タトゥー

タトゥー・刺青を、サポーターで隠す際の注意点

更新日:

もう完全に半袖シーズンですね。最近このサイトに「タトゥー 隠し」や「刺青 隠し」などの検索ワードで来られる方が増えています。

そこで今日は、私も長年愛用している「サポーター」について書こうと思います。

「別につけるだけじゃん!」と思ったあなた!大間違いです。油断するとすぐにタトゥーが見えてしまうので要注意です!

 

 

 

タトゥー隠しに使うサポーター

まず一般的なタトゥー隠しに使うサポータを紹介します。

当たり前ですが、「これじゃなきゃダメ!」というものはありません。サイズだけあってればなんでもいいと思います。

例えばこの商品なんかは、サポーターのサイズも明記してあってとても親切だと思います。

肌色タイプのサポーター

よりリアルに隠した方は、こんな肌色のサポーターなんかもあります。遠目から見ればわかんないでしょうね。笑

 

着用時の注意点

サポーターは一度着けてしまえば何度も脱着することもないと思いますが、それ故失敗することもあります。

f:id:varevo:20160605231706j:plain

油断するとこんな感じで出てしまいます。笑

これは魚の手づかみをしに家族で遊びに行った時の写真です。本人出ていることに気付いてません。

他にも家族連れがいたのでできればこうはならないほうがいいと思います。

でもこの時は息子と一緒にはしゃいでたっていうのもありますがね。普通にしてればこんなことにはならないとは思います。

より完璧にタトゥーを隠せるインナー

先日は家族しかいなかったのでまだ良かったですが、奥さん方の親戚などの集まりで見えてしまってはヒンシュクを買いかねません。あと仕事中とかですね。

そういう時はこういったインナー型の方がいいと思います。

これならどんな動きをしてもバレようがありません。(夏に長袖おかしいだろ、というツッコミは無しで…)

上の商品はカラーも豊富ですので、私服にあったものを選べると思いますよ。

【その他、ウエア型タトゥー隠しはコチラ】

最後に

今日コンビニでタトゥー丸出しの人がいましたが、個人的には普段は隠しといたほうがいいと思います。特に田舎では。

昔に比べればタトゥーを目にする機会が増えてきましたが、だからといって入ってない方への気遣いを忘れてはいけないと思います。

丸出しにしていれば、知らず知らずのうちに人を威圧しているというようなこともあります。それはあまり良くないですよね。

タトゥーの地位向上のためにも、その辺りを気をつけながら生活できるといいですね。

タトゥー・刺青を、サポーターで隠す際の注意点

-タトゥー

Copyright© BACKFLOW , 2017 All Rights Reserved.