タトゥー

【タトゥー隠しグッズ】シール・サポーター・ファンデーション等、色々紹介します。

更新日:

まだまだ一般的には受け入れてもらえていないタトゥー。日本ではルーツがルーツなだけにしょうがないですよね。

関連【タトゥー・刺青・入れ墨】否定派の意見がひどすぎる。

そこをあーだこーだ言っても始まらないと思いますし、タトゥーが入っていない方々に気を使うのも最低限のマナーだと思います。

今回はそんな見えると何かと不都合があるタトゥーを隠す「タトゥー隠しグッズ」を集めてみました。

最近はタトゥー人口の増加に伴って企業もビジネスチャンスと目をつけたのか、色々なタトゥー隠しが存在します。(昔はサポーターもしくは長袖の二択だったんですけどね。)

おすすめ品をタイプ別に紹介した後、特にオススメできる商品を最後に紹介していますので参考にしてください!

ではいきます。

 

 

 

 最近話題の「ドンキで売っているタトゥー隠しシール」

最近やたらと耳にする「ドンキホーテで売っているタトゥー隠しシール」をご存知でしょうか?

私も実際に使ったことあるわけではないですが、すこぶる評判がいいようです。

理由は「暴力団関係者の間で流行している」というもの。

サイズ的に「全部隠せる?」という疑問はありますが笑、一応Amazonや楽天でも売っています。

値段もそんな高くないですし、一度使ってみるのもいいかもしれませんね。

 

サポータータイプ

まずはサポーターです。定番ですね。

関連タトゥー・刺青を、サポーターで隠す際の注意点

夏にサポーターしている人を見ると「入ってるのかな?」って思ってしまうのは私だけでしょうか?笑

リンク先には、ロング、ミドル、カラー数種類とサポーターの種類が豊富にそろっています。

もちろん無地もありますし、商品の質もレビューを見てもらえればわかりますが、すごくいいです。オススメ。

メリット

  • 好きな時に脱着が可能
  • ファッションでごまかせる
  • 安い

デメリット

  • 目立つ
  • 夏は暑い

 

スポーツタイプのサポーターでリアルに隠したい方はコチラ

リアルに隠すなら、スポーツタイプのサポーターがいいと思います。

ちなみに、私はアンダーアーマーのサポーターを使用しています。片方2,000円もするのであまりオススメはできませんが。笑

 

シールタイプ

最近はシールタイプのタトゥー隠しも増えてきました。

商品的には、『サロンパスをもっと目立たなくさせたようなもの』だと思っていただければ大丈夫です。

サポーターの「いかにも入ってます感」が嫌な方におすすめ。

シールタイプでしたら「CAXEL」が有名ですね!

おすすめポイント

  • わずか5秒!隠したい箇所に貼るだけ
  • 水にもお湯にも強い耐水性
  • 厚み0.008mmの極薄フィルムで目立たない
  • 医療用粘着剤だから安心・安全

メリット

  • 耐水性が高い
  • 目立たない
  • 使い捨てができる

デメリット

  • 使い捨て

 

「もっと安いシール隠しはないの?」という方はコチラ

値段もお手頃なタトゥー隠しシールをお探しなら、こちらを御覧ください。

 

ファンデーション・コンシローラータイプ

女性の化粧品のように肌に塗るタイプです。うまく肌の色が出せれば一番目立たないタイプになります。

下の商品が、1番評判がいいコンシーラータイプのタトゥー隠しです。プロ仕様!

メリット

  • 目立たなくさせることが可能
  • 上手く隠せばバレようがない
  • プロ仕様も存在する
  • スプレータイプはお手軽

デメリット

  • 手間がかかる
  • 服に付着する
  • 水に弱い

 

スプレータイプ

ファンデーション系で、コンシーラよりも素早く隠すことができるのが、このスプレータイプ。

色の調合はできませんが、二重に吹いてパフ等で馴染ませればいいかもしれません。

 

 テーピング

スポーツなどで使うテーピングで隠すのは最もお手軽です。(野性爆弾のクーちゃんは手首のタトゥーをテーピングで隠してますね笑)

ですが、毎日貼ったりする場合や、肌のダメージを考えるとちょっとオススメできないかもしれません。

休日など限定で使用するならバッチリだと思います。

メリット

  • お手軽
  • 値段が安い

デメリット

  • 毎日の使用は肌を痛める

 ラッシュガード

今度息子とプールいくぞ~!タトゥーだらけの体でな!」という記事内でも書いてますが、タトゥー保有者がプールに行くときは必須ですね。

シールなどのタトゥー隠しでプールに行って、万が一見つかってしまうと退場させられてしまう可能性もありますので、プールにはあらかじめラッシュガードを着て行くことをおすすめします。

今や、小さなお子さんから女性、おじさんまで普通に着ていますので、ラッシュガードを着ていて目立つということはありませんので安心して下さい。

メリット

  • 疑いようがない
  • なんどでも使える

デメリット

  • 夏は暑い

 

特にオススメできる商品

色々紹介してきましたが、なかでも「これは凄い!」というものを紹介します。

カクシーラーEX

これは正直凄いですね。

元々は傷やアザのために開発されたっぽいですが、見事タトゥーにも応用できています。

特徴

  • 超微粒子のカバー成分ゆえに、肌にフィットして崩れにくい
  • 水や汗にも強い、ウォータープルーフ
  • 1.5cmの幅広スティックで、たっぷり大容量
  • 保湿成分を入れている為、肌付きがよい
  • ベージュとナチュラルの2色展開

 

ダーマカラー パーフェクト コンシーラー

こちらもパーフェクトですね。

より肌に近い色を出せるように、パレット仕様になっているのが嬉しいところ。

ダーマカラーは他にも色々なバージョンを出しているので、自分に合ったものを探すのもいいかもしれません。

特徴

  • プロ御用達
  • 水、汗に強いウォータープルーフ
  • 3色パレット仕様
  • 別途スプレーを使うと、より水に強くなる

 

エアブラシでタトゥー隠し(ハリウッドエアー)

これは少々難易度高めですが、練習を積めば手軽にかなり上手く隠せそうです。

最近はこの「エアブラシでタトゥー隠し」という技を職業にしている方達もおられます。

使い方としては、専用の水性ファンデーションをエアブラシのボトルに入れて、肌に吹き付ける感じになります。

 

 

タトゥーは一生付き合うものですので、長い目で見たらこれはありなのかなぁと思います。

特徴

  • エアブラシでまんべんなく隠すことが可能
  • 技術が必要
  • 職業にしてる人がいるくらい質が高い

 

最後に

タトゥーが入っているだけで行ける場所が制限されるのはしょうがない事ですが、意外と簡単にくぐり抜けれるものです。見えてなければいいだけですからね!

一度しかない夏を楽しみましょう!

では!

【タトゥー隠しグッズ】シール・サポーター・ファンデーション等、色々紹介します。

-タトゥー

Copyright© BACKFLOW , 2017 All Rights Reserved.