BBB

美人局と物置部屋

更新日:

Pexels / Pixabay

「おーおーやるじゃねぇーか!笑」

モテないツレがナンパに成功していた。場所は地元のクラブ。

いつものようにフロアで楽しんでるとツレの姿が見えない。田舎のこじんまりとしたクラブだったので見渡せばいるかいないかすぐにわかる。一旦外に出て連れの姿を探すが見当たらない。

「ひょっとしてしけこんだんじゃねーの?笑」

そんな風に身内で話していたらちょっとした路地でツレを発見。女の子と仲良く地べたに座り込んで話してる。

「いいじゃんいいじやん!」

そんな風に遠巻きに盛り上がってその場を離れた。
30分ぐらいしてからかな。他の連れが慌てた表情で飛んできた。

「◯◯がやべー!」

◯◯とはさっき女の子を捕まえてたツレだ。

慌てて様子を見に行くと、どー見てもその筋の人間に絡まれてる。

「マジか。美人局?」

「わからん」

もうその女は現場にいなかった。

(厄介なことになったなぁ…)

スポンサーリンク

そんなこと思ってたら顔見知りのクラブの店員が声を掛けてきた。

「警察電話しといたんで。」

警察の言う事聞くとは思えなかったけど、俺達だけじゃ拉致られて金取られて終わりなのは目に見えていたからとりあえず寄ってって時間稼ぎした。

「なんだお前。コイツの連れか。」

「はい。」

「やってくれたなあ。お?」

しばらく話していたが、なんかおかしい。見た目はモロだけどなんかしょぼい。どっちかっていうとチンピラの臭いがしていた。

しかもツレはその女とヤッたわけではない。喋ってただけだ。

繁華街だったせいで警察もすぐに来た。

「どーしたの?」

警察が来るなりチンピラがあたけ出した。

「誰が呼んだだコラ!!お前か!!」

俺にきた。笑

「いや、呼んでないです。」

「お前か!!」

「違います。」

チンピラは手当り次第近くにいた他のツレにも凄んでいたが、警察もチンピラがなんかしたわけじゃないからぶっちゃけ困ってた。

「だーれが呼んだだコラー!!」

チンピラがなぜか怒鳴りながらクラブの中に入っていった。

その時、通報した店員がナンパしたツレを呼んだ。

「こっちこっち」

俺達もついてくと、そこはクラブの階段近くにあった物置部屋。うまいこと出来ていて通路に目立たないように扉があるだけだった。

「ここに隠れてて下さい」

あまりにも狭いその場所に隠れさせられる連れを見て、滑稽すぎて爆笑してしまった。
チンピラが戻ってきて店員に詰め寄った。

「お前が通報したんか」

「してないですよ。」

店員はあっさり嘘ついた。笑 吹きそうになったが必死でこらえた。

「おい!さっきのヤツどこ行っただ!」

(そこの扉の中ですけど?)

心でそう答えといた。

もうこれ以上は失態になりかねないと思ったのか散々息巻いてチンピラは帰っていった。警察も笑ってた。

とりあえず一件落着したが、普通に終わったらつまらない。

ツレは物置に隠れたまんまだ。

ツレが隠れている扉をみんなで怒鳴りながらガンガン叩く。

「ここにおんのかコラー!出てこいオラー!!」

笑うの必死でこらえながら扉を開けた。その時の連れの顔ったらなかった。みんなで死ぬ程笑った。

せっかくナンパ成功したと思ったら怖いおじさんが出て来て、そっから狭い物置に詰め込まれて挙句の果てにツレに悪ふざけされる。今思えばちょっとだけ可哀想なことをしたと思う。

でも俺達はあの顔を一生忘れない。笑

※ この話はフィクションです。

コチラもどうぞ

no image
フミコフミオというおっさんにディスられた

ちょっと前に「フミコフミオつまんねぇ」というツイートをした。 フミコフミオってそんなに面白いかや?凡人さんの方がずば抜けてセンスあると思うんだけどなぁ わからん… — Liab@Backflow (@ ...

続きを見る

-BBB

Copyright© BACKFLOW (バックフロウ) , 2017 AllRights Reserved.