【なんだこの漫画!!】「親父」が強烈過ぎる!【号泣】

更新日:

先日コンビニである漫画が目に入りました。

スポンサーリンク

あらすじ

親父が帰ってきた。家族が待つ家に。だが、親父が不在だった16年の間に、娘・久美子はヤクザの愛人となり、息子・洋介は根性のない“ヘタレ”ヤンキーになり、母親はオロオロするばかりで……。帰ってくるなり早々、久美子につきまとうヤクザを一撃で倒した親父。驚く久美子と洋介に、母から驚愕の過去が語られる。16年前、親父は一家を守るためヤクザと闘っていた!!

-親父 1 (ビッグコミックス) | もりやま つる | 本 | Amazon.co.jpより引用

このあらすじだけでは伝わりませんね…。

かといって言い過ぎるのもネタバレになるし…。

と思っていたらアマゾンのレビューが素晴らしかった!

昨今世間に蔓延しているお涙頂戴物では有りません。ただ自然と涙が出てきます。魂の籠った作品に出会うことが出来た私は幸せです。

-親父 1 (ビッグコミックス) | もりやま つる | 本 | Amazon.co.jpより引用

この一巻だけだと、ヤクザまがいの父親の物語と勘違いしてしまう人もいるかもしれません。 私は、二巻目で少しばかりホロっとさせられ、 三巻目で涙を止められなくなりました。

-親父 1 (ビッグコミックス) | もりやま つる | 本 | Amazon.co.jpより引用

結末もこれ以上のものは考えられないような素晴らしいものでした。 こんな強烈に感動する漫画には未だ出会ったことがありません。 今もこのレビューを書きながら思い出しても涙ぐんでしまいます。 あまり有名ではない漫画ですが、多くの人に読んで欲しい名作です。

-親父 1 (ビッグコミックス) | もりやま つる | 本 | Amazon.co.jpより引用

見た目とは裏腹にとても愛のある漫画でした。昭和の頑固親父とか言うレベルではありません。

究極の父親像がそこにありました。読んでいて涙が止まりませんでした…。

私も息子がいますが、これくらいの気持ちで守っていかなくてはならない。そう思いました。(あくまで気持ちです。読めばわかります。笑)

父親なら読むべき漫画

全3巻の短編マンガですが、中身は父親として生きていく上での永久不滅の哲学が『これでもか!』と詰まっています。

ぜひ読んでみてください!

-

Copyright© BACKFLOW (バックフロウ) , 2017 All Rights Reserved.