スマホ ファッション

【2018年版】おしゃれなスマートウォッチを厳選して紹介【対応機種表示あり】

更新日:

スマホを『HUAWEI P10』に乗り換えたことをきっかけに、スマートウォッチが欲しくなってきた今日このごろ。

以前も気になったことはあったんですが、当時売っていたスマートウォッチは正直ビジュアルがダサいものばかりでしたので見送ってました。

ですが最近は、普通につけれるレベルのかっこいいスマートウオッチがチラホラでてきてるなぁ〜と感じます。

いい機会なので探すついでに幾つかリストアップしてみようと思います。

 

 



 

スマートウォッチのチェックポイント

スマートウォッチの基本情報について、いくつか解説しておこうと思います。(ご存じの方は飛ばして下さい)

スマートウォッチとは、身につけて携帯する端末(ウェアラブル端末)の一種で、腕時計型端末のことを指します。

 

スマートウォッチで出来ること

スマートウォッチで出来ることは、端末によって様々です。

スマートフォンとの連携することにより、アプリやメール、着信の通知も可能になります。

また、心拍計やGPSなどを搭載し、スポーツやアウトドアに特化したもの多く存在します。

機能そのものが、そのスマートウオッチの特徴になりますので選ぶ際はそこに注目しましょう。

 

注意点

スマートウオッチには、3種類のOSが存在します。

  • watchOS(アップル)
  • Tizen(サムスン)
  • Android Wear(グーグル)

連携するスマートフォンが対応しているかどうか、買う前に確認しましょう。(記事内には対応機種掲載済みです)

 

おすすめ人気スマートウォッチ

ニューバランス(New Balance) Run IQ

ニューバランスから発売されているランナーによる、ランナーのためのスマートウォッチ「Run IQ」です。

その名前の通り、ランニングやトレーニングに特化したスマートウォッチになります。

発売元がニューバランスというのが、かなりそそられます。

特徴

  • 心拍数をリアルタイムでモニタリング
  • 内蔵GPSでランニングコース、ペース、距離を記録
  • SNSの通知に対応

対応機種:iOS 8.2以上、Android 4.3以上

 

 

 

タグホイヤー(TAG HEUER) コネクテッド モジュラー45

ストラップ、モジュール、ラグを組み合わせて、自分だけの時計を作成できる『コネクテッド モジュラー45』

GoogleおよびIntelとのコラボレーションで製造されたスイス製時計というだけで、かなり差別化されると思います。

タグホイヤーだけあって他に比べると少々値段も張りますが、その価値は十分あるでしょう!

特徴

  • ストラップ、モジュール、ラグの組み合わせを自分で選べる
  • 文字盤をカスタマイズ可能(4000通り)
  • Android Wear搭載で機能がかなり豊富

対応機種:iOS 9以上、Android 4.4以上

 

Huawei Watch 2

普通にカッコイイと思うのは私だけでしょうか?

トレーニングに重きをおいたタイプのスマートウォッチですが、Googleアシスタント搭載など機能面も充実。

私自身「Huawei P10」を使っているのもありかなり欲しい。。

特徴

  • ステンレスの6倍の強度を持つセラミックベゼル
  • カスタマイズ可能なウォッチフェイス
  • コーチング&GPSトラッキング搭載

対応機種:iOS 8.2以上、Android 4.3以上

アマゾンプライムなら送料無料!
30日間無料トライアルはコチラ

関連 レビュー「HUAWEI P10」ライカにPANTONEて豪華すぎでは?格安クーポン情報付きで紹介!!

 

LG Watch Sport

名前の通りスポーツウォッチ色が強い「LG Watch Sport」ですが、NFC(Android Pay 対応)やGoogleアシスタントも搭載しているハイスペックスマートウォッチです。

シンプルなデザインでかなりいい感じ。

特徴

  • ワイヤレスチャージングが可能
  • GPSや心拍センサーを搭載
  • NFC(Android Pay 対応)、グーグルアシスタント搭載

対応機種:iOS 9以上、Android 4.3以上

アマゾンプライムなら送料無料!
30日間無料トライアルはコチラ

 

LG Watch Urbane 2nd Edition

単純にデザインがかっこいい「LG Watch Urbane 2nd Edition Verizon」ですが、実はかなり前に発売したモデル(2016/3)になります。

時計単体で通話や通信可能。

発売時期が気にならないのであれば十分アリではないでしょうか?

特徴

  • 通話/通信が可能
  • Android Wear機

対応機種:Android 4.3以上

 

The Mission, by ニクソン(Nixon)

スマートウォッチのイメージを払しょくするかのような、過酷な環境に耐えうる高い防水性と耐久性を備えたスポーツウォッチ「The Mission」

特にサーフィンとスノースポーツに特化しており、オリジナルアプリでリアルタイムでお気に入りのサーフスポットや目的地の天候状況を確認することが出来るとか。

特徴

  • 濡れた手でも使用できる静電容量方式タッチパネル
  • 10気圧/100m防水
  • NIXONオリジナルAPPあり

対応機種:iOS 8.2以上、Android 4.3以上

アマゾンプライムなら送料無料!
30日間無料トライアルはコチラ

 

ノキア(Nokia) Steel HR

スーツにも合いそうなシックなデザインが特徴の「Steel HR」

心拍数、歩数、移動距離、消費カロリーなど、日常のアクティビティを計測可能

通知も充実しており、非常にバランスの良いスマートウォッチです。

特徴

  • 1日を通してアクティビティをトラッキング
  • 眠りが浅いタイミングで起こしてくれる機能あり
  • 50m防水

対応機種:iOS 8以上、Android 5.0以上

 

Diggro DI01

比較的安いモデルの中で個人的に気になったのはDiggroの「DI01」というモデル。

デザインもいいですし、機能面での充実は群を抜いていますが、評価や口コミは真っ二つに分かれています。

お試しで買うには少し高額なので、慎重に。

特徴

  • 文字盤のスタイルを選択可能
  • 2.0MP 720P HDカメラ搭載
  • 音楽プレーヤー搭載
  • その他、機能多数

対応機種:iOS 8.0以上、Android 5.0以上

 

カシオ(CASIO) G-SHOCK GB-5600B-1JF

スピードモデルと同じデザインですが、中身はスマートウォッチという優れもの。(正確にはBluetooth連携?)

メール通知などは対応しているものの、他のものと比べると機能面は物足りないかも。

ただ、G-SHOCK好きにはたまりませんね!

※現在は生産中止

アマゾンプライムなら送料無料!
30日間無料トライアルはコチラ

 

おすすめスマートウォッチまとめ

中国製などの安いモデルのを視野に入れればまだまだ種類はあります。

ですが、カッコよさや信頼性に重きをおくとこんなラインナップになるんではないでしょうか?

ブランド物になればそれなりの値段もしますが、安物買いの銭失いにはならないので個人的にはこっちの方がいいのかな?と思います。

どれか購入したらレビューしますので、また見に来て下さい!

では!

お得情報
【最大18334円無料】2枚目の格安SIMは「楽天モバイル」がお得!データシムでも050番号が持てますよ

▼ 只今キャンペーン実施中! 今回紹介するのは、2枚目の格安SIMをお探しの方にはナイスな情報になると思います。 というのもスマホをプライベート用と仕事用の2台持ちすることになり、どの会社のSIMがい ...

【2018年版】おしゃれなスマートウォッチを厳選して紹介します!【対応機種表示あり】

-スマホ, ファッション

Copyright© LIABLIFE | ライフスタイルをHYPEなものに , 2018 All Rights Reserved.