カメラ

【外付けフラッシュライト】『GODOX LED64』は、かなり使えるアイテムかもしれない

更新日:

我が家にはブツ撮り用の簡易スタジオがありません。

なのでレビューする際に、天井の照明を気にしながら撮影したり、写真を加工したりして、どうにかして写りが良くなるようにあれこれやってました。

まあこれでも問題ないと思ってたんですが、『GODOX LED64』を購入して使ってみたところ、写真の出来栄えの違いに少々驚いております。

もちろん簡易スタジオなどは使ってませんし、いつも通り撮影しただけです。(他の物も撮影してみたんで、それは後ほど)

順を追って説明しますね。

GODOX LED64 レビュー

GODOX LED64とは、カメラや三脚に取り付けることが出来るLED簡易照明です。

まず外箱はこんな感じです。

商品はコチラです。

64個のLEDで対象物を照らす感じです。

裏面には明るさが設定できるダイヤル、ON/OFFスイッチ、AC電源用のコネクタ、電池カバーをロックするスイッチがあります。

AC駆動の可能ですが、電池で使用する場合、単3電池4本です。

カメラの装着するとこんな感じです。

三脚に直接取り付けも可能です。

仕様

ブランド Godox
モデル LED64
パワー <4.5W
LEDビーズの数量 64
バッテリー ACケーブル(5V DC)あるいは単3形電池4本(同梱されていません)
色温度 5000~6500K
作業電圧 5V
明るさ >1000Lux(0.5m)
明るさ制御 無段階
動作温度 -10~40℃
商品のサイズ 10 x 8.5 x 3.5cm
対応機種 Sony/Canon/Nikon/Olympus/Pentax/Panasonicなど
パッケージ内容 ビデオライト本体×1、カラーフィルターx2

試写

照明なしだと、こんな感じでデジタルの数字部分が見にくいですが…

R0011019

照明(明るさ最小)をつけると、はっきり見えるようになります。

R0011018

角度を考えないと、このように照明が写り込んでしまうので注意です。

R0011021

照明なし

R0011014

明るさ最小(正面にセット)

R0011013

明るさ最大。(正面にセット)ここまでくると「照らしてます!」って感じで物撮りには微妙かも。

R0011012

照明なし

R0011015

明るさ最小(左上に三脚でセット)

R0011016

明るさ最大(左上に三脚でセット)

R0011017

色合いも伝わりやすくなります。

R0011024

R0011025

R0011023

ちょっとアーティスティックに

R0010941

R0010943

R0010983

R0011005

使用したカメラ

【Amazon.co.jp限定】 リボルテックダンボーくん

まとめ

正直、照明有り無しでここまで変わるとは思わなかったです。もっと早く導入すべきでした。笑

明るさは十分なので、上、左右、正面から照明を当てれば簡易スタジオも作れそうですね。

ちなみに「GODOX LED64」は、上下左右に連結可能です。

そして、今日紹介した「GODOX LED64」はLEDが64個ですが、他にも「36」「126」の2種類も展開されています。

ユニバーサルシューマウントも、主要なカメラブランドに適応しますので、なかなか使えるアイテムだと思います。

物撮りする人にはおすすめですよ。

コチラもどうぞ

【ストリートスナップの必需品】Peak Design キャプチャープロカメラクリップが楽すぎるよ!【with PROプレート】

このPeak Design キャプチャープロカメラクリップってご存知でしょうか? 使用例はこんな感じ! 簡単に説明しますと、バッグのベルト部やショルダー部分に取り付けることで、カメラを簡単に脱着が出来 ...

続きを見る

物撮り時におすすめ!『GODOX LED64』は、かなり使えるアイテムかもしれない

-カメラ

Copyright© BACKFLOW , 2017 All Rights Reserved.