ARTURIA BEATSTEP」を導入した まとめ

挙動に関してですが、基本的は問題ありません。問題ありませんが、うまくシンクしなかったり、突然プラグインのみ落ちてしまうこともたまにあります。(ベータ版を使っているせいかもしれません)

ですので、安定を求めて少しでも快適にしたい方は、少し高いですがLoupedeck Plus 」にした方がいいかもしれません。

「とりあえず導入してみたい」という感じなら、「ARTURIA BEATSTEP」でも全然問題ないと思います。

こんな方におすすめ

  • 直感操作がしたい
  • ショートカットが苦手
  • 「Lightroom」のヘビーユーザー
  • こういった機材が大好き

間違いなく時間短縮やストレス軽減に繋がりますので、選択肢の一つに入れてみてもいいと思います!

「Leica M9」を購入した理由と作例

カメラ

2019/7/4

「Leica M9」を購入した理由と、ちょっとだけ作例も載せてみる

カメラ

2019/3/7

ライカストア京都店で「Leica M9」をレクチャーしてもらってきた【作例あり】

カメラ

2019/2/28

【レビュー】BARTON1972「Whip (ウィップ)」本皮を編み込んだクラシカルなカメラストラップ

カメラ

2019/2/28

【作例あり】フィルムカメラ「Canon Ⅳ SB」を購入!オールドレンズ「SERENAR 50mm F1.8」とともに紹介

【2019年版 カメラ買取サービス5社比較】有名買取業社の価格・サービスをまとめ

カメラ

2019/9/4

【2019年版 カメラ買取サービス5社比較】有名買取業社の価格・サービスをまとめてみました - SONY・CANON・FUJIFILM・OLYMPUS -

おすすめ記事

-カメラ
-

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2019 All Rights Reserved.