イヤホン

【イヤホンレビュー】SONY EX MDR-EX650は、音質が良くて疲れないイヤフォンだった!

更新日:

最近、何かと歩いて出かける用事が多かったのと、アップルミュージックのあり得ない良さにやられてしまっていたので、「イヤフォン欲しいなぁ」と思っていました。

色々悩んだ末に手始めに「SONY EX MDR-EX650」を買ってみました。

結果は大正解!

詳しく解説します。

 

 

 

レビュー

約2週間使ってみたところの感想は、

バッチリです!(゚∀゚)

これは買ったから言ってるのではなくて、使っててホントに快適なんです。

今ままでのイヤホンのイメージは、「長時間聴いていると疲れてしまう」もしくは「耳が痛くなってしまう」というものだったんですが、「SONY EX MDR-EX650」に関しては、それが一切ありません!凄く快適です!

開封

外箱です。真鍮製をアピールしていますね。

【イヤホンレビュー】SONY EX MDR-EX650

中身はこんな感じ

SONY MDR-EX650 付属品

付属品は、

  • ハイブリッドイヤーピースSS/S/M/L(各2)
  • コード長アジャスター
  • キャリングポーチ(バネタイプ)

という感じです。

ちなみに色は、シルバーとゴールドの2種類あります。

特徴

サウンド面

トランペットやトロンボーンなどの金管楽器でも使われる真鍮(しんちゅう)をハウジングに採用。不要な振動を抑制し、低音域でのスムーズなレスポンスと輝きのある鮮やかな中高域を実現します。また、音の要となる音導管の材料にも真鍮(しんちゅう)を採用。音導管の強度を保ちながら内径を従来に比べて約15%拡大することで、抜けのよいクリアな高音域を実現します。

-MDR-EX650 特長 | ヘッドホン | ソニーより引用

公式ではこんな感じで謳っていますが、確かに「中高音のクリアさを感じさせつつ低音もしっかり効いている」といった感じです。(真鍮のおかげかな?)

「音悪いなぁ…」といった感想は、よほどのマニアでもない限り出ないと思います。コスパ最高ではないでしょうか。

 

装着感

先程も言いましたが、長時間つけてても全然痛くなりません!これってかなーり重要ですよね。

SONY MDR-EX650 装着感

2種類の硬度のシリコンを組み合わせたハイブリッドイヤーピースを採用。芯の部分は硬い素材を用いることで音の通路の形状を保持し、先端の潰れによる音質劣化を防止。外側の部分は柔らかい素材を用いることで耳へのフィット感を向上。密閉度を高め、長時間でも快適な装着性を実現します。

-MDR-EX650 特長 | ヘッドホン | ソニーより引用

納得です。

コード

実は、最初に気になったのが「コードの仕様」でした。

SONY MDR-EX650絡まらない

コード表面に細かい溝があり、これのおかげで絡みにくい仕様になっております。

コード自体も、使用時に変にヨレたりせず、スーっとストレートな感じでキープされています。これは何気にありがたいですね。

SONYの気遣い

付属品に、こういったバネ式のガマ口袋と、コードスライダーがついています。

SONY MDR-EX650ポーチ コードスライダー

 

 

まとめ

私が思う「どういった人におすすめか?」なんですが、

  • 中華製の安物はお断り
  • だからといって高級品は必要ない
  • 耳が痛くなるの勘弁
  • ある程度、音質がいいものがいい

こんな感じになると思います。

不満な点

これも伝えとかなければならないと思うんですが、正直ないんですよね。すいません。笑

あとはAmazonのレビューなんかを参考にながら、吟味してみてはどうでしょうか?

というわけで、「SONY EX MDR-EX650は音質が良くて疲れないイヤフォンだった!」でした!

では!

その他のイヤホンレビューはこちら

【イヤホンレビュー】SONY EX MDR-EX650は、音質が良くて疲れないイヤフォンだった!

-イヤホン

Copyright© BACKFLOW , 2017 All Rights Reserved.