タトゥー

【私とタトゥー】ファーストタトゥー - In the case of LIAB -

先日、私が仲良くさせてもらっているタトゥーアーティストさんのスタジオに遊びに行ってきた。

そのアーティストさん(Aさん)とは、私が二十歳の時にファーストタトゥーを入れてもらった時からの付き合いになる。あれからもう十数年、あっという間だった。



近況

この十数年の間に色々な変化があった。

私は家庭を持ち子供を授かり、9月には2人目の子供も生まれる。

一方Aさんのほうは、現在のタトゥーを取り巻く状況に翻弄されることなく、拠点を海外に移すべく色々頑張ってるようだ。

私の人生も色々あったので、途中会わなくなった時期もあったのだが、またこうやって遊べるようになったのは嬉しい限りだ。

昔を思い出しいい気分なんで、今日から何回かに分けて、私がタトゥーと共に過ごした若い頃の話を書いていこうと思う。

 

HIPHOP LIFE

私は二十歳でファーストタトゥーを入れた。きっかけは当時大好きだったHIPHOPアーティスト達の影響だ。

その頃の自分は、生活の全てがHIPHOP。イベントを主催し、DJをやり、マイクを握り、週末平日問わずクラブで朝まで遊ぶという生活をしていた。

しばらくそんな生活をしていると、不思議と自分がHIPHOPそのものになったという気分になってくる。自分が日本人であるということは全く関係なくなり、全ての感覚が本場アメリカのそれに近くなっていく。

 

その中にタトゥーも入っていた。

 

HIPHOPに染まれば染まるほど、タトゥーを入れたいという欲求は強くなっていき、その感情が誰も止めれないほどに膨れ上がった時、私はタトゥースタジオのドアを叩いていた。

 

私はタトゥースタジオのドアを叩いていた。

 

タトゥースタジオの壁はフラッシュ*1で埋め尽くされており、それが醸しだす雰囲気は非日常そのものだった。

 

今までとは全く違う世界の入り口に立っている。

 

そんな気分にさせられた。

 

ファーストタトゥー

ファーストタトゥーは思い入れのある「言葉」にした。ラッパーが入れるタトゥーといえば、言葉だ。

デザインを決め、彫る位置を決め、Aさんがマシーンをセットし終わると音が聞こえてきた。

 

「ジッ、ジッ、ジーーーーーー」

 

(もう後戻りはできないな)

 

そう心の中で思ったのを覚えている。

タトゥーマシン

筋彫りにボカシを入れただけだったこともあり、1時間ほどで終わった。思ったほど痛みはなく、

(こんなもんか…)

というのが正直な感想だった。

 

「タトゥーを入れたって人間変わらない」という人もいるが、それは間違ってると思う。多分入れたことのない人の言葉だろう。

入れた直後は、今までの自分からバージョンアップした気分で満たされていた。所詮外見の話だが、当時の私は「特別な何か」を手に入れたような気がしていた。

 

いや、実際に手に入れてたんだな。

 

タトゥーを入れたことによって、私が望む世界で貴重な経験ができた。仲間が増えた。中途半端な連中と一線を画すことができた。それは事実だ。

そして「ファーストタトゥー」以降も、私はタトゥーを入れ続けた。より深い場所に到達するために…

 

俺はお前らと違うんだよ。

念願のタトゥーを入れたことによって、後ろめたさがなくなった俺は無敵そのものだった。

 

「俺はお前らと違うんだよ。一緒にするな。」

 

そんな気分だった。

実際のところ、タトゥーを入れたぐらいでそんな差は生まれない。当たり前だ。肌に絵を描いただけなんだから。笑

でも当時の俺は最強のアイテムを手に入れたかのように振舞っていた。

普段はタトゥーを隠していたが、夜の街やクラブではこれみよがしに出していた。

世間ではタブー感や軽蔑差別そんな風に晒されるタトゥーだが、クラブという空間ではそれが一変する。それが最高に気持ちよかった。

今は色々な価値観があるのがわかるからそんな風に思わないが、当時は自分のその感覚に全く迷いがなかった。

「若さがなせる技だった」と、思い出すとちょっと笑えてくる。笑

 

若さの終焉

人は色々な失敗を繰り返し、時に傷つけ、傷つけられ、ちょっとづつ「人の気持ち」ってやつを理解するようになり、やがて本当の大人になっていく。

それは当然自分にも当てはまっていた。

ただ自分の場合それに加え、好き勝手やってきた「ツケ」を払わなければならなかった。

そのツケは今まで経験したことの無い「闇」を連れてきた。

目の前が真っ暗になり、生きる力を失った。生と死について考えた。

一瞬だけ死に傾いた瞬間があった。

 

でも踏みとどまった。

 

そこのラインで何故踏みとどまれたのかは分からないが、死に対する恐怖じゃなかったのは確か。生に対する執着だったのかな。

それからは意識的に余分なものをそぎ落としていった。見栄やプライドといったどーでもいい類のものを。

 

そうすることで見えてきた世界は全く違うものだった。

 

もちろんタトゥーを含め、自分の過去に後悔なんかしちゃいない。逆にやりきった感があって爽快なくらいだ。「もう一回やるか?」って聞かれたらやるだろうな。 それ位楽しかった。

でもその先に待っていたのは闇だったっていうのは、きっとそういうことなんだろうなぁ。

 

このコラムを書いた人

LIAB(@LIAB78)当サイトの管理人。

 

あなたのタトゥーへの思いを書いてみませんか?

現在「LIABLIFE」では、タトゥーに関するコラムを執筆してくれる方を募集しています。

「タトゥーへの思い」「入れたきっかけ」「発信したいことがある」などなど、内容は自由に書いて頂いて大丈夫です。

少しでも興味がある方は、是非ご参加ください。

お問い合わせはこちらから

※ 僅かながらですが謝礼もご用意しております

 

 

タトゥー 痛い

タトゥー

2019/8/1

タトゥーはどれ位痛いのか、どんな痛みなのか、実際に入れている私が教えます!

タトゥー

2019/7/29

【最強のタトゥー隠しあり】シール・サポーター・ファンデーション等、色々な場面で使える商品を紹介します。

タトゥーを消す方法 まとめ

タトゥー

2019/8/1

【タトゥーを消す方法 まとめ】レーザー除去・手術から、スプレーからメイクまで徹底解説【刺青・入れ墨】

タトゥー

2019/1/15

かっこいいタトゥーデザイン探すなら「World Tattoo Gallery」で決まりデス!

【タトゥーシールの作り方】タトゥーを入れて後悔する前に試してみては?

タトゥー

2019/10/23

【タトゥーシールの作り方】タトゥーを入れて後悔する前に試してみては?

タトゥーOKの施設検索サイト『タトゥースポット』

タトゥー

2019/7/29

タトゥーOKの施設検索サイト『タトゥースポット』旅先などで大活躍しますよ!【入れ墨嫌いな人にも】

*1:TATTOOのデザインの見本みたいなもの

おすすめ記事

-タトゥー
-,

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2019 All Rights Reserved.