雑感

輩とトラブルになって警察に行ったら、あり得ない対応をされた話 <前編>

更新日:

これは仕事中に実際にあった話です。

 

私は以前、あるトラブル処理の仕事をしていました。

ある日スーパーの駐車場でトラブルが起こり、そこへ向かうように会社から指示を受けました。

現場についてお客さんに挨拶し、作業スペースを確保後、黙々と作業を始めました。

すると、

 

「ブーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

 

5秒以上車のクラクションを鳴らし続けて私に「そこをどけ」と威嚇してくる輩が現れました。

私は思いました。

 

「でたでた…」

 

よくいる『理不尽イチャモンづけマン』の登場です。

現場では、『作業しているのをわかってるくせに、わざわざそこまで来て嫌がらせをしてくる人間』というのがたまに現れます。

 

と、その前に現場の状況を説明しておきます。

  • 現場は、迂回ルートはいくらでもあるとても広い駐車場
  • トラブル処理にはある程度スペースが必要
  • 遠目からでも『トラブル処理中』というのは一目瞭然
  • わざわざここを通る必要はまったくない

 

でもまあ、仮に百歩譲って迷惑かけていたとしましょう。(かけてませんが。)

「邪魔だ」とクラクションを鳴らす場合、普通「プッ」か「プップッ」でしょう。

それが1発目から「ブーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」と5秒以上ですからね。

腹いせ確定です。

 

当然”カチン”と来た私はスタスタとその輩の元へ。

 

「おい。そんな長く鳴らす必要あんのか。作業中なの見たらわかるだろ。」

 

かなり頭に来てましたが仕事中だったこともあり、抑えめに指摘しました。

するとその輩はソッコー運転席を下りてきて、私の顔面3cmの距離で臭い息とともにこう言いました。

 

「なんだと!?こんなとこで作業しとったら邪魔だろうが!!」

 

もう一度言います。

ちょっと避ければどうにでもなる広い駐車場です。

 

私はそのままチョーパンしたいのをぐっと抑え言い返します。

 

「そっち通れば抜けれるだろ。違うんか。」

 

すると輩はこう言いいました。

 

「ああ?テメーなめとんのか!!お前会社どこだ!!おお!?」

 

「お前話聞いとんのか?作業しとるって遠目からでもわかるだろーが。」

 

「何だテメーその態度!やんのかコラ!!おお!?」

 

「(この野郎。。。)」

 

しかしお客さんの手前、これ以上騒ぎ立てるのは良くないと判断して対応。

 

「おーわかったわかった。ちょっと待っとれ。あとで話しよか。」

 

「ああ?なんで偉そうに喋ってんだコラ!!おお!?」

 

そこからも輩は、私の後ろにピッタリついてギャーギャー言ってましたがガン無視で作業に復帰。

その間、お客さんに「ああいうのたまにいるんです。気にしなくて大丈夫ですから。」と笑顔で対応。

輩が静かになったのでチラッと見てみると、車に戻って電話をしています。

 

「(お友達呼んでんのか、会社を調べて電話してんのか。とりあえず早く仕事終わらせるか。)」

 

そう思って作業を早急に済ませお客さんと別れました。

 

ちなみに、こういうやたらと理不尽なイチャモンつけてくる輩がよくいるというのは会社もわかっています。こういう輩に対して会社も辟易しているので、仮に電話されても私が怒られることはありません。

ただ、お友達を呼ばれてお客さんを巻き込んでしまったら厄介だと思い、さっさと作業を切り上げたわけです。

 

作業完了後、一応上司に連絡しました。

 

「コレコレこうで、変なのに絡まれてますがどうしますか?」

上司「そんなの無視して帰ってこい」

「とりあえずあとで話するって言ってありますから話だけしてきます。」

上司「そんな奴に構うな。すぐ戻ってこい。」

「わかりました。。。」

 

少し不満ながらも上司の指示通り、輩をシカトして車を発進させました。

すると案の定後方で輩が何か叫んでいます。

 

「(待てコラーー!dcpくぉlc,dwlmしwpふぉw!!!p!!?)

