パソコン周辺機器

「AnyTrans for iOS 」に新機能追加!PCからのホーム画面・アプリ管理全般&着信音作成が可能に!

更新日:

「AnyTrans for iOS 」に新機能追加!

以前このブログでも紹介した「AnyTrans for iOS 」をご存じでしょうか?

解説
AnyTrans-for-ios 徹底解説
【徹底解説】「AnyTrans for iOS 」ならiPhoneなどのiOSデバイスの一括管理が可能!バックアップや引っ越しもお任せ!

提供:iMobie 以前、iMobie社のAndroid端末のデータ管理やバックアップ、機種変更をした際に行う引っ越し作 ...

続きを見る

主にiOS端末の管理全般(転送、管理、バックアップ)ができるソフトウエアなんですが、バージョンアップに伴い新機能が追加されました。

追加された機能は、

  • PCからのホーム画面管理
  • PCからのアプリ管理(バージョン毎のバックアップやダウンロード)
  • 着信音の作成

この3つで、ますます死角がないソフトウエアに進化したようです。

 

 

ここではバージョンアップに伴い追加された新機能を徹底紹介していこうと思います。



 

「AnyTrans for iOS 」新機能解説

「AnyTrans for iOS 」新機能解説

バージョンアップしてインターフェイスも刷新されました。以前はデザイン重視でしたが、操作性に重きを置いたデザインに変更された感じですね。

ちなみに、iOS端末をPCに接続するとこの画面になりますので、でデバイスデータを読み込んだあと操作可能になります。

新機能の「ホーム画面管理」はこの画面から移動が可能です。

 

「デバイス管理」という画面を選択することができます。

また、メニュー画面はもう一つありまして(正確には2つありますが)、上部のピンクの部分をクリックすると「デバイス管理」という画面を選択することができます。

新機能の「着信音作成」と「APP管理(ダウンロード)」は、この画面からの移動になります。

 

新機能1:ホーム画面がPCで管理できる

ホーム画面がPCで管理できる

それでは、新機能の一つ目「ホーム画面管理」から見ていきましょう。

「ホーム画面管理」とは、その名の通りPCからホーム画面を操作・管理出来る機能です。

具体的には、

  • スマート分類
  • 壊れたアイコンの削除
  • ホーム画面をバックアップ

この3つが操作できるようになります。

 

機能を使わずに直接操作も可能

もちろん、機能を使わずに直接操作も可能で、好きな配置にしたあとの「デバイス同期」をクリックすれば、デバイスに方に配置が反映されます。

 

スマート分類について

スマート分類について

「スマート分類」は、アプリを種類別に分類してくれる機能です。

種類というのは、

  • アプリの色ごと(フォルダごと・ページごと)
  • カテゴリごと

の3種類で、ワンクリックで綺麗に分けてくれます。

 

実際に分類してみました。

アプリの色ごとにフォルダ分けしてくれる

こちらはアプリの色ごとにフォルダ分けしてくれる機能

画面を見てもらえれば、色ごとにフォルダ分けされているのが分かると思います。

 

ページごとに分類してくれます

で、こちらはフォルダごとではなく、ページごとに分類してくれます。

1画面目は白のみ、2画面目は赤のみ、3画面目は青のみ...   というような感じですね。

 

アプリのカテゴリごとに仕分けしてくれます。

そしてこちらはアプリのカテゴリごとに仕分けしてくれます。

これが一番実用的ですかね。多少手直しが必要な部分はありそうですが、直接この画面で直してしまうことも可能なので問題ないと思います。

 

壊れたアイコンを抽出・削除できる

壊れたアイコンを抽出・削除できる

「破損アイコンを削除」というのは、壊れたアイコンを自動抽出してくれて、削除するか選択できるという機能です。

ちなみに抽出される破損アイコンには、アプリデータをアイクラウドに格納してあるアプリも含まれるようです。あと、WEBページのブックマークアイコンも表示されていますね。

 

ホーム画面がバックアップできる

ホーム画面がバックアップできる

また、ホーム画面のバックアップも可能になりました。

枠内の「画面をバックアップ」をクリックしたあと、「バックアップを確認」をクリックすれば、

 

指定したバックアップデータから復元も可能

この画面に移動しますので、バックアップできているか確認することが出来ます。

ちなみに、「デバイス同期」をクリックすれば、指定したバックアップデータから復元も可能です。

 

