ライフスタイル

【エイズになったかも。。】HIVや性病の検査キットまとめ【郵送で検査できます】

更新日:

突然ですが性病やHIVの検査受けたことありますか?

私はあります。10年以上前になりますが、性病にもかかったことあります。

その時はHIVや肝炎の検査は保健所で、クラミジアなんかの検査は泌尿器科で受けました。

その際、HIVは採血なんでいいんですが、クラミジアの検査なんかは局部を触られるんですよね。

男の先生に…

医者
「はーい。じゃあ出してくださーい。」(先生手袋装着)
医者
「コレ痛いですか?」(モミモミ)
医者
「ちょっと痛いですよ〜」(綿棒的なもので尿道ホジホジ)

ま~最悪でした。「二度と来るか!」と思いましたね。

 

 



 

自宅で出来る検査キット

ですが、そんな苦い経験も過去のものになりつつあるようです。

先日こんなものを見つけました。

今や自宅であらゆる性病の検査が出来てしまうようです。もちろんHIVも。

それにAmazonなんかでも色々な検査キットが売られています。

すごい時代ですよね。自宅で自分で出来ちゃうんですから。

今日は、病気別や検査結果の出るまでの期間、その他注意事項も含め色々な検査キットを比較してみようと思います。

心当たりある方は参考にしてみて下さい。

自宅で簡単性病検査/あおぞらクリニック

まず、東京の新橋にある性病専門の病院「あおぞらクリニック」が出している検査キットを紹介します。

特徴

  • 対面診察の必要がない
  • ほとんどの性病が検査対象
  • 受けたい検査だけ選択可能
  • 自宅で自分でできる
  • プライバシーに配慮した包装で郵送
  • サイトで検査結果を確認できる

検査方法と検査できる病気の種類

検査方法病名
血液検査HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎
尿検査淋病、クラミジア、トリコモナス、カンジタ、マイコプラズマ、ウレアプラズマ
皮膚検査カンジタ
のど検査淋病、クラミジア、マイコプラズマ、ウレアプラズマ
ウィルス検査HPV高リスク、HPV低リスク

性病専門の病院が出しているキットだけあって、聞いたことないような病気までありますね。

注文から結果までの流れ

  1. ホームページにて各性病の検査キットが購入可能ですので、希望のキットを注文
  2. プライバシーに配慮した包装で郵送
  3. キットが届いたら、説明書に従って検体を採取&返送
  4. 検査申込書に記入したIDとパスワードを使い、パソコン、スマホ、携帯電話からログインして結果を確認

検体が到着してから2日~7日で結果が出るようです。

この結果が出るまでの時間は嫌なもんですが、我慢しましょう。笑

ポイント

なんといっても「性病専門の病院が出している検査キット」というのが、信頼度も抜群だと思います。

検査も、病院で行われる方法と同じ方法で検査を行っておられるようです。

信頼度という点に重きを置きたい方には間違いのない方法だと思います。

その他の検査キット

ここからはAmazonや楽天で売られている検査キットを紹介します。

HIVセルフチェック

自身で検体を採取して、専門機関に郵送。検査結果を待つタイプです。

検体の採取方法は、指先から専用器具でチクッと採血する感じです。

検査結果は、検体返送後2~3日でメールにて教えてくれます。

アマゾンプライムなら送料無料!
30日間無料トライアルはコチラ

HIV迅速検査キット

自宅で検査結果まで判定できるキットです。

他の検査キットとは違い、専門機関に郵送する必要がありません。

結果が出るまで待てない方にはありがたいですね。

アマゾンプライムなら送料無料!
30日間無料トライアルはコチラ

性病検査STDチェッカー【タイプU(男性用)】 10項目

こちらは男性用で、10項目にも及ぶ性病の検査が可能

検査方法病名
尿クラミジア、淋菌、マイコプラズマ、ウレアプラズマ
血液HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎、C型肝炎
うがい液クラミジア(のど)、淋菌(のど)

代表的な危険と言われる病気は一通り入っています。

結果が出るまで約1週間。

プライバシー重視の匿名検査になっているので安心です。

アマゾンプライムなら送料無料!
30日間無料トライアルはコチラ

性病検査STDチェッカー【タイプF(女性用)】 7項目

女性用で、7項目の検査キットです。

検査方法病名
腟分泌液クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダ
血液HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

対象の病気も女性向けに揃えられています。

もちろん匿名検査可能。

アマゾンプライムなら送料無料!
30日間無料トライアルはコチラ

その他、Amazonで買える検査キット

上にあげたものは代表的なものですが、他にも色々発売されています。

値段や病気別など、色々ありますので一度ご覧になるのもいいと思います。

検査を受ける時の注意事項

主にHIVなどは、行為のあった日にちから3ヶ月経たないと判別できないと言われております。

性病の場合は、1週間くらいで痒くなったりするものもありますので、検査したい病気の潜伏期間などを調べてからやったほうがいいかもしれません。



無料で検査を受ける方法

これはご存じの方がほとんどだともいますが、保健所などで無料で検査を受けることは可能です。私も2回ほど利用しました。

上のリンク先で検査を受けれる曜日や場所が検索可能です。

その際、名前も言う必要もありませんし、基本的にはお金もかかりません。(項目内の検査であれば)

ただ、待ち時間がありますので、その時に他の検査を受けに来る人と顔は合わせることになります。

私が行った時は、2回とも椅子に座れないほど満員でした。

それに、採血などやりますので、看護婦さんとの接触も必須です。

無料で受けれる代わりに、そういうことがあるのは覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

最後に

いまやHIV感染していても、エイズの発症を薬で抑えれるようになってきているようです。

ただ、その為には早期発見が必要になってきます。

心当たりある人は、絶対受けたほうがいいと思います。

検査結果が出るまでは生きた心地がしませんが、陰性だとわかった時の安堵感は何にも変えれないものがありますよ。

では。

【郵送で0K】HIVや性病の検査キットまとめ【病気別に徹底比較】

-ライフスタイル

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2019 All Rights Reserved.