イヤホン

【2018年モデル】SONYの世界初「完全ワイヤレス・ノイキャン・防滴・スポーツイヤホン」が予約開始!【WF-SP700N】

更新日:

SONYはこの分野に本気ですねぇ。

昨年の秋に完全ワイヤレスイヤホン『WF-1000X』を発売したばかりなのに、もう新作の登場です。

今回は、スポーツ特化モデル!

しかも仕様が「世界初だらけ」というから驚きです。

SONYのお家芸ノイズキャンセリングはもちろん、防滴機能も装備。その他にも色々。

まだ予約段階にもかかわらずアマゾン売れ筋1位です。

というわけで、実機はありませんが一足早く紹介してみようと思います。

 

 



 

2018年モデル SONY 完全ワイヤレスイヤホン 詳細

 

2018年モデル SONY 完全ワイヤレスイヤホン 詳細

まず特徴をダダダッと紹介します。

  • 完全ワイヤレス
  • スポーツ仕様
  • ノイズキャンセリング
  • 防滴仕様(IPX4)
  • 外音取り込みモード搭載
  • EXTRA BASS sound
  • 高音質フォーマット「AAC」対応

などなど。

一見BOSEの完全ワイヤレスイヤホン「SoundSport Free wireless headphones」と大差ないように見えますが、ノイズキャンセリングが効いてますね。BOSEの完全ワイヤレスにはノイズキャンセリングは付いてませんからね。

前モデルにも搭載されていた「外音取り込み(アビエンス)モード」も引き継がれてますし、スポーツ仕様ということで防滴も搭載。

カラーは「ブラック」「ホワイト」「イエロー」「ピンク」の4色展開。

死角がないです。凄い。

 

外観

2018年モデル SONY 完全ワイヤレスイヤホン 外観

良くも悪くも日本的なデザインですね。

ちょ〜っと大きいような気がしますがどうなんでしょう?重さ自体は15gでめちゃくちゃ軽いですけどね。

まぁSONYなんで「スポーツ中につけてたら落ちる」なんて詐欺まがいの商品はつくらないと思いますが。笑

 

売れ筋トップ3を比較

「SONY2017年モデルワイヤレスイヤホン」「2018年モデルワイヤレスイヤホン」「BOSE SoundSport Free wireless headphones」を比較

それではアマゾンでの売れ筋トップ3「SONYの2017年モデル」「2018年モデル」「BOSE SoundSport Free wireless headphones」を比較してみましょう。

SONY WF-SP700N(2018) SON WF-1000X(2017) BOSE SoundSport
完全ワイヤレス
ノイズキャンセリング
防滴 ○(IPX4) ○(IPX4)
外音取り込み
スポーツタイプ
充電時間 1.5時間 1.5時間 2時間
急速充電 ○(15分の急速充電で45分再生
連続使用可能時間 最大3時間(NC ON)/最大3時間(NC OFF) 最大3時間(NC ON)/最大3時間(NC OFF) 5 時間
ケースで充電 2回 2回 2回
寸法 - - 2.5 x 3 x 3.2 cm
重量 15.2g 13.6g 18 g
ケース重量 約45g 約70g 80 g

こうやって見てみると「自分の使い道に合ったイヤホン」が見えてきますね。

ポイント

  • ノイズキャンセリングがいるのか、いらないのか
  • スポーツで使いたいのか
  • 防滴は欲しいのか
  • バッテリーの持ちはどれ位欲しいのか
  • デザインは?

この5点で決めるのが良さそうです。

 

SONY「WF-1000X」発売日&予約方法

引用:AMZON

発売日は2018年4月28日です。

Amazonで予約すれば、発売日までに受け取れるようです。(要お急ぎ便

ゴールデンウィークは「SONY WF-1000X」で決まり!かな?

では!

人気記事
完全ワイヤレスイヤホン比較まとめ『大手メーカー8機種』を徹底比較! - BOSE・SONY・Apple・JBL・ERATO・ONKYO -

先日、BOSEとSONYが完全ワイヤレスイヤホンを発売すると発表しました。 今まではONKYOだったり、中華製完全ワイヤレスイヤホンだったらあったんですが、大手は全然なかったんですよね。 それがとうと ...

【2018年モデル】SONYの世界初「完全ワイヤレス・ノイキャン・防滴・スポーツイヤホン」が予約開始!【WF-SP700N】

 

 

 

-イヤホン
-

Copyright© LIABLIFE | ライフスタイルをHYPEなものに , 2018 All Rights Reserved.