スマホ

「OnePlus 6T」の発売開始!スペックレビュー|ディスプレイ指紋認証搭載!

「OnePlus 6T」の発売日・スペックレビュー

とうとうOnePlusの新モデル「OnePlus 6T」が発表されました。 発売開始されました!(⇒ OnePlus 6T 4G Phablet Fingerprint Sensor - MIRROR BLACK

少し前に、

  • ノッチデザインが、水滴デザインの変更
  • ディスプレイ指紋認証搭載

という感じで画像と共にリークされていましたが、それらが確定しましたね。

その他にも、

  • AnTuTuスコア:297132
  • Geekbenchスコア:2387 / 8925(シングルコア/マルチコア)
  • ナイトモード・スタジオモード搭載(カメラ)
  • バッテリーが3700mAhにアップ

等、着実に進化している模様。

ベンチマークに至っては、Android全機種中1位に返り咲きです!(iPhone XSには勝てず。。。笑)

 

しかも価格も分かっています。

 

$ 549.00~(約61,700円~)

 

いやー、安い!これでこそOnePlusですね!スーパーハイスペックながら、iPhone XSの半額です!

ここでは、6Tのスペック、画像、新機能、デメリットなどを紹介していこうと思います。

新製品が発売されるたびに確実にシェアを伸ばしてきたOnePlusシリーズですが、こんどこそiPhoneを飲み込むことが出来るんでしょうか?



 

「OnePlus 6T」詳細

相変わらずセンスいいですね!だからOnePlus好きなんです。

大まかな変更点は冒頭でも述べたとおり、

  • ノッチデザインから、水滴デザインに変更
  • ディスプレイ指紋認証の搭載(背面指紋認証の廃止)
  • カメラの進化
  • バッテリーの増量
  • イヤフォンジャックがType-Cポートに移動
  • ベンチマークがAndroid中トップに返り咲き

この6つですね。

期待されていたトリプルカメラの搭載はありませんででしたが、カメラモードの追加によってカバーした模様。

個人的にはバッテリーの増量はかなり嬉しいです。6になったときにバッテリーの減りにがっかりしましたからね。その辺りをカバーしてくるのも流石。

ただ、イヤフォンジャックのType-C化は賛否両論ありそうですけどね。笑

 

最新機種「OnePlus 6T」のスペック

OS「Android 9.0 Pie」ベースの「OxygenOS」
CPUクアルコム Snapdragon845
GPUAdreno630
メモリ6GB/8GB
ストレージ128GB/256GB
ディスプレイ6.41インチ Optic AMOLED
解像度2280×1080
アスペクト比19.5:9
リアカメラ (メイン・セカンダリ)16MP(F/1.7) ・20MP(F/1.7)
リアカメラセンサー(メイン・セカンダリ)Sony IMX519・Sony IMX376K
フロントカメラ16MP(F/2.0)  センサー:Sony IMX371
イヤホン/ヘッドホンジャック非搭載
色(カラーバリエーション)Mirro Black / Midnight Black
バッテリー3700mAh
寸法157.5 x 74.8 x 8.2mm – 185g
価格549ドル~629ドル(約61,700円~約70,700円)

64GBモデル無くなってますね。

その他はかなり順当に進化しているんではないでしょうか。

 

「OnePlus 6T」の進化ポイント

「OnePlus 6T」の進化ポイント

ここからは進化したポイント解説していきます。

 

ノッチデザインから、水滴デザインに変更

ノッチデザインから、水滴デザインに変更

ノッチデザインから「水滴デザイン」に変更されたことで、ディスプレイの視認率も少しだけ上がりました。

▼ 6との比較はこんな感じですね。

6T6
ディスプレイ6.41インチ6.28インチ
解像度2280 x 1080ピクセル2280 x 1080ピクセル
アスペクト比19.5:919: 9

 

ディスプレイ指紋認証について

ディスプレイ指紋認証について

公式サイトや、公式ツイッターにて発表されていた通り、ディスプレイ指紋認証搭載されました!

