ブラックリスト

「破産者マップ」が閉鎖、自己破産者は想像以上に多かった模様

最近話題の「破産者マップ」というものをご存知でしょうか?

過去10年以内に自己破産をした人が官報の情報を元に、Googleマップの地図上で晒されてしまうというサイトです。

このサイト、かなり物議を醸し出しており「プライバシーの侵害だ」「これはやりすぎでは?」「やめてくれ」といった元破産者などからの悲痛な叫びが出回っていました。

ですが、3月19日未明に閉鎖されたとのことです。

 

 

当初サイト運営者は、サイトの正当性を主張していました。

 

最後に一文がちょっと煽っている様に感じなくもないですが、「誰でも見れる官報の情報なんだからいいでしょ?」という様な主張です。

もちろん削除要請を出せば消してもらえたようですが、その為に提出しなければならない書類の多さに「個人情報集めでは?」といった疑いも出ていたり、身元不明の「削除代行業者」が暗躍していたりと問題も多かった模様。

そして、そん状況を見かねた弁護士さんが弁護士団を設立し、クラウドファウンディングを通して「サーバーがあるアメリカでの裁判費用」の支援を募集するという動きも。

 

募集金額は500万円で、現在集まっている金額は85万円ほど。

「全然集まってないじゃん」と思いがちですが、これには理由があります。

なんと、支援時の決済方法はクレジットカードのみ。

いくらなんでもこれはちょっとひどいですね。ギャグでしょうか?笑

ご存知だと思いますが、自己破産をすると長くて5〜10年ほどはクレジットカードが作れないと言われています。破産者マップは10年以内の自己破産者が載っていた様なので、載っているほとんどの方はクレジットカードを持っていない状況になります。そんな状況なのに「決済はクレカのみ」とはなかなか面白いことをやってくれます。

ちなみに、破産者マップは閉鎖したものの、サイト運営者は今後の裁判も覚悟している模様。

 

裁判も判決はどうなるのか分かりませんが、場合よっちゃ損害賠償もありえそうですね。

 

過去に債務整理を行なった私が思うこと

ちなみに私も過去に債務整理しており、破産者マップを知った時は「え?俺の名前も載ってるの?」と少し焦りました。

サイトにアクセスし調べてみたところ載ってはいませんでした(個人再生だから?)が、あのまま放置されていたらデータを遡って掲載されていたかもしれません。

そもそも自己破産には色々な理由があります。

  • 事業がうまくいかなくなって止むを得ず
  • 遊興費が膨らんで首が回らなくなった
  • 働けない事情があり、借金が雪だるま式に増えていった、等々

個々の事情を踏まえず「自己破産者」という一括りで晒すのは、私としても「やりすぎでは?」と思う節がありました。(会社名も載ってましたから)

自己責任といえども、自己破産なんて人に知られたくないですからね。隠して生きているのに穿り出されて、興味本位で調べられて噂が広まるなんて悲惨としか言いようがありません。

現在はサイトが閉鎖したのでひとまず安心ですが、一日230万アクセスとかあった様なので、バレてしまった方も多いことでしょう。。。

 

私ができること

今回バレてしまったという心情を察すると下手なこと言えないんですが、少しだけお役に立てることもあります。

先ほども書きましたが、私自身過去に債務整理を行いブラックリスト入りしました。

しばらくはカードも作らず現金のみで生活していたんですが、「5年を待たずにクレジットカードを作ることができた」という過去があります。

経験談
現役ブラックリストが審査に通ったクレジットカード
元ブラックリストの私が審査に通ったクレジットカード教えます!

昨今「スマホ料金の未払い等でブラックリストが急増中!」なんてニュースがたまにやってますが、私は約7年ほど前に個人再生をし ...

