MAC 映画

レビュー「スティーブ・ジョブズ 1995 〜失われたインタビュー〜」

更新日:

f:id:varevo:20160112013221p:plain

Youtubeを見ていたら若かりし頃のジョブスのインタビュー映像があった。「昔はメディア嫌いじゃなかったのね」と思いながらポチりました。

スポンサーリンク

レビュー

映画のくせにいきなりインタビューが始まりました。潔いいです。ジョブズ若いです。

中でも私が注目したのは「素がでて顔が引きつるシーン」ですね。まだ若かったせいなのか、ハートの弱さがでたのか、「人間味」みたいなものが垣間見えたのは「出来は違うけど、同じ人間なんんだな」って素直に思えたりして。でも口は達者だし、見ているビジョンはやっぱり凡人とは違うっていうか。まあ功績からして凡人なわけがないんですが。

でもインタビュー映像だけで映画として成立する人ってなかなかいないよなあ…

「必ず成功すると確信していた」

f:id:varevo:20160112012938j:plain

ホスト Appleは驚異的な成功を収めたね。アップル社は瞬く間に成功し、株式公開を経て君らは富を得た。大富豪の気分は?

ジョブズ 興味深い体験だったよ。23歳で資産は100万ドル以上あり、24歳になると1000万ドル、25歳で1億を超えた。でもお金が目的じゃないから重要とは思わなかった。

確かに資金があれば可能性が広がる。短期間に儲けが出ない事業にも投資できたりね。だがあの時の私にとって一番大切なのは会社であり、人や自社の製品だった。製品を使うことで人々が何をできるかとかね。株だって売らなかったし、将来必ず成功すると確信していたんだ。

ホスト 君はチームの士気を高め彼らを導いたね。

ジョブズ 作り上げた。

ホスト チームを作り、士気を高め皆を導いたわけだ。当時のメンバーの多くにインタビューしたが、誰もが語るのが君の情熱やビジョンだ。製品開発で最も優先するのは?君とって一番重要なのは何だい?

ジョブズ そうだな…。私がApple社を去った後,スカリー(元アップルCEO)は深刻な病に侵された。同じ病気にかかった人を見てきたが、彼らは、アイデアを出せば作業の9割は完成だと考える。そして考えを伝えさえすれば、社員が具体化してくれると思い込むんだ。しかしすごいアイデアから優れた商品を生み出すには大変な職人技の積み重ねが必要だ。それに製品を発展させる中でアイデアは変容し、成長する。細部を詰める過程で多くを学ぶし、妥協も必要になってくるからね。「電子」「プラスチック」「ガラス」それぞれ不可能なことがある。工場やロボットだってそうだ。だから製品をデザインする時には5000のことを一度に考えることになる。大量のコンセプトを試行錯誤しながら組み替え、新たな方法で繋ぎ、望みのものを生み出すんだ。そして未知の発見や問題が現れるたびに全体を組み直す。そういったプロセスがマジックを起こすのさ。

最初の時点でも良いアイデアだが…成功を信じて突き進むチームを見て思い出すのは子供の頃近所に住んでいた老人のことだ。妻に先立たれた80代の男性で見た目が少し怖かった。私は芝刈りのバイトか何かで彼と知り合うようになり、ある時ガレージで古い研磨機を見せられたんだ。モーターとコーヒー缶をバンドで繋げたものさ。それから裏庭に出て一緒に石を集めた。なんの変哲もない石だよ。彼は石をいくつか缶に入れ何かの液体と砂利を加えた。そしてモーターを動かすと「明日また来い」と言うんだ。缶は激しく音を立てていてよ。翌日彼を訪ね缶を開けてみると、驚くほど美しく磨かれた石が出てきたんだ。缶に入れた時はありふれた石だったのに。石がこすれ合うことで摩擦や騒音はあるが、それで美しく磨き上がる。私にとってはこの体験こそが、情熱を持って働くチームの象徴なんだ。ズバ抜けた才能を持つ者が集まって、ぶつかり合い、議論を戦わせ、ケンカして怒鳴り散らす。そうやってお互いを磨き合い、アイデアをも磨き上げて美しい石を創り出す。これは説明するのが本当に難しい。一人の力ではないしね。私はシンボルにされているが、Macの開発はチームの努力の結果だ。

これまでの私の成功は、真に才能のある人々を見つけ出すことで築き上げた。BやCで妥協せずAクラスの人材を求めたんだ。それで気づいたんだ。苦労を惜しまずAクラスの者を5人集めたとする。すると彼らは今までにない楽しさを覚え、レベルの低い人間を排除する。そしてAクラスの者だけ雇うようになり優秀な人材ばかりが増えていくんだ。それがMacのチームだった。誰もがAクラスの人材だったよ。皆非凡な才能を持っていた。

「スティーブ・ジョブス1995〜失われたインタビュー〜」より一部抜粋

おすすめ記事

1

前から思ってたんだけど『LINE』てちょっとださいよね?いや、雰囲気っていうかさ、ヴァイブスっていうかさ。作ってる国もcふぇvん…。 でも誤解しないで!LINEを愛するジャパニーズピーポーを怒らせる気 ...

2

2016年もあと少しで終わりですねぇ。ホントあっという間。 今日は、この一年で実際に「買って良かった」「使ってよかった」という商品・サービスを、「生活全般」「育児関連」「カメラ関連」「サービス関連」の ...

3

キターーーーーー!! ついにワイルド・スピード最新作「ワイルドスピード アイスブレイク(8)」の予告動画が解禁されました! 早速どうぞ! ※ 動画更新!!(3/21) まさかの展開!ドムがファミリーを ...

4

いやはや、現役ブラックリストの私が、まさかゴールドカードを手に入れる日が来るとは… 参考現役ブラックリストの私が審査に通ったクレジットカード 僕は普段「楽天カード」を使っているんですが、ゴールドカード ...

-MAC, 映画

Copyright© BACKFLOW (バックフロウ) , 2017 AllRights Reserved.