▼ ディスプレイ指紋認証の様子

他にも、顔認証、PIN認証、パターン認証は引き続き用意されているでしょう。

といってもOnePlusシリーズは顔認証が非常に優秀でノーストレスなので、指紋認証自体必要ないかも知れませんが。笑

 

カメラについて

カメラについて

次にカメラですが、「インテリジェントシーン認識」という、フレーム内の内容を検出し、明るさ、コントラスト、彩度などを調整して、完璧な画像を作成するように作られているようです。今流行のやつですね。

それに加え、「ナイトモード」「スタジオライティング」というシーンモードが追加されました。

「ナイトモード」

「ナイトモード」

「スタジオライティング」

「スタジオライティング」

 

ビデオのついて

ビデオに関しては、6から「4k」「スローモーション」等、必要な機能は搭載していましたので、特に進化はなし。

リアビデオ4K (30/60 fps)
1080P (30/60 fps)
720P (30 fps)
スーパースローモーション: 1080p (240 fps), 720p (480 fps)
タイムラプス
ビデオエディタ

 

噂に出ていたトリプルカメラについて

トリプルカメラ搭載されませんでしたね。ちょっと残念です。

トリプルカメラといえば、少し前に発売された「HUAWEI P20 Pro」を連想される方もおられると思いますが、撮れる写真がめちゃくちゃ綺麗なんですよね。OnePlus 7では是非あのレベルまで行って欲しいものです。

⇒ docomo Online Shop

 

バッテリーについて

バッテリーについて

バッテリーが3700mAhになりました。OnePlus 6が3300mAhだったので、400mAh 増量です。

6のバッテリー関しては、Snapdragon 845 を搭載したせいか、5Tに比べると持ちが悪くなったような気がしてたんですよね。なのでこちらに関してもありがたい進化と評していいと思います。

 

イヤホン・ヘッドホンジャックは、充電用Type-Cポートに移動

独立したイヤホンジャックは、6Tより廃止されました。その代わり充電を行うType-Cポートに端子の挿して使えるようになったとのことです。

端子がType-Cのイヤホンといえば、最近少しずつ発売されてきていますが世界的にもこの流れになるんですかね?

ちなみにオフィシャルイヤホンとして公式ページでも販売されている模様です。

 

▼ Amazonで日本製も買えます(変換ケーブルでもいいと思う)

と言っても、引き続きBluetoothも使えるでしょうし、とりあえずは問題はないかなぁと。(もちろん3.5mmはあった方がいいとは思いますけどね。)

 

「OnePlus 6」と変更なしの部分について

マイナーアップデートですから、当然6からそのまま引き継がれた部分もあります。

  • CPU(SoC)
  • RAM

でもこれはたいした問題ではないと思います。

というのも私自身現在「OnePlus 6」を愛用していますが、端末の動きに不満を持つことは皆無です。ほんとうに皆無。

6Tに搭載される「Snapdragon 845」は、現在出ている最上位のSoCですし、新バージョン「Snapdragon 855」の発売はまだ当分先と言われているあたりから、現在販売されているスマートフォンの中で引き続きトップクラスのスペックということに変わりありません。

使い勝手やカメラをグレードアップさせて、問題ないスペックは維持というのは、かなりベストな選択だと思います。

「OnePlus 6」と「6T」のスペック比較表

「OnePlus 6」のスペック

「OnePlus 6」のスペック

機種名OnePlus 6TOnePlus 6
OSAndroid 9.0 Pie ベースの Oxygen OSAndroid™Oreo ベースの Oxygen OS
CPUQualcomm Snapdragon 845Qualcomm Snapdragon 845
RAM6GB/8GB6GB/8GB
ストレージ128GB/256GB64GB/128GB/256GB
ディスプレイ6.41インチ / 水滴ディスプレイ / ディスプレイ指紋認証6.28インチ / ノッチデザイン
リアカメラ20MP+16MP(F/1.7) ダブルカメラ20MP+16MP(F/1.7) ダブルカメラ
フロントカメラ16MP(F/2.0)16MP(F/2.0)
指紋認証ディスプレイ内背面
バッテリー3,700mAh / ダッシュチャージ3,300mAh / ダッシュチャージ
寸法157.5 x 74.8 x 8.2 mm155.7 x 75.4 x 7.75 mm
重量185g177g

