日常

子供にお金がないと言うな 劣等感が植え付けられるだけだ

更新日:

先日「お金がない」と言っていた親の話がホットエントリーに上がっていた。

それで思い出したんだが、私の親も「お金がない」とよく言っていた。

当時子供だった私はそのまま事実として受け取っていた。

だが、ホットエントリーの人のように「気を使う」ようなことはしなかった。

私は、お金をくれない親に怒りを感じていた。

 

 

トラウマ

中学の頃、仲間達と近隣の中規模都市に服を買いに行くことがあった。

仲間達は2〜3万ぐらい親からもらってきていたが、私が親からもらえたのは5千円だけだった。

恥ずかしかった。

5千円しか持ってない自分が恥ずかし過ぎて「いくら持っているか」は仲間たちに言えなかった。買い物中もこっそり値段を見ては「気に入ってないフリ」をしていた。

結局まともな買い物はできず、帰ってから私は親に怒りをぶつけた。

「なんで5千円しかくれなかったんだよ!みんな3万ぐらいもらってきてたんだよ!」と。

その時親がなんて言ったかは憶えてないが、困ったような悲しそうな顔をしていたのは憶えている。

 

自分で稼ぐ!

その後私は中学生ながら新聞配達を始めた。親にお金で期待するのをやめたのだ。

「あんな恥をかくくらいなら自分で稼ぐ」

そう思ったんだと思う。

中学卒業する時も、「進学はしない。すぐに働く。」そう言った。

私にしたら当然の流れだったんだが、親は泣いて止めてきた。「お願いだから高校は行って!」と。

号泣された私はなくなく高校に行くことにした。行きたくなかったけど。

高校にあがって一度は部活に入ったが、すぐに顧問と喧嘩になってクビになった。

やることがなくなった私は、その後バイトを増やした。新聞配達と夜のバイトだ。

それからというもの、バイトで稼いだ金と、当時よくやっていた麻雀の勝利金と、景気よく出まくっていたパチンコのおかげで、私はリッチな高校生活を送っていた。

親に保証人になってもらって自分でローンを組んだ原付に乗って、携帯持って、服も買いまくって遊びまくっていた。(当時は携帯を持ってる高校生はまだ少なかった)

高校生活は楽しさしかなかったが、その裏には「お金があったから」というのは少なからずあったと思う。

原付き乗って、携帯持って、オシャレに決めて、学校もテキトウに行って遊んで帰ってきて、バイト行って、帰ってきてまた朝まで遊ぶ。週末はクラブ。

そんな高校生活を送っていた。

 

就職

そんな楽しくてしょうがなかった高校生活も終わりを迎え、地元の企業に就職した。

就職した工場は、夜勤、残業もあってボーナスもそこそこある工場だった。

高校の時は手にすることが出来なかった額を手にするようになった私は、湯水のごとく金を使った。

「ウチにはお金がない」というコンプレックスを跳ね返すがごとく。

 

祝い金

数年後、成人式がやってきた。ここでまた親にガッカリする事が起こる。

成人式といえば、ビシっとスーツを決め込んで参加するものだ。

私の仲間はみんな10万〜20万くらいのブランドのスーツを着ていくといっていた。親からの成人祝いだそうだ。

当時ネットもなかったから、スーツの相場もよくわからなかった私はその20万のスーツが当たり前のものと認識した。

そして成人式のちょっと前に親が「これで成人式のスーツ買っといで。おめでとう。」と、のし袋をくれた。

入っていたのは5万だった。

私はまた文句を言った。

「なんで5万なんだよ…」

私の家は、食うに困ったり、着るものに困ったり、そういったことはなかったが、決して金持ちの家ではなっかった。

お祝いとしてくれた5万はきっと大きなお金だったと思う。

でも金銭感覚の狂っていた私は普通に文句を言った。

今思えば、最低としか言いようが無いし、思い出すと今でも胸が締め付けられる。

戻れるもんなら当時の自分をぶん殴ってやりたい。

 

コンプレックスの成れの果て

その後、お金がないコンプレックスの塊の私はますます暴走し、給料だけでは足りなくなり、消費者金融で金を借りては遊びに使うようになる。

みるみるうちに借金は膨れてあがっていった。

結果、20代半ばにしてブラックリスト入り。

なんでこうなったのか何度も考えたがやっぱり思うのは、中学の買い物の時感じた「強烈な劣等感」しか考えられない。

それに加えて親の度重なる「ウチには金はない」発言。これらが私のお金に対する価値観を決定させたとしか思えない。

ただ、今になって思うんだが、親だって「お金がない」なんて口にするのは嫌だったと思う。「ウチにはお金ないの。わかって。」という悲痛な叫びだったかもしれない。

でもそれって大体は届かないし、届いたとしても気を使う人間を作ってしまうことに他ならないと思うんだ。

もちろん私の性格もあるから「恥」という認識になったことも否めないけど、なんにもわかってない子供に「お金がない」って言ったところで、いいことないと思う。ほんとうに。

 

 

お金が無いなんて言っちゃダメ

今も親に怒りを感じてるなんてことはもちろんないけど、私がこうなったのは正直親のせいだと思ってる。

悪気はないのはわかってるし、責める気もないけど、これはこれで事実なんだよね。

だから私はどんなに苦しくても、この先子供に対して「お金がない」と口にしないと決めている。

それに、親の「お金がない」という発言は、子供の性格にも大きな影響を与える。

どういうことかというと、私は今でもお金が無くなることに恐怖を感じている。

そこそこの給料とブログ収入もある今は、その辺のサラリーマンに比べればちょっとだけリッチだと思うけど、全然安心できないんだよね。

常にお金がなくなることに恐怖を感じ、必要以上にお金を求めてしまう。

頭じゃわかってんだよ?「お金なんか無いなら無いでどうにかなるもの」だって。

でも出所不明の不安はいつまでたっても私を解放してくれない。

これってもう染み付いちゃってるものだと思うんだ。しょうがないよね。

ちなみに私の奥さんはお金に対する恐怖を全く持っていない。笑っちゃうくらいに「どうにかなるもんだ」と思ってる。

話を聞いてみると奥さんの母ちゃんは「お金がない」って言ったことがないらしい。一回も。

もう少し突っ込むと、私の奥さんは親父さんを小さいころに亡くしている。片親だ。

だから決して楽な生活ではなかったと思う。でも「お金がない」って聞いたことがないらしい。凄い母ちゃんだと思う。

そんな母ちゃんの元で育った女の子は、お金に対する不安を必要以上に感じることなく生活している。もうこれがすべてを物語っていると思うんだ。

お金がないという認識を持った子供は、その後の人生でお金に対してなにかと苦しめられるし、そうじゃない子はお金に対して必要以上に不安を感じない。

だからさ、コレ読んでる人は子供に「お金が無い」なんて絶対言っちゃダメだよ。何があっても言っちゃダメ。

小さいころに植え付けられた劣等感は、大人になっても決して消えることはないから。

P.S 今は親に感謝しかないよ。お金がないながらも一生懸命育ててくれたことに感謝してる。ありがとう。

 

母親に「ガンになっちゃた」と言われた

母親が癌になりました。まさか自分の母親が… 目次突然そんなこと言われても…奥さんもガン経験者ステージは…母親が死ぬかもしれないという場面に直面して…読んでくれているみなさんへ※ 追伸※ 追伸2 突然そ ...

続きを見る

子供にお金がないと言うな 劣等感が植え付けられるだけだ

-日常

Copyright© BACKFLOW , 2017 All Rights Reserved.