ブラックリスト

債務整理経験者が語る、借金生活から抜け出すためのたった2つの方法【注意するべき5つの危険信号】

更新日:

私は以前、借金生活の末に債務整理をした経験があります。

ほんとに苦しかった。。

でも今はクレジットカードも作れて普通に過ごせています。

今日はそんな経験から話すことのできる、借金まみれの生活からの解決策を提示したいと思います。

 

 

 

ブラックリスト 5つの危険信号

まず自分の危険度を理解していただくためにも、自分がブラックリスト予備軍なのかを知るところから始めましょう。

経験上、以下の5つの状況に近いならかなりやばいと思われます。

 

現在、自転車操業状態である

危険度 ☆☆☆☆☆

ここでいう自転車操業とは、給料をすべて支払いに当てて、次の日からまた借金して生活している状態のことです。

借金時代後半は私もそうでしたが、もうこの状態になってしまうと返済能力がないんですよね。だから仕方なく借金して生活を凌ぐ…。これは悪循環の最高峰です。

あなたはすでに片足突っ込んでます…。

いや、両足かな…

 

すでに消費者金融でお金を借りている

危険度 ☆☆☆☆☆

消費者金融でお金を借りないと生活できない事情は多々あると思いますが、お金を借りないと生活できない状態でお金を返せるんでしょうか?

「最初は利息も数千円だから大丈夫!」

そう思っているあなた!その考えは今すぐ捨てないと大変なことになりますよ。

最初は利息が数千円です。

ですがすぐに一万円になるんです。

またすぐに一万円が三万円になるんです。

次は三万円が…

そして膨れ上がった利息を返すためにまた違う消費者金融でお金を借りて…

これほんとですよ。経験者は語るってやつです。

無理矢理にでも今すぐ返済して、カードをはさみで切って下さい。そして二度と近づかない。じゃなきゃ大変なことになりますよ。

 

ギャンブル(パチンコ)で熱くなってしまう

危険度 ☆☆☆☆

ギャンブルとは店が儲かる商売です。客が儲かる娯楽ではないのです。ていうか、そんなことは百も承知ですよね。

でも辞められない…。

わかります。わかりますが、それはすでにギャンブル中毒かもしれません。

  • 会社が終わったらパチンコ屋に直行している。
  • 給料が入ったらいつもより突っ込んでしまう。
  • 資金が尽きたら、台にたばこを置いてATMでお金を下ろしてまたやってしまう。
  • キャッシング枠をパチンコに使ってしまう

上の4つすべて当てはまっているならブラックリストまっしぐらです。

 

欲しいものが我慢できない

危険度 ☆☆☆

人間だから物欲はあります。それはしょうがないことです。

ですが、普通の人はそれを我慢をしているんです。

その欲しいものはどうして今買わないとダメですか?「今買わないと!」って無理やり自分に言い聞かせて買ってしまってませんか?

どうしても今すぐ必要なものは滅多に無いです。一息ついて自制しましょう。

 

返済を後のばしにしてしまうことがある

危険度 ☆☆☆

たまにならいいです。返せるのであれば。

ただ、これは癖になります。

急にどうしても欲しいものができたり、生活が苦しかったりすると安易にこの技を使うようになります。

できるならこの技は封印した方がいいと思います。

当てはまってしまった人の為の解決策

では本題の解決策です。

ちなみに世間では「節約」だの「自制」だの「計算」だの抜かす人が多いですが、「それが出来てりゃ借金なんかしない」ってわからないんですかね?

私はわかりますよ。経験者ですから。

しかしですね、苦しんでいるだけでは、借金は解決しません。

私から2つだけ解決策を提示します。

これは「やるか、やらないか」だけです。言い訳できません。

ではいきます。

解決策① 収入を増やす

『収入を増やす!』

断言します。可能ならそうするべきです。

借金してしまう人は収入と支出のバランスが悪すぎるんです。

今の収入じゃ満たされた生活ができない。だから借金したりギャンブルに走ったりしてしまうのだと気づきましょう。

仕事を変えるのもいいでしょう。無理なら仕事が終わってからとか、休みの日にバイトしましょう。バイトに時間を当てれば収入が増えます。無駄遣いが減ります。なんせ無駄遣いする時間がなくなりますから。

でも収入が増えたからって、借金を返済せずに使っちゃダメですよ。それをやったら終わりですからね。

ちなみにやる気さえあれば、転職もバイトもせずに在宅で稼ぐ方法もあります。

はっきり言って、やり抜く覚悟さえあれば、ブログは稼げます。

初期投資もごくわずかで、リスクもないので、必要なのはやる気のみです。

解決策② 債務整理をする

これは最終手段ですね。ブラックリストになってしまいますから。

でもですね、債務整理、ブラックリストと経験した私から言えることは、今すぐ楽になりたいならすぐにでもやるべきということです。

弁護士さんにお願いした瞬間から、借金の催促は止まり、一時的に借金を返さなくてよくなります。(自己破産なら完全に返さなくてよくなります)

債務整理や自己破産とは、響きは悪いですが苦しんでいる人を助けるための法律です。

先の見えない真っ暗な生活はキツイです。よくわかります。

まずそこから抜け出しましょう。ブラックリストになってもぶっちゃけ大した制限ないです。カードやローンが5〜7年組めないだけです。

経験から言って、苦しいならすぐにでもやるべきですよ。

それに今は、とりあえずシュミレーターで借金がどれくらい減額できるのか、適切な債務整理は何かを教えてもらうこともできます。

無料・匿名で利用可能ですので一度やってみてから答えを出してもいいかもしれません。

行動次第で目の前が一気に明るくなりますよ。

 

まとめ

私は最初「借金なんかどうにかなる」とたかをくくっていました。ずいぶんと長いこと。

ですが結局どうにもなりませんでした。膨らんでいくのは借金と将来への不安。

  • 「結婚できないんじゃないか?」
  • 「一生借金を返していかなければならないんではないか?」
  • 「俺の人生どうなるんだ?」

後半になるとそんなことばかり頭をグルグルして、気を紛らわすためにパチンコにいって負けて…。 本当に苦しかったですね。自業自得なんですがどうにもできませんでした。

そして今振り返ると間違いなく上の5つが分かれ道だったとわかるんです。破滅への分かれ道です。

 

まだ借金が少額で引き返せる方へ

これ以上危険信号を点滅させない努力をして下さい。今すぐに。

そしてこれだけは覚えておいて下さい。

危険信号が増えだしたら借金の重力がどんどん強くなって、あっという間に飲み込まれてしまいます。

借金の重力には逆らえませんよ。

 

現役ブラックリストの私が審査に通ったクレジットカード教えます! 

経験者が語る、借金生活から抜け出すためのたった2つの方法【注意するべき5つの危険信号】

-ブラックリスト

Copyright© BACKFLOW , 2017 All Rights Reserved.