サイズが少しだけ大きく、重くなってますね。

 

発売日は11月1日~

「OnePlus 6T」発売日について

画像:https://twitter.com/OnePlus_USA/status/1056965800744099841

発売に関しては、「OnePlus 6T」は米国では11月1日より、欧州地域は11月6日より取り扱いが開始されるとのこと。

ちなみに日本人がよく利用する中国の販売サイトの取り扱い開始ですが、信用できるある情報筋のお話だと、11月中旬頃に販売店に入荷されるそうです。

手元に届くのは今から1ヶ月後くらいですかね?

 

「OnePlus 6T」販売価格について

「OnePlus 6T」販売価格について

販売価格は、549ドル~629ドル(約61,700円~約70,700円)

しかし毎度のことなんですが、中華系ショッピングサイトは割引クーポンが必ず発行されますので、もっと安く購入できるのは間違いないと思います。

当サイトも、「OnePlus 6T」が発売されたら「GEARBEST」さんから割引クーポンを提供していただけると思いますので、もし良ければブックマークに入れてまた見に来てください。

 

「OnePlus 6T」スペックレビューまとめ

「OnePlus 6T」スペックレビューまとめ

とうとう全貌が明らかになりましたが、いかがでしたか?わたしとしては「6があるから今回は見送りかなぁ~」なんて思っいますが。

ちなみに、現在販売されている「OnePlus 6」なんですが、現在進行形でまだ売れ続けているそうです。(GEARBESTの中の人談)

発売されてまだ4ヶ月しか経っていませんし、相変わらずのAndroid最上位スペック機種ですので、今購入しても全然損はないと思います。安くなってますしね。

 

▼ 「OnePlus 6」のレビュー記事です

レビュー
oneplus6 レビュー
【レビュー】史上最強のアンドロイド『OnePlus 6』ベンチマーク29万点で「iPhoneX」超えちゃってます!

続きを見る

 

「OnePlus 6」割引クーポンはコチラ(11/08追加)

GEARBESTさんから、日本限定&数量限定の割引きクーポンを提供していただけました!

購入の際にはお使いください!

OnePlus 6 - 8+128 GB ⇒ クーポン:GBMP11OP(価格:$439.99 )

11月12日までの限定クーポンです。

 

というわけで「OnePlus 6T」のスペックレビューでした。

では!

 

追記:「GEARBEST」にて発売開始されました!

11月8日現在、すでに「GEARBEST」にて発売開始されております。

しかも只今GEARBESTでは、年に一回の大セール「双11セール」が開催中です。

下のリンクから飛べますので、是非チェックしてみて下さい。

「GEARBEST」での購入方法はこちら(日本語対応・送料無料)

解説
海外大手通販サイト「GEARBEST」の登録方法から、買い方まで徹底解説!安価なガジェットを送料無料でゲット!

続きを見る

 

OnePlus6と5Tを比較

スマホ

2018/12/13

【OnePlus 6と5Tを徹底比較】一ヶ月使ってみて感じた違いと「隠れた機能」を紹介します

おしゃれなスマートウォッチ

スマホ ファッション

2019/2/1

【2019年版】おしゃれなスマートウォッチを厳選して紹介【対応機種表示あり】

スマホ

2018/11/1

【レビュー】「DJI Osmo Mobile 2」と「iPhone XS」でPVチックな動画を作ってみた。これならショートムービーもイケる!

おすすめ記事

-スマホ

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2019 All Rights Reserved.