トレーニング

【オススメ】ボクシング初心者が最初に用意する道具まとめ【解説あり】

更新日:

どうも。ボクシングを愛する男Liabです。

今日は、

  • これからボクシングを始めようと思ってる
  • ボクシングを始めたばかり

このような方々に参考にしてもらえるように、『ボクシング初心者が最初に用意する道具』を解説しようと思います。

おまけで「おすすめのメーカー」も書いておきますね。

 

 

 

最初に揃えたほうがいい道具

まず、ボクシングを始めるにあたって用意した方がいい道具がいくつかあります。

  • グローブ(2種類)
  • バンテージ
  • マウスピース
  • ボクシングシューズ
  • トレーニングウエア
  • タオル
  • 大きめのバッグ

最初にこれだけ揃えてしまえば完璧です。他に何も買う必要ありません。

1つずつ解説します。

 

ボクシンググローブ&パンチンググローブについて

実はボクシングのグローブは2種類あります。

試合やスパーリング、思いっきり打つ時に使用するボクシンググローブと、ミット打ちやサンドバッグを打つ時に使うパンチンググローブです。

 

ボクシンググローブとは?

ボクシンググローブとは、試合やスパーリングで使用する言わば「本番用」ともいえるグローブです。

作りもしっかりしており、思いっきり打っても大丈夫なようにできています。

それと、ボクシンググローブには、「紐で結ぶタイプ」「マジックテープで止めるタイプ」の2種類あります。

紐で結ぶタイプはいかにも本格的でカッコイイんですが、一人ではつけることができません。誰かに手伝ってもらわないと脱着できないあたりを考えると、あまり実用的ではありません。

それに対してマジックテープのタイプは、一人で脱着可能です。よほどの理由がない限りこちら選んだほうがいいでしょう。

あともう一つ。グローブには重さがいくつかあります。

6オンス、8オンス、10オンス、12オンス、14オンス、16オンスの6種類で、16オンスが一番重たくなっています。(1オンスあたり約28g)

お子さんや女性は、グローブの重さに振り回されることもない「一番軽い8オンス」をおすすめします。

男性は16オンスがいいでしょう。理由としては通常スパーリングをする時には14オンスか16オンスを使用します。どうせならスパーリングを見据えて16オンスを選んだほうがいいんではないでしょうか。重たいので腕力もつきますしね。(私も16オンスです)

 

パンチンググローブとは?

パンチンググローブとは言わば練習用グローブで、作りも簡易的になっております。

実際に使用してみればわかりますが、拳の感覚がボクシンググローブに比べると非常にわかりやすいので、打ち込む時の拳の形やフォームを練習するのに非常に適しています。

またパンチンググローブには、親指が丸出しのタイプと保護されているタイプがあり、人によってはフックを打つ時に丸出しのタイプだと痛いという人もいるのでそのあたりも考慮するといいでしょう。(私は丸出しのタイプですが平気です)

 

おすすめのボクシンググローブ

ボクシンググローブは高いものだと数万円、安いものだと数千円と非常に幅があります。

ボクシンググローブの最高峰 【Winning/ウイニング】 プロ試合用ボクシンググローブ8オンス ホワイト

初心者だから安物でいいということはなく、ある程度は良い品質のものがいいでしょう。

その辺りを考慮すると「TWINS」というメーカーの本革グローブがいいと思います。

私も使用していますがとてもいい感じですし、私の通ってるジム内もTWINS使用者が圧倒的に多いです。

▼ボクシンググローブ

▼パンチンググローブ

 

 

バンテージについて

バンテージとは、拳の保護のために直接拳に巻く布のことです。

種類もいくつかあり、伸縮タイプ、非伸縮タイプ、長いもの、短いもの、グローブタイプ等あります。

使用感もそれぞれ違いますが結論から言うと、4.5mの伸縮タイプが一番いいと思います。

まず長さについてですが、短いと巻く回数が少なくなってしまうので、あまり拳骨が保護できません。4.5mは絶対あったほうがいいです。

それと伸縮タイプか非伸縮タイプかですが、単純に伸縮タイプは巻きやすいです。もちろん非伸縮タイプでも問題はありません。

 

マウスピースについて

ある程度できるようになってくるとスパーリングをやるようになります。

その際に必要なのは、マウスピース。舌や口の中の怪我を防止するためです。

オーダーメイドのしっかりした作りのものもありますが、初めは自身で歯型をとって作る簡易的なもので十分でしょう。

▼ お湯につけて柔らかくして歯型をとるタイプです。私も愛用中。

 

グローブタイプバンテージについて

私は使用したことないんですが、口コミやレビューを読む限り結構良さそうですね。

グローブタイプのメリットは、「脱着が一瞬でできる」ことだと思います。

あと普通のバンテージは洗濯後にかたつむりみたいにくるくる巻いておく必要があるんですが、それをやらなくていいというのもいいですね。いつか使ってみたいです。

 

おすすめバンテージ

ひとえに布と言っても厚さや質感など様々です。

あと声を大にして言いたいんですが、色落ちするものが多い!洗濯の時ほんとに困ります。

そのあたりを踏まえると、王道ですが「Winning製のバンテージ」が間違いないと思います。

他のメーカーのバンテージは「厚めの布」という感じですが、Winning製バンテージは「包帯のような質感」で巻くとキュッと締まる感じがして非常に気持ちがいいです。個人的な意見ですが、非常におすすめです。

 

ボクシングシューズについて

参照 amazon

ボクシングシューズは、底部分に余分なクッションが入ってない平らな形状で、くるぶしまで覆っているのが特徴です。

同じようなタイプのシューズで「レスリングシューズ」なんかもありますが、それでも特に問題はありません。もっと言ってしまえば足袋でやっている人もいるくらいです。笑

ちなみに、「最初からボクシングシューズが必要か?」と言われれば実はそんなことなくてですね、「そろそろ本格的なボクシングシューズが欲しいな」そう思った時に揃えればいいと思います。

 

トレーニングウエアやタオルについて

当たり前ですが、これはなんでもいいです。笑

ただ汗はめちゃくちゃかきますからね。吸汗性の優れたものがいいでしょう。

▼ちょっと高いですが、一回目から汗をしっかり吸い取ってくれます。私の愛用タオルでおすすめです。

 

バッグは大きめがいい

ボクシングの場合、グローブ2つ、着替え、シューズ等入れると考えると大きめのバッグを購入した方がいいでしょう。

もちろんジムに道具を置いておけるのなら必要ありませんが。

 

ボクシングで必要なものまとめ

以上が初心者さん向けのおすすめ道具一覧になります。

ポイントは、「高級なものは必要ないけど低品質なものはやめておきましょう」ということです。

特にグローブはひたすら打ち込みます。

安物のグローブなどはあっという間に傷んでしまって使い物になりません。中に詰まっているあんこもすぐにヘタってしまいます。

ですので、どうせ買うなら思い切ってそこそこいいものをゲットしましょう。デザインもその方がカッコイイですしね!

では!

関連 ジムに通おうか迷ってる方の背中を押します。ジム通いは最高です!

【オススメ】ボクシング初心者が最初に用意する道具まとめ【解説あり】

-トレーニング

Copyright© BACKFLOW , 2017 All Rights Reserved.