続きを見る

上の記事内にある「楽天カードよりおすすめなクレジットカード その②」なら、ブラックリストでも通る可能性はあります。

そこでもし通る事ができれば、弁護士団に支援することも可能になりますので、今回痛手を受けた方も反撃のチャンスを得られるかと思います。

ちなみに、「楽天よりおすすめなクレジットカード その①」の方はブラックでも問題なく通ると思いますが、クラウドファウンディング側がこのクレカを承認していない可能性があるので、ちょっとなんとも言えません。(AmazonやZOZOでは使えます)

もし今回許せないほどの被害を受けて、弁護士団のクラウドファウンディングに支援したい方は、参考にしてみてください。

 

破産者マップには載っていないけど、借金で首が回らない方へ

借金で首が回らない方は、現在非常に苦しい状況だと思います。

支払いや生活のことを考えると気が滅入ってしまますし、何より将来が見えませんよね。。

そんな時は、思い切って債務整理をすることを強くお勧めします。

債務整理に着手すると、その瞬間から一時的に借金を返さなくてよくなります。弁護士さんがそのような手続きを取ってくれるんです。

私自身も債務整理をやって本当に良かったと思っております。

 

弁護士さんへ無料で相談する方法

私が債務整理を行った時にもらった認可通知書です。

私が債務整理を行った時にもらった認可通知書です。

もしその気があって、今の生活を変えたいというのであれば、

  • 相談料0円
  • 減額報酬0円
  • 年中無休
  • 全国対応

というアヴァンス法務事務所がおすすめです。

「相談料0円、減額報酬0円」というのは通常ありえないことです。(普通なら相談1時間5000円〜、減額報酬20%とか取られます)

何より親身になって対応してくれますので、安心して依頼する事ができます。

いくら減額できるのか調べる方法

弁護士の相談が嫌な方は、まずは「借金がいくら減るのか」シュミレーターで把握しておくのも大事だと思います。

ご存知ない方も多いと思いますが、債務整理をすると借金が減額されるんです。

こちらはシュミレーターですので人と接することなく、「仮に債務整理したらいくら減額されるのか」知る事ができます。

もちろんシュミレーターをやってみるだけでもOKです。もちろん無料です。

最後に

急に湧いて出てきた「破産者マップ騒動」でしたが、とりあえずは閉鎖されてよかったと思います。

そもそも何の為にあのサイトがあるのかさっぱり分かりませんでしたからね。

またあのようなサイトが出てこないことを願うのみです。

 

そのほかのブラックリスト関連記事

【審査なし!】「ポチっと バンドルカード」

クレジットカード ブラックリスト

2019/8/17

【審査がないVISAカード】学生OKな「バンドルカード」は 月間200万まで使える【アプリで登録】

【債務整理まとめ】

ブラックリスト

2019/4/1

【債務整理まとめ】無料・匿名で自分の状況を知るところから始めませんか?【簡単1分シュミレーター】

ブラックリスト

2019/7/31

ハウスメーカーの方に言われた「住宅ローン申請前に絶対やってはいけないこと」とは?

Appleローン審査落ちた

MAC ブラックリスト

2019/7/31

【朗報】Appleローン審査落ちた人向け!大丈夫!奥の手がある!

借金生活から抜け出すためのたった2つの方法

ブラックリスト

2018/12/11

債務整理経験者が語る、借金生活から抜け出すためのたった2つの方法【注意するべき5つの危険信号】

 

おすすめ記事

PICK UP!

Wimaxを途中解約してSoftBank光にした 1

5ヶ月ほど前に、家のネット回線をBroad WiMAXからソフトバンク光に乗り換えました。 理由は2つ。 Broad W ...

【審査なし!】「ポチっと バンドルカード」 2

これはなかなか革新的なアプリですよ。 アプリをインストールしてアカウント登録すると、審査もなしに今すぐVISAカードが使 ...

楽天プレミアムカードレビュー 3

一般人にはちょっと手の届かない感じのある『楽天プレミアムカード』ですが、実は『年会費10800円なんて簡単に取り返せるほ ...

4

忘年会、新年会、お年玉、旅行、みんなで外食。。。 年末年始って言うのは、何かとお金がかかりますよね。「気付いたら今月ピン ...

-ブラックリスト

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2019 All Rights Reserved.