新機能2:アプリをPCでダウンロードできる

アプリをPCでダウンロードできる

2つめの新機能「Appダウンロード」とは、使用しているアプリデータをPCにバックアップできるというもの。

使い方は、

  1. 上に画面からApple IDにサインイン
  2. アプリを検索
  3. ダウンロードで保存

という流れになります。

 

アプリのバックアップができます。

例えばツイッターのアプリを保存しておきたい場合、「Twitter」と検索して、右隅にあるダウンロードボタンをクリックすればアプリのバックアップができます。

 

バージョンごとにバックアップができる

しかもこの機能の凄いところは、「バージョンごとにバックアップができる」という点です。

一度バックアップしておけば、万が一アップデート後に挙動がおかしくなってしまったアプリをダウングレードして、再び使えるようにできるというわけです。

あとは、App Store から消えてしまったアプリも、ここに保存しておけば復元可能です。

 

デバイスでアプリをダウンロードしておく必要がある

注意点としましては、まずデバイスでアプリをダウンロードしておく必要があるということです。

インストールしたことがないアプリは保存できません。

 

新機能3:着信音が作成可能に

着信音が作成可能に

新機能の3つめは、音楽ファイルから着信音の作成が可能になりました。

作成の仕方は、まず着信音に使用したい音楽ファイルをチョイスします。(PC、デバイス、iTunesライブラリから選択が可能)

 

着信音に使用したい部分を調整します。

するとこの作成画面に移動しますので、着信音に使用したい部分を調整します。

ちなみに、

緑の矢印マーク:ポイント移動

再生ボタン:曲の先頭から再生

視聴ボタン:緑の枠内を再生(着信音になる部分)

着信ライブラリに保存:ソフトウエア内にバックアップ

デバイスにインポート:デバイスに送信

という操作方法になっています。

 

「着信音ライブラリ」に保存されます。

着信音を作成後に「着信ライブラリに保存」をクリックすると「着信音ライブラリ」に保存されます。

何個も作って気に入ったものをだけデバイスにインポートしたりできるのもいいところですね。

ちなみに、無料版でも着信音をカスタマイズし、iPhoneに自由に転送できます。(完全無料)

 

「AnyTrans for iOS 」バージョンアップまとめ

「AnyTrans for iOS 」バージョンアップまとめ

というわけで今回新たに追加された

  • ホーム画面管理
  • 着信音作成
  • APP管理(ダウンロード)

の3機能の紹介でした。

元々あるメイン機能の便利さとはまた違った「かゆいところに手が届く」的な機能の追加でしたが、こういうオプション的なツールが備わったソフトは非常に便利でいいですね。

ちなみにこの「AnyTrans for iOS 」は、無料お試しも可能。

先日発表された新iPhoneを購入した方は、機種変更のタイミングで使用すればどんなに便利なソフトか伝わるかと思います。

ソフト自体は、Mac、Windows 共に使用可能ですので、まずはダウンロードして使ってみてください。

では!

 

 

▼ Android端末の管理はこちら

【AnyTrans レビュー】 Android端末のコンテンツ管理全般をお任せ!バックアップ・データ転送・引っ越し・iTunes管理など自由自在にできちゃうよ
【AnyTrans レビュー】 Android端末のデータ管理全般をお任せ!バックアップ・ファイル転送・引っ越し・iTunes管理など自由自在です【デバイスマネージャー】

提供:iMobie どうも。LIABです。 みなさんAndroid端末のデータ管理やバックアップ、機種変更をした際に行う ...

続きを見る

 

 

▼ クラウド管理はこちら

クラウドマネージャー『AnyTrans for Cloud』の使い方を解説
【無料】複数クラウド&デバイスの連携可能なクラウドマネージャー『AnyTrans for Cloud』の使い方を解説

どうも、LIABです! 私自身現在、Windows、Macbook Pro、Androidの3つのデバイスを駆使してブロ ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

PICK UP!

楽天プレミアムカードレビュー 1

【速報】2018年9月25日より、楽天プレミアムカードにおいて「American Express(アメックス)」の選択可 ...

-パソコン周辺機器
-

Copyright© LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに - , 2018 All Rights Reserved.