 

「(あとで話しよかって言っといてシカトして帰ろうとしてんだから、そりゃ怒るわな…)」

 

そう思いつつも、道路に出ました。

するとビックリです。輩は私の想像を超えてきました。

道路へ出るなり数十メートル反対車線を逆走して、来る車来る車道路の端に避けさせて私の車の前にドン付けして道を塞いでくるではありませんか。

 

「(ああ、こいつタチわりー奴だわ。)」

 

そう判断して、

 

テメーいい加減にしとけよオラ!!そこどけ!!

「テメー話するっつっただろーが!」

「おーしてやるわ!車寄せろ!」

 

注意

普通に苦情が来た時はこんな対応はしません。迷惑かけていれば普通に謝罪します。

ただ、今回はどう考えても『鬱憤晴らしのイチャモンづけ』だと判断したので、それなりの対応をしているだけです。

 

車を寄せて停めた途端、輩はすごい勢いで飛んできて私の車の運転席の窓から手を突っ込んできてキーを抜こうとしました。

 

すかさず私はその手を掴みひねり上げます。

 

「お前何やっとるだ。お?」

「テメーまた逃げるだろーが!」

 

そう言いながら輩は力任せに車外に手を引き抜きました。

 

「お前どこの会社だ!」

「車に書いてあんだろ。見えんのか。」

「電話しろや!」

「電話したってどうにもならんぞ。お前みたいなやつ会社も相手しねーんだよ。」

「ああ!?うるせー!電話しろ!」

「わかったわかった。ちょっと待っとけ。」

 

そういって上司に再び電話。

 

「お疲れ様です。さっきのやつ車線逆走して道塞いできたんで今話してます。ちょっとイカれてますわ。会社に電話しろって騒いでますけどどうしますか?」

上司「はぁ…もう面倒くさいで警察行って来い。」

「わかりました。」

 

上司と電話を切り、また輩とトーク。

 

「おい、警察いくぞ。お前も来い。」

「あ!?警察!?!ナメとんのか!」

「何だお前都合わりーことでもあんのか。お?」

「ああ?行ってやるわ!テメー逃げんなよ!」

「逃げんわ。あほか。」

 

そういったやり取りのあと一路警察へ。

 

後半へ続く。。。

 

次回予告

輩と一緒に警察に到着。

そこで警察に驚くような対応をされることに。。。

 

警官1「とりあえずあなた謝ってもらえる?」

「は?」

 

後半
輩とトラブルになって警察に行ったら、あり得ない対応をされた話 <後編>

前回の続き   一足先に警察署着いた私は輩の到着を待つ。 しばし遅れて輩到着。 警察官に事情を說明。 仕事上、警察官とも顔なじみなので状況もスムーズに伝わる。   私「こうこうこう ...

輩とトラブルになって警察に行ったら、あり得ない対応をされた話 <前編>

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Liab

Liab

ストリートカルチャーからガジェット、お金、日常のことをメインに書いているブログ。「ケ・セラ・セラ」がもっとーのタトゥーまみれの2児の父が書いています。Escape to Paradise!

人気記事!

Apple公式サイトで買い物する時に「Rebates」を介せば、楽天スーパーポイントが貯まる 1

とうとう来ましたね!新iPhoneと新Apple Watch! iPhone Xを持ってる人は「あまり進化してないな~」なんて漏らしてるようですが、iPhonexを買い逃していた私としては非常に魅力的 ...

【審査なし!】「ポチっと バンドルカード」 2

これはなかなか革新的なアプリですよ。 アプリをインストールしてアカウント登録すると、審査もなしに今すぐVISAカードが使えます。   カード発行までの所要時間たったの5分!   し ...

【ガジェット】2018年上半期 買ってよかった 3

さて、7月に入ったということで今年もあと半分! 2018年前半の振り返りということで、買ってよかったものシリーズいってみようと思います。 といっても去年に比べたらそんなに買い物してない気がしますね。 ...

-雑感

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2018 All Rights Reserved.