イヤホン

【レビュー】ワイヤレス スポーツイヤホン『OMAKER E10』 を使ってみた!

更新日:

今日はOMAKER様よりサンプル提供頂いた『OMAKER E10』のレビューをしようと思います。

OMAKERというメーカー名自体は、他のブログでよく目にしていましたので知ってました。

ただ、イヤフォンもあるとは知らなかったです。

低価格イヤホンのレビューは過去に2回ほどやってますが、この『OMAKER E10』の実力はいかがなものか。

早速いってみたいと思います。

OMAKER E10

この『OMAKER E10』なんですが、低価格でありながら技適も通っており、非常に優秀なイヤホンのようです。

スポーツ中に使えるように特化されたイヤホンということで、防水、ワイヤレス、長時間再生の基本性能に加え、長時間つけてても負担が少ない作りになっているのかどうかがチェックポイントになると思います。

外観レビュー

▼まず、OMAKERのロゴがバッチリ入ったイヤホン本体ですが、この部分が電源ボタンになっております。

「カチッ」と長押しすると電源が入り、操作によって「パワーオン」「(Bluetooth)コネクテッド」「パワーオフ」等声が聞こえてくる仕組みになっています。

▼ここで音量調整と、曲の早送り/巻き戻しを行います。

▼左右の目印もついています。(というか逆につけるのは無理ですが笑)

▼充電はUSBで行います。充電中はこんな感じですね。

▼もちろんインジケータもありますよ。

付属品

▼3サイズのイヤーパッドがついています。右下にあるのは、ケーブルを束ねるバックルですね。

▼保証書と説明書です。説明書はバッチリ日本語です。

仕様

オフィシャルの発表はこんな感じです。

Bluetooth仕様 V4.1
対応ブロファイル A2DP/AVRCP/HFP
連続待受時間 約250時間
連続通話時間 約6時間
充電時間 約1~2時間
最大通信距離 約10m(障害物がなし)
バッテリー容量 100mAh
サイズ 35.5*14.7*14.5mm 20g
対応機種 iPhone5/5s/5c/6/6sPlus/iPhone7/iPhone7Plus/iPad/iPod
Galaxy / Galaxy Note, Sony Xperia、Androidスマホなど

IPX6の防水機能

IPX6といえば、防水規格で言うところの上から3番目の仕様になります。

保護等級(JIS規格) 種類(JIS規格) 保護の程度 IEC規格 JIS・IEC混成表記
8 水中形 潜水状態での使用に対して保護されている IPX8 JIS IPX8
7 防浸形 一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない IPX7 JIS IPX7
6 耐水形 強力な噴流水に対して保護されている IPX6 JIS IPX6
5 防噴流形 噴流水に対して保護されている IPX5 JIS IPX5
4 防まつ形 水の飛まつに対して保護されている IPX4 JIS IPX4
3 防雨形 傾斜60°の範囲の散水に対して保護されている IPX3 JIS IPX3
2 防滴2形 傾斜15°の範囲で落ちてくる水滴に対して保護されている IPX2 JIS IPX2
防滴1形 垂直に落ちてくる水滴に対して保護されている IPX1 JIS IPX1
無保護 特に保護されていない IPX0

「強力な噴流水に対して保護されている」といこうことなので、スポーツぐらいならよっぽど大丈夫でしょうね。大雨の中でも大丈夫です。笑 ※水洗いもOK

ワイヤレス(Bluetooth)

バージョンは、Bluetooth4.1です。

バッテリー

オフィシャルのアナウンスだと「2時間充電の連続再生6時間」なので、スポーツ中の使用なら何ら問題ありませんね。※三ヶ月以内、通常使用による故障は新品と交換対応可能

つけ心地

スポーツ中の使用なら

  • 落ちない
  • 耳に負担が来ない

この2つが絶対条件になってくると思います。

結論から言えば、大丈夫です。

というより、凄くいいと思います。

耳にかけるフックの部分がシリコンになっていて付けた際にゴツゴツとした感触はありません。非常にソフトです。

尚且つとても軽いです。(20g)

見た目はちょっとゴツかったので「どうかなぁ〜」って思ったんですが、いざ付けてみると見た目に反して付けてる感覚があまりないですね。非常に軽いです。

音質

「ステレオ対応で高音質」ということですが、残念ながらベタ褒めできるものではありません。値段相応という感じだと思います。

ただ、スポーツイヤホンに必要な機能としての優先度で言えば、音質が後の方になってしまうのはしょうがない部分だと思います。

値段から考えれば、割り切るほうが賢明と言えるでしょう。

保証期間

18ヶ月の保証期間です。長くて素晴らしいですね。

まとめ

この価格でこの品質は、正直素晴らしいと思います。(個人的にはOMAKERのロゴも好きです)

もちろん使い倒した訳ではありませんので、耐久性に関しては謎です。

でもそれを踏まえても、一度試してみる価値はあると思います。

「絶対高音質じゃなきゃ嫌だ」という方には、前回レビューした『Bose SoundSport』をオススメしますし、低価格でそれなりのイヤホンといえば『OMAKER E10』が間違いなくおすすめだと思います。

お得情報

本日からOMAKER製「M4 防水Bluetoothスピーカー」がクリスマスセールを開始しております。

Omaker M4 価格(割引率) クーポンコード 期間 販売ページ
ブラック ¥2,499 ⇒ ¥1,999(20%) LN6KXN7Q 12/21~25 Omaker M4(ブラック)
オレンジ ¥2,499 ⇒ ¥1,999(20%) VS2DLMDT 12/21~25 Omaker M4(オレンジ )
オリーブグリーン ¥2,499 ⇒ ¥1,999(20%) DDJD7HTT 12/21~25 Omaker M4(オリーブグリーン)

購入時にクーポンコードを使用すれば、割引価格で購入可能です。

気になってた方はこの機会に!



おすすめ記事

1

どうも。周りにコーヒー好きが沢山いるLiabです。 はじめに言っておきますと、私はあまりコーヒー好きではありません。笑 ですが、奥さんは毎日コーヒーを飲んでいるコーヒー大好き娘です。 そんな奥さんが毎 ...

2

当ブログでは過去に、人気のある音楽ストリーミングサービス(聴き放題サービス)を徹底解説してきました。 最近はますますサービス内容の横並び感が強くなってきていますが、やはりどのサービスにも特徴はあります ...

3

いやはや、現役ブラックリストの私が、まさかゴールドカードを手に入れる日が来るとは… 参考現役ブラックリストの私が審査に通ったクレジットカード 私は普段「ノーマルの」を使ってたんですが、ゴールドカードに ...

4

今日は、2016〜2017年で実際に「買って良かった」「使ってよかった」という商品・サービスを、「生活全般」「育児関連」「カメラ関連」「サービス関連」の4ジャンルに分けてまとめてみようと思います。 気 ...

-イヤホン

Copyright© BACKFLOW , 2017 All Rights Reserved.