カメラ

【注意点あり】「FUJIFILM X-T4」と一緒に買ったもの

先日「NIKON Z6」から乗り換えた「FUJIFILM X-T4」ですが、いやー最高ですね!物理ダイヤルで直感操作が、自分には本当にむいてるんだな〜と実感しまくっています。

ただ、一緒に購入した「XF 56mm F1.2 R APD」はオートフォーカスがまあまあ遅いんで「んー...」となったりもしてますが。笑

 

Z6さようなら。MY ルーツ「FUJIFILM」に戻ってきた。

続きを見る

 

というわけで今回は「X-T4」を購入した際に一緒に買ったものを紹介してみようかと思います。

評判のいい純正バッテリー充電器や、バッテリーの持ちに合わせたベストなSDカードなど紹介しますので、これから購入をお考えの方は参考にしてみてください。



「FUJIFILM X-T4」と一緒に買ったもの まとめ

今回一緒に購入したのは、

  • デュアルバッテリーチャージャー BC-W235
  • リチウムイオンバッテリー NP-W235 
  • SanDisk SDHCメモリーカード 32GB UHS-II エクストリームプロ × 2
  • デラックス ソフトリレーズボタン
  • ハクバ 液晶保護フィルム

の5つ。

ちなみに、開封してビックリな注意点もありました。

 

デュアルバッテリーチャージャー(BC-W235) & リチウムイオンバッテリー(NP-W235 )

X-T4は本体のUSB充電が可能ですが、さすがにそれだけでは心もとないので「バッテリーチャージャー」と「予備バッテリー」も購入しました。2つとも純正です。

 

X-T4はバッテリーの持ちがかなりいいと評判ですが、それでもやっぱり2つあると安心感が違いますね。充電のし忘れにも対応できますし。

バッテリーチャージャーは、充電中に現在の充電%が目視でわかる仕様になっており使い勝手は最高。

 

ですが、早速充電してみたところ一方しか充電されません。「なんでだ?」と思い調べてみると公式ページに、

 

※ BC-W235で充電する際は、X-T4に同梱されているACパワーアダプター(AC-5VJ)とUSBケーブル(TypeC)が必要です。

 

と注意書きが書かれていました。

(使うつもり無かったんだけどな〜)なんて思いつつ純正ACアダプタを使用してみると、

 

無事2つ同時に充電されました。%もしっかりと表示されています。

ちなみに、PD対応のACアダプタ(30W)でもデュアル充電できましたので、お持ちの方はそっちでも代用できますよ。

▼ これでいけました

【レビュー】RAVPower 61W急速充電器「RP-PC105
【レビュー】RAVPower 61W急速充電器「RP-PC105」 やっぱりUSB-C & USB-Aの2ポートはあったほうがいいよね【PR】

続きを見る

 

SanDisk SDHCメモリーカード 32GB UHS-II エクストリームプロ

SDカードも新調しました。というのも「Leica Q2」用で買ったこのSDカードが、読み書き共に高速で非常に調子が良かったんです。

せっかくなんでX-T4もこれを使おうと思ったわけですが、値段がなかなかするという現実が..。なので無駄のないよう計算してみました。

SDカードが空の状態でX-T4に表示される残撮影枚数を見てみると「32GBの場合、FINEで1992枚、RAWで533枚」となっておりました。

FUJIFILM公式の発表によれば「約500枚の連続撮影が可能(おそらくRAW?)」というこのですので、一つのバッテリーあたり32GBでちょうどいいい計算になります。

というわけで、X-T4はデュアルスロットですし、予備バッテリーもあるので、32GBを2枚で完璧という布陣に。

でももっと安かったらこんな計算せずに64GB2枚とかやるんですけどね。なんせ高すぎます。

ちなみに予備バッテリーを購入するつもりのない方は、16GB2枚でちょうどいいと思います。(あくまでバッテリーを充電しない前提です。)

 

デラックス ソフトリレーズボタン

リレーズボタンは正直どっちでも良かったんですが、色々買い揃えたい欲に負けました。

といっても変なデザインだったら買っていません。いい感じのがあったんです。

 

そうです、変なおじさんです。じゃなくて、そうです、X-T4のダイヤル類と同じ仕様のものがあったんです。

 

ダイヤカットっていうんですかね?サイドのデザインが他のダイヤル類とよく似ています。まるで純正のよう。

 

肝心な押し心地ですが、はっきり言って好みが分かれると思います。取り付けると、X-T4のシャッターボタンに元々ある遊びの部分が強調されるのでグラグラ感は否めませんが、そこまで悪い感触ではないという感じ。気になる方はヤフオクで安く売ってるんでお試しを。

 

カメラ周りを新調するのは楽しい

これが今回買ったX-T4周りの品々です。

利便性は間違いなく上がったんでいいんですが、それにしてもそれぞれイチイチ高いのなんとかなりませんかね?

「フルサイズに負けない画質と、カメラ機材を安く揃えれるというメリットも踏まえてAPS−Cにこだわっている」というフジの信念が揺らいでいませんか?

いや、逆か!安くやってくれてるんだから備品系くらいは消費者が好意で奮発するべき!と。なるほどね...

というわけで、互換品もまだ出ていないようですし、頑張って純正品を揃えましょう!

では。

 

 

 

おすすめ記事

-カメラ
-, ,

© 2020 LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに -